DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
連市人民政府事務庁が生きたブタ産業の...
連市人民政府事務庁が生きたブタ産業の健康発展を推進することに関する実施意見
2018-10-26

大連市人民政府事務庁が生きたブタ産業の健康発展を推進することに関する実施意見

 

各区市県人民政府、各先導区管理委員会、市政府各関連部門、各関連機関:

    近年、わが市が農業供給側の改革を推進する中で、「生産エネルギーの除去、在庫の除去、てこの除去、コストの引き下げ、短所の補充」の五大任務を全面的に実行し、生きたブタ産業の低端・遅れた生産能力を安定して淘汰した。年間養殖量は2013年の698.7万頭から現在の450.8万頭に着実に調整された。生きたブタの養殖規模の低下に伴い、わが市の豚肉の自給率も下がた。生きたブタ産業は食品供給の安全を保障する基礎産業であり、豚肉の供給は国民経済の安定発展に関わり、人民大衆の切実な利益に関わる。わが市における生きたブタの生産能力を安定させ、全市における豚肉の供給を保障し、生きたブタの生産と環境保護の調和発展を推進し、産業のモデルチェンジとグレードアップを促進するために以下の意見を提出する。

 

一、生きたブタ産業の発展目標を明確にする

    (一)指導思想

    新しい発展理念を徹底的に実行し、生きたブタ産業の近代化を実現することを目標にし、市場の需要と生態の調和を導きにし、改革・革新を動力にし、標準化、大規模化、生態化を建設の方向にし、新しい運動エネルギーを育成することを突破口とし、区域の配置を最適化し、に供給レベルを科学的確定し、保障し、優良品種の選別、育成と地方品種の資源開発を強化し、品種と養殖の結合を推進し、養豚業の一二三産業の融合発展を推進し、新型の経営主体と新しい業態を育成し、新しい運動エネルギーを形成し、総合生産能力と持続可能な発展能力を全面的に向上させる。

    (二)基本原則

    1.保障と供給を堅持する。政府が主体として責任を切実に履行し、「買い物かご」工事の各措置を実施する。科学的に豚肉の供給保障ラインを制定し、住民に供給する豚肉製品の有効供給を保障する。市民消費構造がモデルチェンジした新しい需要に応じ、ローエンドの無効供給を減らし、優質化、多様化、特色あり、ブランド化の中上位の農産物の供給を重点的に強化する。

    2.グリーン発展を堅持する。全面的にグリーン発展理念を貫徹し、生きたブタ養殖の生態赤いラインを設定し、土地の積載量のピークを設置する。積載リスク予防、予報制度を絶えず改善し、ピークが近づいたら、警告情報を出し、制御措置を申請する。産業配置を最適化し、生きたブタ産業をわが市のトウモロコシ生産区及び環境積載能力の強い地区へ移行させる。畜産養殖廃棄物の資源化利用を全面的に推進し、生きたブタの糞便と汚水が近くの田で利用すると病気で死ぬブタの無害化処理を実現し、生態循環の良性発展を実現する。

    3.産業のグレードアップを堅持する。「会社+大きいブタの近代化養殖場」モデルを重点とし、繁殖ブタ場、飼料場、大きいブタ養殖場と技術サービスのシームレスなドッキングを加速する。「会社+大きいブタの近代化養殖場」モデル、注文モデル、ネット取引と先物などを宣伝し、ブランド建設を強化する。

    4.科学技術の指導を堅持する。政策の指導を強化し、標準化、規範化飼育の普及、養殖企業が高標準の知能化畜産舎を建設するように励ますし、支持する。規模ある養殖場の精密化管理を強化し、雌豚の繁殖力を向上させ、総合生産能力を向上させる。先進的な工業化の成果を養豚業に応用し、知能化の標準的な環境制御システムを建設し、生きたブタ産業の装備レベルを向上させる。

    (三)工作目標

 1.養殖規模を控える。2020年まで、全市における生きたブタの年間飼育量は300万頭、豚肉の年間生産量は15万トン、豚肉の自給率は50%に達するとコントロールする。

    2.生産レベルを向上する。2020年までに、生きたブタの規模養殖の比重は現在の65%から70%に向上する。規模養殖場の雌豚が1頭ごとに年間で提供する離乳子豚数は現在の16頭から20頭以上になり、生きたブタの屠殺場に届けられる率は現在の160%から165%以上に上昇する。

    3.グリーン発展を実現する。2020年までに、全市における生きたブタの糞処理と総合利用率は現在の65%から75%以上に向上し、生きたブタ規模養殖場における糞処理施設の持ち率は現在の74%から95%以上に向上する。

 

二、生きたブタの生産を安定する

    (一)生きたブタの生産規模を安定して着実に向上させる。「糞資源化利用」の要求に基づき、全面的に『大連市畜産類汚染防止治理計画』を実施し、重点的に規模養豚場に対して環境保護の基準達成と糞資源化利用工作を行う。生きたブタ養殖産業の集約化発展を導き、既存する生きたブタ規模養殖場が現代化のグレードアップし、生産効率を向上させ、年間計画生産規模と環境保護要求に応じて生きたブタの供給能力を十分に発揮し、向上させるように励ます。有名な企業がわが市の管轄区域内で年間20000頭以上屠殺場に届けられる「現代化、全閉鎖、循環可能、無汚染」の生きたブタ養殖場を建設或いは共同で建設するように励ます。

    (二)優良品種の繁殖システムの建設を強化する。わが市の生きたブタの主な品種はランドレース、大白とデュロックなどで、三元交雑モードを採用して商品豚の生産を行うことを確定する。「育引繁推」の一体化を推進する。市場を指針とし、優良豚種の育成と生産を積極的に開発する。導入と自主選別育成を結合する方法を採用し、省級の生きたブタのコア育種場(ステーション)を積極的に建設し、2020年までに標準に符合する生きたブタのコア育種場は1ヵ所以上に達する。全市における生きたブタの生産状況に基づき、2ヵ所1級繁殖雄ブタの拡大繁殖場、10ヵ所1級繁殖雄ブタの拡大繁殖場を建設し、全市における養殖している二元雌ブタが10万頭で、年に200万頭の三元交雑商品ブタを屠殺場に届けられる生産需要を満たすことを計画する。繁殖雄ブタの生産性能の測定を展開し、核心の選別・育成システムを創立し、種の共有を実現する。繁殖雄ブタステーションとブタ人工授精サイトの建設を完備する。先進国から導入した優良な種質資源を利用するとともに、地元の品種の遺伝優勢を発揮し、わが市の特色ある新品種を育成する。繁殖雄ブタの品質管理を強化し、繁殖雄ブタ産業の健康と秩序ある発展を促進する。

    (三)養殖区域を科学的に計画する。『大連市人民政府事務庁が大連市畜産養殖禁止地区の地区計画の通達に関する通知』(大連市人民政府事務庁発行(2016)179号)の要求に基づき、畜産養殖禁止区域における規模養殖場の閉鎖を良く行い、現場での検査・監督・指導を強化し、新しく発見した養殖禁止区域における規模養殖場を法律により、時間を限定して閉鎖を完了し、すでに閉鎖された規模養殖場が勝手に再開する場合に対して直ちに閉鎖を強制しなければならない。都市における現代農業の発展計画と配置により、わが市甘井子区、旅順口区、長海県及びその他の都市化発展区域が養殖を制御する;金普新区が適度な養殖区である;普蘭店区、莊河市、瓦房店市が重点的な養殖区である。各地区が当地区の資源と環境の特徴と環境の積載能力に基づき、畜産養殖環境の評価を強化し、関連計画と繋がり、科学的に畜産養殖業の発展規模と配置を計画しなければならない;各地区が土地利用総体計画を編制する時、農業の発展計画と畜産養殖業の発展計画に基づき、畜産の養殖用地を科学的に配置しなければならない。

 

三、生きたブタ産業のモデルチェンジとグレードアップを推進する

    (一)生きたブタ産業の融合発展を深く推進する。政策の導く作用を発揮し、生きたブタ産業のグレードアップをを加速し、畜産業の高度な発展を促進する。先進的な生産技術を導入し、ハードウェアとソフトウェアの改造を実施し、良質な畜産品供給基地の建設を展開し、生産レベルと効率を高め、製品の等級と品質を高める。経営環境の建設を強化し、全国の大型生きたブタ養殖、屠殺と加工のトップ企業をわが市まで引き付けて発展させることを目指す。企業が科学的に生きたブタの生産と環境保護の関係をよく取ることを厳しく要求し、積載能力を超える盲目的な導入を厳格に防止し、先に導入してから調整する現象が発生しないように防止する。深い加工を強力に発展させ、生きたブタの一二三産業の融合発展を推進する。生きたブタとその製品の品質安全に対して監査・管理能力を強化し、監査・管理のレベルを向上させる。豚肉ブランドの建設を強化し、良質な特色ある豚肉ブランドと規模加工企業を支持し、育成し、導く。

    (二)標準化、大規模化の養殖を加速して推進する。市場メカニズムを活用して中規模飼育者が大きくになるように導き、インフラの建設を強化することで装備レベルを上げて大規模飼育場を強大にならせる。中等規模の自己繁殖自己養殖家庭ブタ養殖場モデル、「会社+近代化肥育場」モデル、大規模企業自己繁殖自己加工モデルを推進する。生きたブタ養殖場が自動給餌、自動飲水、環境制御などの現代化装備を建設するように導き、節水、節料などの清潔養殖技術と乾糞、生物発酵などの実用技術を普及させる。規模養殖場の精密化管理を強化し、標準化、規範化飼育を推進し、量り売りの飼料と精確な配合方法を普及させ、飼料の利用率を向上させる。雌ブタの繁殖性能を切実に向上させ、総合生産能力を向上させる。生きたブタが疫病に対して総合的な予防とコントロールの措置を実行し、発病と死亡率を下げる。自動化標準環境制御システムを建設し、豚舎の通風、温度制御、空気濾過と環境モニタリング設備を配置し、飼育環境の自動調節を実現する。デジタル標準飼育管理システムを建設し、電子識別、精確飼料与え、自動飲用水の設備を備える。無害化糞便処理システムを建設して、節水の設備を配置し、リーキーフロアとスクレーパーボードなどの糞便清掃の設備を改造し、養殖規模に合わせる糞便汚水「三防」(しみ出る防止、雨露防止、流出防止)貯蔵と無害化処理施設を建設し、有機肥料の加工利用、嫌気性発酵池などの施設を配置する。

    (三)畜産養殖廃棄物の資源化を全面的に行う。『遼寧省畜産養殖廃棄物の資源化利用計画(2017―2020年)』(遼寧省政府事務室発行(2017)92号書類通達)の要求を全面的に実行し、生きたブタ業界の4方面の仕事を重点的に行う。一つ目は糞便処理施設の建設を強化することである。既存する規模養殖場の糞便処理施設の改造とグレードアップを推進する。いくつの規模養殖場が糞便処理施設を改造とグレードアップし、養殖場が吸汚車などの糞便汚水処理設備を購入することを支持する。全県における生きたブタ規模養殖場の糞資源化利用を推進し、科学的に養殖禁止区域と制限区域を定める。二つ目は新築(改築、増築)する規模養殖場の「三同時」制度を実行することである。全ての新築(改築、増築)する規模養殖場が環境評価と糞便処理施設の設計、施工、使用始めが同時する制度を実現し、かつ環境保護部門の検収に合格しなければならない。全ての新築(改築、増築)する規模養殖場が汚水、雨水の分流、糞便汚水減量化排出、無害化処理、資源化再利用を実現する。三つ目は品種と養殖の結合を推進する。規模養殖場が養殖量に合った土地を所有、リース、協商し、糞便が一定の輸送半径内で畑に与えられるように確保する。大企業、家庭のブタ養殖場と周辺の農家は糞便が畑に与える協議を締結することを推進する。生きたブタの糞便汚染処理及び品種と養殖が結合し、循環発展などの技術モデルを研究し、普及させる。四つ目は病気で死ぬブタの無害化処理を推進することである。規模養殖場の無害化処理施設の建設を推進し、無害化処理センターの建設を推進し、規模養殖場と無害化処理センターが処理協定を締結するように励ます。

    (四)生きたブタのサービス業と新業態を大いに発展する。援助と指導を通じ、「大規模なインターネット+企業」を活用し、モノインターネット、クラウドコンピューティング、モバイルインターネットなどの現代情報技術を生きたブタ業に応用するのを推進し、生産、販売、金融、物流などの各種類の資源を統合し、生産と経営の効率を高める。一つ目は生産知能化のことである。モノインターネット技術に基づき、リアルタイムモニタリング、自動的な飼養、廃棄物自動回収などを実現し、技術者が少ないで大規模の養豚場をスマート端末により管理できることを実現する。二つ目は産業チェンで中間化を取り除くことである。養殖場、飼料場、物流、屠殺などの各部分がオンラインでドッキングするのを実現し、「企業対消費者」の伝統モードを打破し、「企業対企業」と「消費者対消費者」の新しいモードを実現する。三つ目は金融サービスを便利するのである。財政、保険、銀行などの協同豚業金融サービスのプラットフォームの創立を導き、金融機関、インターネット金融企業が大連の養豚場(戸)に金融サービスを提供するように誘致する。四つ目は生きたブタの生産保険システムと先物市場の建設を支持する。養豚場(戸)が生きたブタ政策性保険に加入する上で、自らトウモロコシ、豆粕などの主要な飼料原料の価格保険、生きたブタの価格保険に加入するように励ます。大連商品取引所が生きたブタ先物市場を開設するように積極的に促進し、大型生きたブタ企業が豚の先物取引に参与するように励ます。条件に合った大型豚企業の先物取引に対する育成と備蓄の仕事を強化する。五つ目は産業資源を活用して観光畜産業を発展する。生きたブタの受け取り、品種と養殖の結合などを主な特徴とする革新モデルを育成し、レジャー、観光などにおける産業の機能を開拓する。

 

四、生きたブタ産業の発展に対して保障システムを完備する

    (一)生きたブタ疫病の予防とコントロールを厳格的に強化する。酷い動物疫病に対して予防・コントロールの早期警告と応急のシステムを創立し、完備し、酷い動物疫病に対して予防・コントロールの能力を向上させる。『大連市中長期動物疫病予防治療計画(2014-2020年)』(大連政府事務庁発行(2013)75号書類発行)の要求を真剣に実行し、生きたブタ養殖場の総合防疫管理と口蹄疫などの酷い疫病の予防とコントロールを強化し、免疫、監視測定、検疫監督、無害化処理などの各疫病の予防とコントロールの措置を強化する。繁殖雄ブタ養殖場の疫病浄化作業を引き付き支持し、繁殖雄ブタ養殖場の主な垂直伝染病のコントロールと浄化に努力し、源から動物疫病のリスクをコントロールする。

    (二)豚肉の品質安全を保障する。豚肉の品質安全属地管理責任を強化し、生産経営者の主体責任と監督部門の監督責任を段階的に実行し、生きたブタの養殖、投入品の使用、屠殺加工などの全産業チェーンの監督・管理を強化し、「ブラックリスト」制度を完備する。モノインターネットなどの現代情報技術の運用を通じて伝統的な管理とサービス方式を転換し、肉品品質安全の追跡管理を強化するように励ます。規模養殖場、定点屠殺場の「赤身エキス」などの違法薬物残留測定を強化し、各種の肉品に違法な有毒有害物質を添加する行為を厳しく打撃し、酷い豚肉品の品質安全事件が発生しないことを確保する。

    (三)無害化処理システムを完備する。病死した畜産の無害化処理を真剣に行う。生きたブタ規模養殖場が病死したブタに対して無害化処理現場の監督、資料の審査、補助金の交付などの仕事の流れと方法を完備し、病死した畜産の集中収集と無害化処理の管理メカニズムを完備し、既存する病死した畜産の無害化処理センターのグレードアップを支持し、励ますし、防疫と保険の仕事モードを普及させ、即時化、データ化、透明化の監督・管理を実現し、監督・管理のレベルと品質を向上させる。

    (四)生産情報の測定・警告システムを強化する。生産情報の測定・早期警告システムの建設を強化し、生きたブタの測定・警告作業員隊列の建設を強化し、審査制度を完備し、仕事の経費を保障する。統計分析者の業務能力を向上させ、測定と分析のレベルを高める。更に措置を強化して測定・統計られるデータの品質を高め、絶えず生きたブタの生産測定・警告工作の自主性、時効性、正確性、展望性を高める。情報公開を強化し、養殖場が市場リスクを回避し、政府のマクロ調整にデータサポートを提供するように導く。

 

五、生きたブタ産業の健康発展に対して保障メカニズムを創立する

    (一)組織と指導を強化する。各区市県政府、各先導区管理委員会と各関連部門がわが市の生きたブタ産業の安定かつ健康な発展を推進することを「買い物かご」という市長責任制を実行する重要な任務とし、思想認識を切実に高め、組織と指導を強化し、有効な措置を採用する。発展改革、農業、環境保護、財政、国土家屋などの多部門間の協調メカニズムを創立し、力を合わせ、生きたブタ産業の持続的な発展を共同で推進する。

    (二)政策の支持を強化する。生きたブタの規模養殖場が糞便汚染を処理するように励ますし;糞便貯蔵場と汚水貯蔵池などの糞処理施設を設計し、組み合わせて建設し、かつ環境保護の要求に達成する生きたブタの規模養殖場に対して、一定の政策的な補助を与えることができる。

    (三)責任の実行を強化する。各関連部門が機能優勢を発揮し、共同で生きたブタ産業の安定・健康な発展を推進しなければならない。発展改革部門が計画・指導を強化し、生きたブタ産業プロジェクトの建設を支持しなければならない;財政部門は各種類の金融機関が生きたブタ産業の信用貸付サポートを強化するように励ます;農業部門が科学的な養殖モードを推進し、現代の生きたブタ産業のグリーン発展を推進しなければならない;環境保護部門が畜産養殖汚染の予防・処置に対して監督・検査を行い、法律に基づいて環境汚染の違法行為を厳しく調査し、処理する;国土家屋部門が農業部門が新しく建設する近代的な生きたブタ養殖用地を土地利用の総体計画に組み入れ、養殖用地を確定し、畜産養殖廃棄物を主要原料とする規模化バイオ天然ガス工事、大型メタン工事、有機肥料工場、集中処理センターの建設用地を土地利用総体計画に組み入れ、かつ年間用地計画で優先的に手配する;林業部門が林地指導サービスの使用を強化し、法律によって直ちに使用林地の審査の手続きを行わなければならない;科学技術部門が生きたブタの養殖汚染処理、資源化利用などの革新或いは実用技術の研究開発、応用、転化の補助金とプラットフォームの支持を強化しなければならない。

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved