ホームページ > 政府機関 > 市長の部屋 > 譚成旭氏: タクシーが本当に文明都市の...
譚成旭氏: タクシーが本当に文明都市の『モバイルの風景』にならせる

   タクシーは「都市名刺」であり、都市の管理水準と文明程度を反映する重要な窓口である。昨日、譚成旭市長が白雲タクシー会社と市賃貸会社で調査・研究する時、わざわざ10数人の「タクシーお兄さん」と話し合って、詳しく実情を尋ねて、みんなの訴えに耳を傾けて、そして切実な期待を出した。彼が、「私も常にタクシーに乗って、みんなの苦労と現在に存在する困難および問題を十分に知っていて、我々がタクシーの業界が健康に発展するようにサービス保障をしっかりと行って、タクシーが本当に文明都市の『モバイルの風景』にならせる。」と言った。

 

    今年から、市政府がタクシー業界ためのサービス「暖かい工事」を展開し、タクシーの運転手が反映られた10個の重点問題の解決に着手した。市長が仕事が実行られたかどうかに関心を寄せている。「市内における376個のコミュニティサービスセンターがすべてみんなに開放しましたか?」。「『白タク』について管理した後に収入は高くなっていますか?」……はいを聞いた後に、譚成旭氏が「まだ便利ではないと感じられることがありますか?政府が何をするのが必要ですか?」と問った。「大連駅の北広場がタクシーの下がり・乗り駅を設立するべきです」、「タクシーのガス供給ステーションを増加できませんか?」。いるタクシーの運転手が直ちに提案を話した。且つ、みんなが持続的に不法営業を打撃し、インセンティブ制度を創立し、タクシー業界の宣伝力を強化するなどについて意見と提案を出した。

 

    別れ時、譚成旭氏がみんなに「マナーを守りながら客をもてなし、安全に運転し、努力して働いて、更にすばらしい生活をつくる」と祝福した。

    駱東昇副市長、市政府の衣慶焘事務総長が調査・研究に参加した。

Copyright 2015 DaLian China.All Rights Reserved.