DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
譚成旭は深センで企業家と座談
譚成旭は深センで企業家と座談
2018-04-21

 昨日、譚成旭市長は代表団の駐地で、珠三角地区の一部の企業家と座談し、がわ市の産業、発展の優位性と投資環境を紹介し、大連での投資と投資の拡大につての意見を聴取いした。譚成旭は、珠三角地区の企業家が大連でより多くの商機を捕獲し、双方の協力を深化したうえで、新しい発展チャンスを共有することを望んでいる。

 

 世茂グループ理事局の首席である許栄茂、富力グルーるの取締役会長でうある李思廉、恒隆グループのCEOである陳南禄、順豊ホールディングス有限公司の副総裁楊涛、恒大農牧グループの取締役会長である王忠明、長江実業(中国)投資有限会社の陳快明、東風日産乗用車会社副社長の陽玉龍、科達利実業公司の取締役会長である励建立、陸海航空科学技術有限公司社長の李慶など20人余りの企業家が、座談会に参加した。彼らが携えているプロジェクトは、経済、現代物流、工業不動産、新エネルギー、建築産業化などの分野をカバーしている。

 

 代表団が心から外資を誘致する誠意は、その場の企業家たちを感動させた。座談では、多くの企業家は協力を深める強い願いを伝えた。大連の開放意識、ビジネス環境、そして、政府部門が責任感があり、真剣に実務に取り組む作風が、投資家に新たなチャンスをもたらした。「我々は大連での投資に力を入れて、生産規模を拡大し、大連を企業の発展の主な戦場としていく」と比克電池有限公司の取締役会長である李向前がは言った。

 

 座談会では、珠三角地区一部の企業は、代表団と大連産業園プロジェクト、健康文旅プロジェクト、新エネルギー発電機の精密構プロジェクト、航空エンジン生産ラインプロジェクトなど4つの協力協議を締結した。

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved