DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
大連市人民政府事務室が大連市「便所革...
大連市人民政府事務室が大連市「便所革命」実施計画(2018-2020年)の通達に関する通知
2018-10-12

各区市県人民政府、各指導区管理委員会、市政府の各委弁局(委員会、事務室と各局)、各直属機関、各関連部門:
 『大連市「便所革命」実施計画(2018-2020年)」業が大連市第16期人民政府第21回常務会議に許可された。今は通達し、しっかりと実行してください。

 

大連市人民政府事務室

 

2018年10月12日

     

大連市「便所革命」実施計画(2018-2020年)

 

    習近平総書記が「便所革命」に関する重要な指示精神と『遼寧省人民政府事務室が「便所革命」実施方案(2018-2020年)の通達に関する通知』(遼寧省人民政府事務室発行(2018)36号)の要求を徹底し、有力、有効かつ秩序がある「便所革命」の各工作を推進するため、わが市の実情を結び付け、本実施方案を制定する。

 

一、総体要求

    (一)指導思想

    習近平新時代の中国特色社会主義思想を指導とし、党の第19大と十九期二中、三中全会精神を全面的に貫徹し、「五位一体」の総体配置を統一して計画してから推進し、「四つの全面」の戦略部署を協調的に推進し、新しい発展理念、「4つの力入れ」と「3つの推進」を根気よく続ける実行し、習近平総書記が「便所革命」について2つの指示精神を従い、「便所革命」を農村振興戦略実施の具体的な取り組みとし、重要な民生工事、生態工事、文明工事として力を入れ、便所サービスの品質を高めることを手段とし、大衆が便利で便所に行かれることを目的とし、政府が推進し、部門が協力し、国民が参加し、都市と農村を統一して計画する工作メカニズムを創立し、都市と農村の居住環境を全面的に改善し、大連の「両先区」の建設を加速し、大連の振興発展を助ける。

    (二)基本原則

    現地の実情に応じ、類別して別別に指導を行う。各地区の発展レベル、都市と農村の差異を総合的に考慮し、科学かつ合理的に「便所革命」の方式方法を選択し、既存している便所の数量、配置と大衆の需要を結び付け、力を集中して問題を解決する。

    計画し、指導し、科学的な配置する。国家標準、地域人口分布、産業状況と公衆便所の使用情況に基づき、合理的に公衆便所の配置を計画する。心を込めて設計し、人間を根本とすることを際立たせる。農村の便所改築は集中、村全体の推進を堅持する。

    建設、管理を重視し、サービスを向上させる。生態、環境保護、経済、実用を重視し、建設が規範化、管理が精細化、サービスが最適化のモードを形成する。関連法規政策を創立し、完備し、厳格に法律によって管理する。公衆便所の標識を改善し、インターネット、クラウドプラットフォーム、ビックデータなどの情報化手段を利用し、大衆が近くに便所に行かせる。

     実用を重んじ、豪華さを戒める。便所の設計と建設が厳格に関連技術標準の要求に従い、環境が清潔で、便利かつ快適などの実用機能を強調し、盲目的に規模の大きなものや外国のやり方を追求しないで、実際の需要から抜けて豪華だけを追求してはいけない。

    政府が促進し、全民を参加させる。各級の政府の統一指導を強化し、部門の分業と協力を強化し、統一的に計画し、力を合わせ、共同で推進する。宣伝と指導を強化し、全民の意識を高め、共同で建設し、一緒にメンテナンスし、文明的に便所に行く雰囲気を作る出す。

    (三)主要目標

    2020年までに、いくつのを新築し、いくつのを改築し、いくつのを向上させ、いくつのを開放することにより、「数量が十分で、配置が合理的で、管理が規範化で、文明的に便所に行く」の目標を基本的に実現する。

    1.町の公衆便所。2020年末までに、全市の町に3年間で431か所の公衆便所を改築或いは増築し、626か所の内部便所(部門、会社などの便所)を新しく開放すると計画する。その中、都市(県以上、以下は同じ)に391か所の公衆便所を新築或いは改築し、553か所の内部便所を新しく開放し、基本的には1平方キロごとに3~5か所の公衆便所を建設する;郷鎮に40か所の公衆便所を新築或いは改築し、73か所の内部便所を新しく開放する。

    2018年、全市の都市に139か所の公衆便所を新築或いは改築し、206か所の内部便所を新しく開放する;町に17か所の公衆便所を新築或いは改築し、21か所の内部便所を新しく開放する。2019年、全市の都市に125か所の公衆便所を新築或いは改築し、169か所の内部便所を新しく開放する;町に12か所の公衆便所を新築或いは改築し、21か所の内部便所を新しく開放する。2020年、全市の都市に127か所の公衆便所を新築或いは改築し、178か所の内部便所を新しく開放する;町に11か所の公衆便所を新築或いは改築し、31か所の内部便所を新しく開放する。(発起部門:各区市県政府、各先導区管理委員会、市都市建設局、市衛生産児制限委員会、市愛国衛生事務室)

    2.観光便所に対し、2020年末までに、全市に3年間で137か所の観光便所を改築或いは増築すると計画する。

    2018年、全市に観光便所62か所を建設し、その中に48か所を新築し、14か所を改築或いは増築する。2019年、全市に観光便所38か所を建設し、その中に28か所を新築し、10か所を改築或いは増築する。2020年、全市に観光便所37か所を建設し、その中に22か所を新築し、15か所を改築或いは増築する。(発起部門:各区市県政府、各先導区管理委員会、市観光発展委員会)

    3.農村便所に対し、2020年末までに、全市に3年間で40.75万か所の農村便所を改築すると計画する。

  2018年、8.15万か所(建設予定の2万か所を除く)の農村便所を改築し、全市の農村における無害化衛生便所の普及率は58%に達させる。2019年、16.3万か所の農村便所を改築し、全市の農村における無害化衛生便所の普及率は79%に達させる。2020年、16.3万か所の農村便所を改築し、全市の農村における無害化便所改築は基本的に完成させる。(発起部門:各区市県政府、各先導区管理委員会、市衛生産児制限委員会、市愛国衛生事務室、市農業委員会)

 

二、主要任務
    (一)町における公衆便所の建設を推進する。

   1.短所なところにもっと力を入れ、数量を引き上げる。「新しい町には計画通りに新築し、旧市街区には計画通りに増築する」という原則に従い、統一的に公衆便所を計画し、建設する。各地が公衆便所の現状に対して調査と分類評価を展開し、公衆便所の記録ファイル制度と台帳管理制度を創立しなければならない。『都市環境衛生施設計画規範』(GB50337―2016)、『環境衛生施設配置基準』(CJJ27―2012)などの技術規範に基づき、環境衛生計画を作成し、市政府に審議して許可された後に都市制御性詳細計画に組み入れる。管轄地区における公衆便所の実情に応じて建設任務を分解し、2018-2020年度において公衆便所の建設、共有計画を制定しなければならない。旧市街区における新築する公衆便所は科学的に配置し、道路の両側の四角い歩道、公共緑地及び橋の下、地下空間を合理的に利用し、新型の環境保護式公衆便所、鉄骨構造の公衆便所を増築しなければならない。環衛部門が法律に基づいて環境衛生施設の企画、設計及び検収に参与しなければならない。地区の実情に基づき、スラム街の改築計画に合わせ、ポットン便所を一歩ずつ消滅し、今までの古い移動式便所公衆便所を一歩ずつ淘汰し、面積が小さすぎ、便所数量が過少、施設が不完備、機能が不十分な公衆便所を改築したり、再構築する。都市の公衆便所を勝手に撤去することを厳禁し、旧市街区の改築、道路の拡幅などで確かに撤去する必要があったら、「一処撤去すると近くに一処を新築し、サービスを最適化する」の原則に従い、既存している公衆便所の数量と建築面積を減らしてはいけない。主要交通幹線道路の両側、交通中枢、公共建築、大型公園緑地、市場などの人が集まる場所に公衆便所を設置しなければならない。各級の機関、公的部門の内部便所が、機密と安全保障の必要を除き、規定通りに先に無料で外部に開放する;病院、デパート、ホテル、レストランなどの公共サービス会社の内部便所が無料で外部に開放する;街区の周辺にある他の会社の内部便所が無料で外部に開放するように励ます。内部便所の開放時間が営業時間より少なくてはいけない。農宿、観光などの外来人口が集まる行政村を発展させ、必要に応じて公衆便所を建築する。(発起部門:各区市県政府、各先導区管理委員会、市都市建設局;協力部門:市国土家屋局、市計画局、市交通局、市商務局、市衛生産児制限委員会、市愛国衛生事務室、市観光発展委員会)

    2.科学的に設計し、品質を向上させる。都市部における公衆便所の設計と建設が整っていて清潔で、快適などの実用的な機能を際立たせ、豪華さと実情から離れることを戒めなければならない。公衆便所が24時間に開放られる能力を重点的に高め、水不足、電気不足、暖気不足などの問題のせいで冬に正常に使用できない問題を徹底的に解決しなければならない。『都市公衆便所設計標準』(CJJ14-2016)を真剣に実行し、固定式、鋼構造式、移動環境保護式などの建築タイプを科学的に選び、独立式と付属式を結合し、便器の寸法を規範化し、管理間と工具間を合理的に設置する。人が集中する場所の公衆便所では、女性便所と男性便所の比率は2:1より小さくなく、その他の公衆便所の女性便器(和式トイレ)位と男性便器(和式トイレ、立ち便座)の割合は3:2になることができる。条件に合った公衆便所には性別のない便所を設けることができる。公衆便所の外観と色彩の設計は周辺の環境と調和しなければならない。『バリアフリー設計基準』(GB 50763-2012)に基づき、高齢者、児童、身体障害者などの特殊な人に便利に使用できる便所や組み合わせる視覚障害者用の歩道、車椅子坂道、ハンドロッドなどのバリアフリー設備を設計・設ける。(発起部門:各区市県政府、各先導区管理委員会、市都市建設局;協力部門:市障害者連合会、市水道グループ、国家電力網大連電力会社)

    3. 精密化管理し、サービスを向上させる。公衆便所の台帳制度を完備し、歴史的な原因による財産権の証明(登録)が無しをもたらした公衆便所の財産権の登録及び新しい(改築、増築)した公衆便所の財産権の登録制度を完備する。公衆便所(対外開放の社会部門における便所を含む)の精密化管理制度を創立し、完備し、「便所長」管理、公示したからサービスし、壁に制度を掛けるのを実行し、等級によって責任を個人まで明確する。清掃サービス日誌を作成し、清掃頻度、清掃時間、清掃人員、設備の運行状況などの情報を記録し、公衆便所の設備を完全に保つ。交通中枢、デパート、公園、広場などの人口密集公共場所における公衆便所の運行監督を強化する。「四浄三無二通一明」、即ち地面がきれいで、壁がきれいで、便器がきれいで、周辺がきれいで、溢れ出ていない、蚊やハエがいない、臭いがない、水があり、電気があり、ランプが明るい。全市における公衆便所の基礎情報を住宅都市農村建設部「都市公衆便所プラットプラットフォーム」システムに組み入れる。「都市公衆便所プラットプラットフォーム」という携帯アプリと公式ウェイチャットアカウントにより、迅速に周辺における公衆便所を見つけ、公衆便所のオンライン評価機能により管理サービス状況をフィードバックできる。公衆便所のガイドマーク、標識を更に完備し、更新し、街灯棒、交通標識棒などの公共施設を十分に利用し、公衆便所のガイドシステムのカバー範囲と識別度を拡大し、立面のガイドと地面のガイドを結合するようにする。企業が廃棄した公衆便所に対し、正常な使用を確保するように各担当部門が管理を強化する。各地が都市部における公衆便所の審査方法を制定し、検査、フィードバック、協調、処理、監督クローズドループ管理の流れを実現し、掃除する人があり、審査する人があり、問題を解決する人があるのを実現しなければならない。(発起部門:各区市県政府、各先導区管理委員会、市都市建設局;協力部門:市交通局、市商務局、市経済情報委員会)

    4.科学技術で支え、グリーンと環境保護を堅持する。新築(改築、増築)される公衆便所は節水、省エネルギー、環境保護、生態などの技術要求に合わなければならない。肝心な技術の開発と成果の転換を加速し、生産・教育・研究の結合を強化し、北方の寒い気候に適した低コスト、低エネルギー、高効率、メンテナンスしやすいと資源化利用の排泄物処理技術と設備を明確に開発し、異なる条件とタイプに対して試行点と模範プロジェクトを展開する。移動式公衆便所の備蓄をしっかりとし、応急反応能力を高め、公共衛生の安全を維持する。(発起部門:各区市県政府、各先導区管理委員会、市都市建設局;協力部門:市科学技術局、市環境保護局)

    (二)観光地区における便所の品質を高める

    1. 品質向上の行動を展開する。観光地区における便所の計画と設計は厳格に都市と農村の計画、土地利用総体計画に基づいて実行し、全面的に『観光地区における便所品質等級の区分と評定』(GB/T 18973-2016)などの技術規範標準を徹底しなければならない。便所の均衡化分布を推進し、「便所革命」を観光公共サービス建設の模範工事に育成する。旅行資源のある低収入村に観光便所の建設を推進する。第三便所の建設を加速し、国家級、省級観光リゾート地、4 A級以上の観光地及び4星以上の温泉観光企業で一歩ずつ完全にカバーすることを目指し、A級観光地とその他の観光地に第三便所を建設するように励ます。(発起部門:各区市県政府、各先導区管理委員会、市観光発展委員会;協力部門:市国土家屋局)

    2. サービスアップを展開する。PPPモード、請負経営、大中型企業名付け賛助、企業が出資して政府が買い戻しなどの「商業で便所を建築し、商業で便所を管理し、商業で便所を経営する」モードを推進する。科学かつ有効な管理・メンテナンスメカニズムを創立し、完備する。専門化、集団化、チェーン経営の便所管理会社を導入するように励ます。「インターネット+」情報技術を探求し、革新し、応用し、知能化管理を実現する。男女便所の転換、女性専用便所を設置するように励ますし、人文的な配慮を体現する。旅行シーズン、主な祝祭日、大型祭りの期間中に移動式便所を設置するように励ます。(発起部門:各区市県政府、先導区管委会、市観光発展委員会;協力部門:市経済情報委員会)

    3.科学技術で向上させる行動を展開する。『便所革命:技術と設備ガイドライン』の要求に基づき、循環水沖、微水沖、真空気沖、無水沖、生物分解可能な泡などの技術を絶えず革新する。寒い気候、上下水システムがない地域では、生物処理技術を普及し、環境汚染を防止し;脱臭・殺菌技術では、電子分解技術、光触媒技術、放射線殺菌技術などを普及し;便所建設材料では、グリーン環境保護材料を普及する。(発起部門:各区市県政府、各先導区管理委員会、市観光発展委員会;協力部門:市経済情報委員会、市科学技術局)

    (三)農村便所の無害化改築に力を入れる。

    1.村の実情に応じ、類別して別別に推し進める。都市の汚水パイプ網が覆っている村と農村の生活汚水の集中収集処理システムを建設している地区では、水洗便所を普及する;普通の農村では、三格屎尿浄化槽式、ダブルファンネル式などの国家技術規範に合った便所を普及し;重点飲用水源地の保護区における村では、原則として水洗便所を採用し;山地や水不足地区における村では、ダブルピットオルタナティブ便所を普及する。水洗式便所の建設を増やすように励ますし、家における便所の建設を提唱し、冬に正常に使用できるように確保する。(発起部門:各区市県政府、各先導区管理委員会、市衛生産児制限委員会、市愛国衛生事務室;協力部門:市環境保護局、市都市建設局)

    2. 模範を作って導き、村全体に推し進める。便所の建設に適した技術とモードを積極的に探求し、いくつの家に便所が建設られる農村の模範県、模範村を建設し、模範と導きの役割を発揮する。(発起部門:各区市県政府、各先導区管理委員会、市衛生産児制限委員会、市愛国衛生事務室;協力部門:市財政局)

    3.協力を強化し、糞便を処置する。農村における便所の建設と改築は同時に糞便処理を実施しなければならない。異なる地区における農村に合った便所改築と糞便処理施設の建設標準写真集を組織し、編成し、合理的な改築モードを推進する。農村における新築される家庭用便所は糞便の無害化処理の要求を達成するべきで、村民が科学に無害化処理された後の糞便を使用するように指導する。完全に無害化処理の基準に達していない場合に対して、収集と運び出しを統一的に展開する必要がある。(発起部門:各区市県政府、各先導区管理委員会、市衛生産児制限委員会、市愛国衛生事務室;協力部門:市農業委員会、市建設委員会)

    村の位置、農家の数、集中の程度などの要素を総合的に考え、経済条件と管理能力を結合し、適切な汚水収集と処理モードを選んで、当地区に適合し、秩序よく農村における便所の下水道管網と汚水処理施設を建設する。(発起部門:各区市県政府、各先導区管理委員会、市環境保護局、市都市建設局;協力部門:市衛生産児制限委員会、市愛国衛生事務室)

    4.管理を強化し、同時にメンテナンスを行う。便所改造の流れを厳格的に実行し、施工技術の指導を強化し、工事の品質管理を強化し、農村における便所の管理とメンテナンスを強化する。農村における便所のメンテナンスと管理を県政府の農村インフラ建設の内容に組み入れる。新築(改築)される便所の記録資料を作成し、農業に関わる区市県(先導区)に対し、調査のために農村における便所改造村の統計表と便所のリストを作成する。完成された農村の便所に対し、村を単位として手順があって段階的に検査と修理を行い、日常のメンテナンスをしっかりしなければならない。(発起部門:各区市県政府、各先導区管理委員会、市衛生産児制限委員会、市愛国衛生事務室)

 

三、保障措置

    (一)組織と指導を強化する。各区市県の政府、指導区の管理委員会は「便所革命」の実施主体と責任主体とし、この仕事を重要な議事日程に入れ、「便所革命」の推進協調メカニズムを構築し、主な指導者が自分で監督し、担当指導者が具体的に監督し、責任と分業を明確にし、統一して計画するのを強化する。本区における「便所革命」の推進計画(2018―2020年)を検討し、制定し、そして年末前に市農業委員会に報告する。市農業委員会が発起部門として全市における「便所革命」の推進を担当する;市都市建設局が全市における「便所革命」の推進を担当する;市観光発展委員会が観光地、リゾート地区における「便所革命」の推進を担当する;市衛生産児制限委員会(市愛国衛生事務室)が農村における「便所革命」の推進を担当する;市交通局が国道、省道サービスセンター、都市バス停、長距離バスターミナルなどの交通公衆便所の建設と管理を調整し、監督する;市商務局が大型デパートなどの商業場所の公衆便所の建設と管理を調整し、監督する;民用航空大連安全監督管理局が空港の公衆便所の建設と管理を調整し、監督する;瀋鉄瀋陽大連駅が鉄道駅の公衆便所の建設と管理を調整し、監督する;市水道水グループ、国家電力網大連電力会社、各熱力グループ(会社)が公衆便所プロジェクトの付帯設備に対してそれぞれの分野に応じて「緑色通路」の開通を申請する。その他の関連部門が職責によって分業し、職責を果たし、緊密に協力し、共同で「便所革命」を推進しなければならない。(各区市県政府、各先導区管理委員会、各関連部門と団体が職務により担当する)

    (二)複数ルートから資金を集める。各地が公衆便所の類級、規模によって運行経費を計算し、県レベルの財政計画を組み入れ、運行管理費用を保障しなければならない。国家の支持を獲得するように積極的に努力し、実情に結びつけて多部門協議のメカニズムを創立し、「便所革命」の関連資金を統一的に計画して使用する。観光地などの会社が入場券の収入の中から規定に従って便所の建設運営に資金を手配しなければならない。各種類の社会資本が積極的に便所の建設、運営とサービスに投入するように導き、励ます。(各区市県政府、各先導区管理委員会、市財政局、市農業委員会、市都市建設局、市観光発展委員会、市衛生産児制限委員会、市愛国衛生事務室、市発展改革委員会が職務により担当する)

    (三)政策支持を強化する。各地が便所用地の保障を強化し、新築或いは改築する便所用地と関連糞便の無害化処理施設を設けるため、新しい建設用地を使用する必要がある場合には団体で申請することができ、法定手順に従って統一的に用地手続きを行わればよいである。関連政策に適合する項目に対し、法律によって割当方式で用地を獲得することができる。公衆便所建設プロジェクトのパイプ網ユニット費用を規定によって減免する。開放する内部便所に対し、積極的に提供できる関連する優遇政策を探求する。(各区市県政府、各先導区管理委員会、市国土家屋局、市発展改革委員会、市財政局、市都市建設局、市商務局、市水務局が職務により担当する)

    (四)監督・審査を強化する。「便所革命」の推進を市政府が各区市県政府、先導区管理委員会に対して業績評価の範囲に組み入れるとともにに衛生町、健康町、生態文明模範区、「緑葉杯」競争などの創建活動と観光地の品質等級評定などの審査内容とする。(市農業委員会、市都市建設局、市衛生産児制限委員会、市愛国衛生事務室、市環境保護局、市観光発展委員会が職務により担当する)

    (五)宣伝と教育を強化する。科学普及の宣伝に力を入れ、愛国衛生月、世界トイレの日などの活動を結び付け、大衆が文明的に便所に行く意識を高め、学生に対して健康教育を強化する。愛国衛生運動の優勢を十分に発揮し、広範に各方面の力を動員し、社会共同で「便所革命」を推進する良好な雰囲気を作り出す。(各区市県政府、各先導区管理委員会、市分化広電ニュース出版局、市農業委員会、市都市建設局、市衛生産児制限委員会、市愛国衛生事務室、市観光発展委員会、市教育局が職務により担当する)

 

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved