ホームページ > 政府機関 > 市長の部屋 > 譚成旭市長が我々市の代表団を引率して...
譚成旭市長が我々市の代表団を引率して深センで経済と貿易の交流活動を展開

    着実な協力を深化し、ウィンウィンを図るため、昨日、譚成旭市長が我々市の代表団を引率して深センで珠江三角洲地区に向かう経済と貿易の交流活動を展開した。私邸を訪問するなど形式により、広範に企業の指導者と会って、大連の発展優位と潜在力を推薦・紹介し、我々市の産業発展に符合する重大なプロジェクトとドッキングした。

 

    華為技術有限会社で、譚成旭氏が企業が知能電力網、知恵交通、知能製造などを展開する情況紹介を聴取し、華為の都市産業雲プロジェクトが大連を選んで調印式に出席し、そして会社の徐直軍副理事長、楊瑞凱副総裁と踏み込んで話し合った。譚成旭氏が、「ここ数年、大連の電子ソフトウェアと情報サービス業が突然に現れ、発展が迅速であって、華為技術有限会社がプロジェクトの建設を推進すると同時に積極的に双方がもっと多くの分野での着実に協力するのを求めることを望んでいる。」と言った。徐直軍氏と楊瑞凱氏が、「華為会社が非常に大連の発展優位を重視し、更に双方の交流を強化し、ウィンウィンを実現する。」と示した。

 

    譚成旭氏が華潤グループに来て、羅熹グループ副理事長兼社長などの会社の指導者と我々市の駐車場の建設・運営・管理、鉱山区の改造に参加し、大連で医療健康産業を発展するなどの問題について意見を交換し、そして広範な共通認識が成立した。企業誘致局グループで、譚成旭とグループの付鋼峰社長が関連分野の協力を踏み込んで推進するなどの件について深く突っ込んで話し合っって、双方がいっしょに大連東北アジアの国際航運センターの建設を進めている中で更に協力を深化すると示した。

 

    当日、譚成旭氏がまたそれぞれ宝能グループの姚振華理事長、竜浩空港グループの王坤之社長、中南置土の陳凱理事長と会見し、宝能東港文化観光、金石浜国家リゾート地大型文化観光総合化プロジェクト、中南垂直テーマパークの小鎮プロジェクトの契約を目撃した。譚成旭氏が「市委員会、市政府が企業のために更に開放的な投資環境につくって、プロジェクトの建設のためにいっそう優良で高い効率のサービスを提供し、ウィンウィンを実現するように努力する。」と示した。

Copyright 2015 DaLian China.All Rights Reserved.