DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
大連市人民政府事務庁が大連都市街路交...
大連市人民政府事務庁が大連都市街路交通環境「亮化」百日行動工作方案』を通達することに関する通知
2018-11-17

各区市県人民政府、各先導区管理委員会、市政府各関係部門、各関係機関:

 

    市政府に承認られた後に、今が『大連都市街路交通環境「亮化」百日行動工作方案』を通達し、実情と結び付けて真剣に実行してください。

 

大連市人民政府事務庁

 

2018年10月17日

 

大連都市街路交通環境「亮化」百日行動工作方案

 

 わが市における道路交通の違法現象を徹底的にクリアして抑止し、わが市における道路交通の管理能力と道路通行レベルを全面的に向上させ、中央都市工作会議の精神を結び付け、市委員会、市政府の交通渋滞対策に関する工作の配置に基づき、全国黒社会の一掃と悪の排除活動、都市道路交通文明向上行動計画(2018-2020)、粉塵汚染対策活動などの工作を同時に推進するため、10月中下旬から2019年2月3日(春節前)に全市で大連都市街路交通環境「亮化」百日行動を組織すると予定し、そんために本方案を制定する。

 

一、工作目標

    習近平新時代の中国特色ある社会主義思想を指導とし、「黒社会があれば一掃し、悪があれば排除し、混乱現象があれば整備する」という原則をしっかりと把握し、市民の外出の基本的な需要を考え、政府が主となって指導し、社会の皆が共同に管理することを堅持し、全ての区画を共同でも属地を主として整備し、管理と建設と同時に実施し、同時に推進し、断固な態度、超常の措置、しっかりしている担当と「厳、細、実」の工作やり方で全市で全面的に動員し、都市街路交通環境「亮化」百日行動の展開を組織し、「一浄、二清、三向上」の仕事目標を実現するように努力する。「一浄」とは際立つ交通混乱を基本的に一掃することである。「二清」とは規範に合わない交通標識・標示線を整理し、不正に歩道を占用するのを整備することである。「三向上」とは主要な道路の駐車・通行品質、都市環境の管理レベル、全国民の文明・法律を守る意識を高めることである。

    安全で秩序あって、文明・渋滞しない道路交通環境、清潔で住みやすい都市の生活環境、人を引き留める人材成長環境、ウィンウィンする最適な経営環境を全力で作り出す。大連の市民の幸福感、満足感、獲得感と誇りを絶えず強めせる。

 

二、組織指導

    大連都市街路交通環境「亮化」百日行動の指導チーム(以下は市指導チームと略称する、メンバーリストは添付ファイル1を参照してください)を設立し、指導チームの事務室を市警察署(交通警察支隊)に設置し、楊耀威副市長が事務室主任を兼任し、市公安局副局長の宋偉光氏が事務室常務副主任に務める。市交通局、市都市建設局、市政府監督査定事務室のリーダが副主任に務める。職務によって、指導チームは計6つの工作チームに分ける。

    (一)総合調整チーム

発起部門:市公安局

メンバー部門:市交通局、市都市建設局、市工商局、市政府監督査定事務室

具体的な職責:各参加部門が日常の具体的な整備事項を推進するように調整し;部局、省局及び市の指導者に仕事情報を報告し;段階的に整備行動を通報し、業務数字、典型的なケースなどの各種類の整備情報を纏めて整理し;政府レベル会議の開催を発起する。

    (二)源を管理するチーム

    発起部門:市公安局

    メンバー部門:市交通局、市工商局、市行政法律執行局、市郵政管理局、市身体障害者連合会

    具体的な職責:全ての区画を共同で整備し、路面の違法手がかりから企業の主体責任、重点違法人員管理制度の実施状況を調査する。

     (三)路面整備チーム

    発起部門:市公安局

    メンバー部門:市交通局、市行政法律執行局

    具体的な職責:段階的な推進行動計画を制定し;整理した渋滞しやすい道路(交差点)に対して調査論証を行い、渋滞しないように積極的に有効な措置を取る;市品質監督局、市工商局、市行政法律執行局などの部門が共同で法律執行行動を行うように協調する

    (四)宣伝報道チーム

    発起部門:市委員会宣伝部

    メンバー部門:市分化広電ニュース出版局、市公安局、市交通局

    具体的な職責:各職能部門を積極的に調整し、広範な宣伝指導活動を展開し、人々の皆が整備に参加する雰囲気を作り出す;関係メディアが座談会とニュースブリーフィングに参加するようにを組織し;宣伝カードを配布し、メディアが警察にフォローして報道するように組織する(行動では文字、写真ニュースの素材を保存し、行動が終わった後に整備行動特集映画を作成するために準備する)。

    (五)総合保障チーム

    発起部門:市公安局

    メンバー部門:市財政局、市発展改革委員会、市経済情報委員会、市都市建設局、市行政法律執行局

    具体的な職責:関連職能部門の法律執行装備と後方勤務の保障をしっかりと行い;整備行動をしっかりと展開するために必要な資金の保障を行い;法律執行に対して法律と法規の支えと法律執行の規範化指導を行い、法律によって法律執行人員の正当な権益を保障する。


(六)監督指導チーム

    発起部門:市政府監督査定事務室

    具体的な職責:市の指導チーム事務室と協力し、「亮化」百日行動に対して査定方法を制定し、関係部門がそれぞれの職責によってそれぞれの職責を果たし、かつ定期的に通報し、行動終了後に総括講演を行うように組織し;指導者、市民と社会が関心するなどの重要な事項を看板を掲げる監督して処理する(改善或いは解決した問題を登記を取り消す);工作措置が不十分で、実行していない或いは酷い結果が発生したことに対して法律に基づいて問責を行う。

    各区市県(先導区)が市レベルの構造を参考にし、指導チームと実体化運営事務室を設立し、組織指導と統一調整を強化し、各工作が期待どおりの効果が収められることを確保しなければならない。

 

三、重点工作

    (一)駐車の混乱現象。駐車器を私設し、非位置駐車、盲道を占用し、降りと乗りのために任意に停車などを含み、特にバス停の30メートル内における交通中枢、観光地などの重点区域での無秩序駐車である。

    (二)サイクリングの混乱現象。電気自転車(バイク、オート三輪、身体障害者用電気自動車を含む)が信号無視、逆行、割り込み、人を乗せるなどを含む。

    (三)横切りの混乱現象。歩行者が赤信号を無視し、歩道を通らない、横断歩道を通らない、ガードレールを越えるなどを含む。

    (四)割り込み現象。自動車、特にバス、大型トラックの実線における車線変更、車線に沿わない運転し、二重黄線Uターン、交差点フォローなどを含む。

    (五)悪習現象。運転する時に携帯電話に出たり、携帯電話を弄ったり、シートベルトをしない、鳴り物を勝手に鳴らしたり、車の窓から放物をしたりすることを含む。

    (六)運転の混乱現象。「白タク」の運営、バス(マイクロバス)の定員超過、トラックの過積載、車のタイプと用途(旅客運輸が貨物輸送に変わる、貨物輸送が旅客運輸に変わる)を勝手に変更するなどを含む。

    (七)酒、ドラッグ、ギャンブル、免許証に関わる現象。酒(酒酔い)運転、ドラッグを使用して運転、無免許証運転、偽証運転などを含む。

 

四、重点範囲

    (一)市街地の30本のモデル道路(添付ファイル2を参照してください)、及び高速道路、201、202国道;各区市県(先導区)が自分で少なくとも2本の市街地の重点道路を制定しなければならない。

 (二)重要党政機関、学校、病院、商業センターなどの重点区域の周辺における道路。

    (三)軌道交通ステーション、公共交通ターミナル、長距離旅客ターミナル、駅、空港、埠頭、大型市場、物流集散地、大型住宅区、観光地などの地域に関連する道路。

    (四)他の交通秩序が乱れる道路と市民が交通秩序管理問題について強烈に反映した道路。

 

五、工作措置

    (一)法律執行と処罰を全面的に強化し、交通違法を基本的に一掃する。

    1.道路交通の混乱現象を強力に取り除く。市公安局が交通の混乱と違法基準を全市に通達し、徹底調査により確定した重点道路、道路区間を巡り、交通の混乱現象を重点とし、責任区域により担当し、優勢を集め、協同法律執行を展開し;「ゼロ容認」の態度で、「点に守る、線に巡らす、面にコントロールする」方式を採用して絶えず交通の違法行為を処置し、違反するのを是正し、是正に違反したら処分し、処分した後に違反したら厳しくに追究し、厳格に管理する高圧整備態勢を形成する。(担当部門:市公安局、各区市県人民政府、先導区管理委員会)

    2. 全ての区画を共同に整備する。各地区、各部門、各業界は各方面の力が参加して協力するように動員する。区市県(先導区)、大通り(郷鎮)を責任主体とし;公安、交通、質監、工商、都市管理などの専門行政法律執行部門を主力とし;大通りの管轄地区を補足とし;罰金、免許証(許可証)を取り消し、生産停止・休業を命ずって、行政拘留などの監督検査、処理と強制管理手段を十分に使用し、合力を形成し、実力を示す。(担当部門:市公安局、市交通局、市品質監督局、市工商局、市行政法律執行局、各区市県人民政府、先導区管理委員会)

    (二)重点人員に対して検査と打撃を全面的に強化し、交通違反者を基本的に一掃する。

 3.全面的に重点人員に対して整理と検査を行う。各種類の交通違法と交通事故の情報を全面的に整理し、検査し、対比し、他の車のナンバープレートをコピーした偽ナンバープレート、偽造と変造ナンバープレートの使用と臨時ナンバープレート、運転免許証、自動車検査証、道路運輸従業資格証などを売買する違法人員を厳格に調査して処分する;期限が過ぎた未審査と期限が過ぎた未廃棄車両の所有者、この3年以来酷い交通違法行為の記録と何度も違法があっても処理されていない重点人員を厳格に調査し、逐一教育し、監督と処理する。2015年以来上述の重点違法者に対して整理作業を完成し、台帳を書き並べ、重点監督人員の「ブラックリスト」に組み入れ、期限を過ぎた未審査、廃棄と何度も違法があっても処理されていない車両の所有者に対して通知率が90%以上に達する。(担当部門:市公安局、市交通局)

    4.重点的な犯罪関係者を厳しく打撃する。全国の黒社会の一掃と悪の排除をきっかけにし、違法に車両検査、運転免許証検査、運転者健康診断証明書行い、交通違法採点の売買を従事するなどの不法仲介、「ダフ屋」を厳しく打撃する;大型トラックの野蛮な運営、客車不法運転の「後ろ盾」を厳しく調べ、大型トラックの野蛮な運営、客車不法運転のために「後ろ盾」になり、黒社会、悪、腐敗に関連し、或いは整備の過程で推進が不十分、不作為、不正確な作為の公務員に対し、事実と調査したら、党の規律と国の法律に従って厳重に処理し、決して容赦せず;無資格の駐車場と審査記録した駐車場が規定通らずに料金を徴収することを厳しく調べ、事実と調査した無資格の駐車場に対し、直ちに閉鎖し、犯罪関係者に対して関連法律に基づいて処理する;事実と調査した審査と登録した規定通らずに料金を徴収する駐車場に対し、その場で改正を命じ、かつ法律に基づいて厳粛な処理を行う;免許証無し運転、酒気帯び運転、酒酔い運転、ドラッグを使用して運転するなどの酷い交通違法行為者を厳重に調査する;タクシー、貨物車両権利保護などの名義で、車の所有者、運転者がストライキするように扇動し、群体性訪問を計画し、免許証に関わり、違法な点数取り消し、「一車三証」などの犯罪と悪に関わる手がかりを徹底的に調べ、厳しい打撃ために直ちに公安機関に引き渡す。(担当部門:市公安局、市交通局、市発展改革委員会、各区市県人民政府、先導区管理委員会)

    (三)重点車両に対して源監督を全面的に強化し、交通法に違反する車両を基本的に一掃する

    5.基準を超えた電動自転車の違法源を厳しく調べる。国家基準を満たしていない電動自転車製品に対し、適時に社会に公告し、国家標準に合わない電動自転車の販売を禁止し、品質監督、工商、家屋賃貸、消防などの行政管理手段を総合的に運用し、定期的に製造期日無し、合格証無し、メーカーがいないなどの出所不明な電動自転車と自動車基準に達した電動自転車を販売し、製品公告に従わず基準値を超えた電動自転車を継続的に販売し、及び国家基準を満たしていない組立車の商店、店舗に対し、徹底的な調べを展開し、営業許可証ある違法経営者を厳しく処分し、営業許可証無し違法経営者を取り締まる。美団点評(美団評価)などの出前配送企業と宅配企業の業界監督管理を強化し、配送に用いる基準を超えた電動自転車を巡り、企業に対して訪問、取り調べ、問責を強化する;企業が交通安全主体の責任を実行することを促し、協力協議、情報共有、共同監督管理、教育訓練などの管理システムを創立し、完備し;配送に用いる二輪から四輪への転換を迅速な推進するように命じ、源から基準を超えた電気自転車の走行乱れる現状を抑制する。定期的に組立車、「三無」の車両及び交通法に違反したが処理していないかつ公告期限を超えたなどの車両を集中的に廃棄し、潜在的な危険源をクリアし、警告と驚かせる役割を強化する。行動が終わるまで、いくつの国の基準を満たしていない電気自転車製品を社会に公告し、基準を超えた電気自転車を販売する業者に対する全面調査率は100%に達し、違法業者に対する打撃率は100%に達する。(担当部門:市工商局、市品質監督局、市公安局、市郵政管理局、市身体障害者連合会、各区市県人民政府、先導区管理委員会)

    6. 旅客運輸の違法な源を厳格に調べる。重点に交通中枢、商業サービスステーション、居住地の周辺など地域における違法な旅客運輸、出前配送の多発地域を巡り、幌付きシート、トランクなどを違法に追加して取り付けた後に客や配達に従事する身体障害者用電動三輪車、二輪バイク、三輪バイクと基準を超えた電動自転車を全面的に調査して一掃する。大連北駅、駅、棒棰島などの重点区域における「白タク」の旅客運輸の違法行為に対して打撃と整備を強化し、ハイビジョン映像レンズの24時間の監督管理作用を発揮し、何度も、長時間に旅客輸送するなどの異常車両に対して監視を強化し、直ちに不法な旅客輸送を取り締まる。(担当部門:市公安局、市交通局、市障害者連合会、各区市県人民政府、先導区管理委員会)

    7.バスや大型トラックが乱暴に運転する違法の源を厳格に調べる。スタッフがバス旅客運輸会社、物流運送会社、貨物輸送ステーションなどの機構に行き、バス旅客運輸、貨物運転の運転手に対する安全運転宣伝教育を強化し、運転者の安全運転意識を更に向上させるように組織する。違法情報共有制度を創立し、公安交通警察部門が捜査を強化し、バス、貨物車両の実線における車線変更、割り込み、逆行・追い越し、赤信号無視、規定車線通りに走行しないなどの乱暴な運転行為を厳格に打撃し、直ちに検査して処理した交通違法行為を交通機関に告発する;交通部門が法律によって業界の出入りを厳しく規制し、3回以上交通法に違反し、何度注意しても改めない運転手に対し、法律によって処理する;交通法に違反したことによる死傷者がある道路交通事故に主要及び以上の責任を負う運転手又は累積違法行為が5回を超えた運転手に対して厳格なスクリーニング・監督を行い、その中に交通運輸業に従事することに適さない運転手を、法律に基づいて使用禁止する;交通安全主体の責任を遂行せずのせいで交通違反が頻発し、多発することを及ばせる(累計10回以上)企業に対し、法律に基づいて処理する。(担当部門:市公安局、市交通局、各区市県人民政府、先導区管理委員会)

    (四)規範に合わない交通標識を整理し、主要な道路の通行駐車品質を高める。

    8.交通標識に対して調査・整理を展開する。都市の高速道路、主要な幹線道路の交通標識の欠失、不明瞭、不規範、不合理、不整合、不連続、私設した標識と走行安全に影響する違法な建設・設置問題を重点的に解決し、交通標識の規範化、標準化、科学化レベルを向上する。11月30日までに、市街地の30本のモデル道路と各区市県(先導区)が自ら定めた2本の市街地の重点道路における交通標識に対して調査率は100%に達する。そして調査リストを書き並べ、改善期限を明確にする。行動が終了するまでに、私設した標識、ライン、駐車位置の整理率は95%以上達する。(担当部門:市公安局、市交通局、市行政法律執行局、各区市県人民政府、先導区管理委員会)

    9. 交通信号灯に対して調査整備を行う。都市の主要な道路、二次幹線道路の交通信号灯が不規範、非科学的に設置された問題を重点的に解決し、交通信号灯が科学的に時間とマッチングするように推進し、道路交差点の通行効率を高める。11月30日までに、交通信号灯に対して調査率は100%に達する;増設と最適化を必要とする信号灯の整備計画を作成し、朝夕のラッシュ時において主要な交差点の通行効率を全面的に向上する。(担当部門:市公安局、各区市県人民政府、先導区管理委員会)

    10. 業界・部門の「門前清」管理職責を実施する。各部門、各業界が交通秩序「門前三包」制度を普及して実施するように呼び掛ける。「門前三包」とは、門前の交通施設が完全無欠であることを確保する(交通標識、交通信号灯棒、交通ガードレールに広告を貼らない、非交通情報の横断幕を掛けないなど);走行に影響する潜在的な危険がないことを確保する(園林緑化部門の植物健康状況、傾倒の危険があるかどうかなどを含む);当部門の車両が秩序あって通行・駐車することを確保する。各級の政府、大通り、団地が当地区の主要な道路交通秩序「門前三包」の担当部門を確定し、担当部門の責任者が門前の交通施設の毀損、交通標識の紛失状況及び走行安全に影響する潜在的な危険情況を上級部門に報告する;交通施設、交通標識を破壊する行為を直ちに制止し、告発する;責任機関が朝夕のラッシュ時において当会社の車両の出入りが秩序あることを保証するためにスタッフを派遣する。(担当部門:市公安局、市行政法律執行局、各区市県人民政府、先導区管理委員会)

    (五)不法に歩道を占用する行為を引き下がり、街並み環境管理レベルを高める。

    11. 歩道を占用する行為に対して調べと処理を推進する。市街地の30本のモデル道路と各区市県(先導区)が自ら定めた2本の市街地の重点道路を巡り、車、違法建設、歩道を占用した経営、駐車器を私設するなどの違法に歩道を占用する現象、歩行者の道路を占領し、及び駐車位置が自動車道の設置に垂直ではなく、向きが一致しない、駐車位置の端が盲道から0.4メートル未満、駐車場を設置した後の残りの道路の幅が3メートル以下であるなどの駐車位置の設定基準を満たさない区間、道路を全面的に調査し、整理する;また、整理台帳を創立し、整理期限を明確にする。「迎賓街路を先に整理し、他の街路は後に整理する」の原則に従い、歩道を占用した駐車位置を一掃し、条件ある街路に生け垣、花箱を設置する;無条件の街路に隔離柱などを増設し、徐々に道路使用権を人民に返還する。11月30日までに、市街地の30本のモデル道路と各区市県(先導区)が自ら定めた2本の市街地の重点道路に対して調査率は100%に達する;行動が終わるまでに、整理率は50%以上に達する。同時に、営業環境の最適化、人々・企業に利益をもたらすことを巡り、道路に臨む商店、商圏の周辺に配送専用区と制限時間駐車位置を設け、商店の日常経営、休日においてショッピングする庶民の交通需要を満足するようにする。(担当部門:市行政法律執行局、市都市建設局、市公安局、各区市県人民政府、先導区管理委員会)

    12.党政機関の指導と模範的役割を強化する。大連市機関作風建設、中央巡視チームがフィードバックした改善意見と特権車管理工作の配置要求と結びつけ、各級の党政機関が内部人員に対して交通安全教育管理を更に強化し、監察を強め、歩道を占用する駐車を整理するようにリーダーし、機関建物の周辺における駐車・通行環境を浄化し、道路使用権を人民に返還することにおける率先的な役割を果たす。行動が終わるまでに、党政機関の所在地、事務機構の周辺における歩道を占用する駐車に対して整理率が100%に達する。(担当部門:市直属機関工作委員会、各指導チームのメンバー部門、各区市県人民政府、先導区管理委員会)

    (六)全面的に宣伝を強化し、世論が盛り上げるように誘導し、全民の文明守法意識を高める

    13.宣伝と指導を強化する。交通の乱れる現象を公開することを牽引とし、「文明行停」交通安全週活動を早めに展開し、文明の出かける濃い雰囲気を作り出す。行政管轄区域を部門とし、スタッフが管轄区域の部門、学校、団地、バス会社、旅客輸送企業と即時配送業界で交通安全宣伝活動を展開するために行くのを組織し、交通規制条約の制定、宅訪問告知、ポスター掲示、宣伝横断幕の掛け、典型的な違法ケース警告教育などの活動を通じて、横断歩道の通行規則と礼譲ない、非文明運転の危害と責任を広く宣伝し、同時に文明交通ボランティアを組織して市街地の30ヵ所の模範通りの重要な交差点で文明交通の勧誘活動、歩行者が法律を守る通行し、運転手が法律によって運転し、文明的に礼譲することを提案するようにさせる。行動が終わるまで、法を守って通行する宣伝普及率は100%に達する。(担当部門:市分化広電ニュース出版局、市文明事務室、市委員会宣伝部、市総合治理事務室、市直属機関工作委員会、市交通局、市教育局、市公安局、市司法局、各区市県人民政府、先導区管理委員会)

    14. 世論が盛り上げるように強化する。伝統メディアと新しいメディアの役割を十分に発揮し、ニュースメディアが警察にフォローし、生放送し、違法運転手と歩行者、交通事故のケースを報道する方法により、交通参加者が自主的に法律を守り、安全文明に礼譲するように誘導する。(担当部門:市委員会宣伝部、市分化広電ニュース出版局、市公安局、市交通局、各区市県人民政府、先導区管理委員会)

    15.現場における法律執行の抑止作用を強化する。公安警察の法律執行と宣伝教育を有機的に結合し、交通違法行為を検査して処分するとともに、違法当事者に対して現場警告教育を行い、事故ビデオを見たり、違法行為者を組織して勧告指導に参加させることによって、交通文明の順法意識を高める。法律執行に抵抗する当事者に対し、関連法律に基づいて最も厳しい処分を行うとともに、その違反行為と処理情報を当事者の所在部門、大通りに通達する。(担当部門:市公安局、市委員会宣伝部、各区市県人民政府、先導区管理委員会)

    (七)共同で管理して共同で建設することを全面的に強化し、行動の特別の保障を重視する。

    16. 黒社会の一掃と悪の排除に力を入れる。交通運輸分野が黒社会、悪に関連する違法犯罪の手がかりを厳重に注意し、発見したら直ちに公安機関に引き渡して処罰させ、黒社会、悪勢力の生存機会を排除することに力を入れる。(担当部門:市公安局、市交通局、各区市県人民政府、先導区管理委員会)

 

 17.整備資金の保障を強化する。「実効性を求める」を目指し、「亮化」百日行動に十分な経費保障を提供する。百日行動に必要な道路監視システム、交通違法撮影設備、交通隔離柱、交通ガードレール、道路交通安全管理施設などの資金保障を強化する。文明交通誘導のためのポスター、横断幕、映画・テレビの宣伝資料及び文明交通ボランティアなどの人員の組織、動員などに必要する関連経費の保障を強化し、重点な交通違法の告発に対して奨励資金の保障を強化し、広範な市民が都市交通管理に参加し、監督管理する積極性、自主性を十分に奮い立ち、路面にいる警察と固定、流動の電子監視設備が動態な交通違法を発見する制限性を有効に補い、もっと広範にカバーし、共同で管理整備する都市交通管理の新しい構造を形成する。(担当部門:市公安局、市財政局、市発展改革委員会、市経済情報委員会、市委員会宣伝部)

 

六、推進プロセス

    (一)宣伝動員段階(全市動員大会が開催された後の10日間)。各地区、各部門が「亮化」百日行動計画の総体要求に基づき、仕事の実際を結び付け、具体的な工作実施方案を制定し、工作責任を実行し、際立った問題を合わせ、整備目標を明確にし、措置と分業を細分化し、スケジュールを把握し、任務リストを書き並べ、全方位に動員して配置し、全面的に宣伝を行い、全市で交通環境「亮化」百日行動の濃厚な雰囲気を作り出す。

    (二)困難を全力で克服する段階(2019年1月25日まで)。各地区、各部門が「一浄、二清、三向上」の目標任務を巡り、力を集中し、投入を大きくすることで、目標が明確し、責任がはっきりし、力が十分で、措置が実務であるようにし、値引きをしないようにスケジュール、要求、標準により決められた各目標任務を完成し、都市街路交通環境「亮化」百日行動が実際の効果を収めることを確保する。

    (三)総括、検収段階(2019年2月3日の春節まで)。各地区、各部門の交通環境「亮化」百日行動ことを検査、検収し、全面的に纏めて有効な経験、やり方を取り出し、問題点と不足点を分析し、関連する作業制度を更に完備し、次の段階の都市交通安全管理に基礎を築く。

 

七、工作要求

    (一)思想と認識を統一し、組織と指導を強化する。各地区、各部門が大局意識、責任意識、担当意識を強め、「全市一局の将棋(各部分はお互いに調整され、全体に服従する)」という思想をしっかりと樹立し、今回の「亮化」百日行動を「一把手(最も重要)」工事、「竜頭(主導する)」工事として力を入れるべきである。市の指導チームが市政府の交通渋滞整備共同会議制度の手配を結合し、毎月1回以上の工作推進会議を開催するように当月において行動の重点作業と来月において仕事手配に関わる主要な部門を集め、そして半月ごとにフィールド・トレーニング検査とスケジュール調整会議(行動初月に毎週1回のスケジュール会議を開催する)を開催し、前の段階(或いは今月)の仕事を纏め、評価し、次の段階の工作を研究配置し、かつそれを市政府事務室が重点に監督する工作として推進する。

    (二)工作責任を実行し、監督指導と問責を強化する。「党政同責、一崗二重責任」の要求に従い、下部の工作を監督し、段階的に実行し、各措置がしっかりと実行されることを確保しなければならない。各区市県(先導区)が厳格に属地責任を実行し、全力で管轄地区の各方面の力が「亮化」百日行動に注がせなければならない。各部門、各機関が監督管理責任を厳格に実行し、下部を工作重点とし、前線に行って指導しなければならない。本部門、当団体が交通環境「亮化」百日行動を展開或いは参与する任務リストと実施基準を研究制定し、スケジュール、路線図を明確にし、政策サポートと投入保障を強化し、法律執行管理で直面する難点問題を協調して解決する。今回の行動推進の実行状況を年度業績に組み入れ、そして審査の重点とし、かつ平安建設、文明創建、安全生産業績評価などの仕事の重要な参考根拠とする。各地区、各部門が業務責任を実行し、職責を果たす状況に対して市政府の監督査定事務室が不定期的にフォローした。お茶を濁して責任逃れをし、推進が不十分であることによる予定通りの目標を達成できなくなる場合に、真剣に問責する。

    (三)システム管理を強調し、整備効果を強化する。超常規の措置、革新手段で着実に「亮化」百日行動を推進し、比較的短い時間内に全市の道路交通秩序を明らかに好転させることに努力し、そしてそれを基礎にして道路交通秩序に影響する深いレベルの社会整備難題を深く研究し、常態の効果が持続する管理メカニズムを絶えず改善し、法律執行実践を立法成果に転化し、特定の整備とシステム管理、法律による整備、総合整備、源整備との結合を深く推進し、道路交通環境と法制環境を改善することに力を入れる。

    (四)法律執行のサポートを強化し、総合保障を強化する。法律に基づいて法律執行者の合法的な権益を保護し、悪意あるクレーム事後責任追及制度を創立し、そして厳格に法律執行の管理を妨げる各種の違法な犯罪行為を調査し処罰する。法律執行者を漫罵し、公権力の規制措置に暴力をもって反抗する当事者に対して行政拘置を取る。法律執行を妨げる及び法律執行者の安全を脅かし、肢体で法律執行者を攻撃し、悪意を持って法律執行の装備を破壊する当事者に対して関連法律による刑事責任を追及し、法律の権威と尊厳を切実に守る。広範に社会各界の支持を求め、全市の皆が主動的に参加し、共同で管理整備し、共同で建設してお互いに共有する工作構造を形成し、「亮化」百日行動に強大な動力を提供しなければならない。

    (五)仕事交流を展開し、情報の申告を強化する。市の指導者事務室が定期的に仕事ブリーフィングを作成し、整備の実況を報道し、典型的なケースを紹介し、成功経験を広めるべきである。各地区、各部門が市の指導チーム事務室に仕事中の困難を解決する革新決策、整備のハイライト成果などの情報を推進するなどを報告する担当者を指定しなければならない。同時に、各地区、各部門が今回の行動の担当者、連絡員の名前、職務、電話を10月19日までに百日行動専用メールフォックスに送付してください:DLLHXD@163.com、パスワード:11223456(連絡先:王暁宇、連絡電話:18004281117)

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved