DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
『大連市ワクチン流通と接種管理規定(...
『大連市ワクチン流通と接種管理規定(試行)』の解読
2018-08-29

『遼寧省人民政府事務庁がワクチン流通と接種の管理を強化について通知』(遼寧省人民政府事務庁発行(2017)84号)の要求に基づき、市衛生産児制限委員会は『大連市ワクチン流通と接種管理規定(試行)』(以下は『規定』と略称する)を起草した。その規定を以下のように解読します。

 

一.起草背景
    予防接種は伝染病を予防・コントロールする最も効果的な措置であり、人々の生命安全と健康を保障することに非常に重要な意義を持っています。ワクチンの流通と予防接種の管理をさらに強化し、ワクチンの品質と接種の安全を確保するため、『遼寧省人民政府事務庁がワクチン流通と接種の管理を強化について通知』(遼寧省人民政府事務庁発行(2017)84号)の要求に基づいて、当市の実情に合わせ、本規定を制定します。

 

二、主な特徴

    一つ目は政府の指導を堅持し、政府の業績評価に組み入れ、監督・検査を強化することです。『規定』は各区市県人民政府が当該地区の実情に合わせて具体的に管理規定を実行し、組織・指導を強化し、予防接種などの疾病予防制御の仕事状況、疾病予防制御機構の財政政策の実行状況などを政府の審査内容に組み入れ、監督と検査を強化し、法律によってワクチンの流通と予防接種の各仕事をきちんとします。

    二つ目は協調メカニズムを創立し、共同で働いて共有して、重大な突発事件に対応することです。衛生産児制限行政部門と薬品監督管理部門は関連部門と協力してワクチンの流通と予防接種の管理の協調メカニズムを創立し、政策の協調と接続を強化し、直ちに仕事の進展状況と情報を通報し、共同で存在する際立つ問題を解決して、協同して重大な突発事件に対応します。

    三つ目は目標のガイドと問題のガイドを堅持し、特色を強調し、指導を強化することです。わが市のワクチンの流通と予防接種の工作に遭遇した問題に対して、「3000人以上0~6歳の児童をサービスする町(郷鎮)は規範的な予防接種診療所を創立するべきで、5000以上0~6歳の児童をサービスする町(郷鎮)はモデル予防接種診療所を建てなければならない。」を提出し、接種診療所のサービス能力と地区の児童の数が合うように保証します。疾病制御機関、接種部門がワクチンを受け入れたり購入したりする際、薬品検定機関が法律に基づいて発行した生物製品のロットごとに合格または承認許可コピーなどの内容を要求するべきことを強調します;特別の場合で、ワクチン生産企業は重大偏差或いは副次偏差の処理プロセスを起動し、ワクチンの品質を評価すべきです。託児所と学校などの教育機関が予防接種証明書に対して検査を詳細的に明確します。出入国検査検疫部門が出入国予防接種管理の要求を増加し、帰国児童の接種証の翻訳の職務を明確にします。これらの新たな内容はわが市のワクチンの生産、流通と予防接種の安全を更に強化します。

 

三、『規定』の内容

    『規定』は5つの部分があります。第一部分は総則です。ファイルの根拠、適用範囲、監督・管理の職責を明確にします。第二部分はワクチンの流通です。ワクチンの購入、貯蔵と輸送などの流通プロセスに対して明確と詳細化を行います。第三部分は予防接種のサービスです。接種部門の設置、予防接種能力の建設、接種証の検査などの予防接種サービスプロセスに対して明確と詳細化を行います。第四部分は保護措置です。政策、経費、審査、奨励などの方面から各工作が実行られるように保障します。第五部分は付則です。出入国予防接種作業の管理を詳細化します。

 

四、仕事の実行

    『規定』は五つの保障措置を提出します。一つ目は保障経費です。各区市県人民政府は国家免疫計画の予防接種の実施に必要な経費を保証し、疾病予防制御事業の発展需要と発展建設計画によって、疾病予防制御機構の基本建設、設備購入特にコールドチェーンシステムと情報化建設などの発展建設の支出を十分に手配すべきです。当属地の予防接種診療所の建設への投入を強化し、国家の関連規定に従い、予防接種に従事する基礎予防保健人員に適切な補助を与えることを保証すべきです。支出責任を明確にし、第二類ワクチン管理モードの変化などの要素を統一的に考え、科学・合理的に疾病予防制御機構の人員経費、公用経費と業務経費を審査して確定し、十分に予算に入れ、同級財政が保障するのを要求し、サービス収入は収支に分けて予算管理に組み入れます。市級人民政府は困難地区の県級人民政府が予防接種に関わる仕事を展開することに対して必要な経費補助を与えるべきです。各級財政が予防接種に使用する経費は専用にすべきで、いかなる部門と個人が流用、占用するのは禁止です。関連部門と個人が予防接種に使用する経費を使用することは法律によって監査機関の監査・監督を受けなければならない。二つ目は組織・指導を強化し、審査を強化することです。各区市県人民政府は現地の実情に基づいて管理規定を徹底し、組織・指導を強化し、予防接種などの疾病予防制御の状況、疾病予防制御機構の財政政策に対する実行状況などを政府の審査内容に組み入れ、監督・検査を強化し、法律によって秩序があってワクチンの流通と予防接種の各工作をしっかりと行わなければならない。三つ目は末端の力を発動させることです。住民委員会、村民委員会は関連部門に協力して予防接種に関する宣伝、教育を行って、そして住民、村民が第一種類のワクチンを受けるようにを組織しなければならない。四つ目は奨励のメカニズムを確立することです。県級以上の人民政府は予防接種の仕事を引き受け、かつ著しい成績と貢献をした接種部門とそのスタッフに奨励すべきです。

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved