DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
大連市人民政府事務庁は、農村の人居環...
大連市人民政府事務庁は、農村の人居環境整備試験点の模範作業を推進するための指導の意見
2018-08-14

 各関連部門は、農区市の人民政府に関連して、各関連部門の各関係部門:

 

 中国共産党遼寧省委員会事務庁遼寧省人民政府事務庁が発行した『遼寧省農村人居環境整備3年行動実施案(2018 - 2020年)」に関する通知農村の人居環境整備試点模範仕事の指導意見(遼農環治会(2018)1号)の精神は、私の市の農村人居住環境整備試験点の模範作業を加速させ、複製することができる成功経験を探ること、市政府の同意を経て、次のような意見を示した。

 

 一、仕事の目標

 

 2018年末までには、農村人居住環境整備年度の任務計画を完成させ、この地域に適した農村の人居環境整備パターンと方法を形成し、2019年、2020年に全面的に整備した堅固な仕事の基礎を築き上げる。

 

 二、試点任務

 

 (一)村容村を治める。公共の空間と庭園の管理を展開して、私を取り壊して乱建して、雑然として放浪する。建築設計の下郷を展開して、地域の特徴、伝統的な習慣、民族の特色などによって、農村の人居住宅建設の標準図集を編成して、農村の建築風貌を高める。農作物のわらの総合的な利用を推進して、農作物のわらを減らして勝手に露天の焼却を禁止する。村の緑化を実施し、雑地を利用して植林を展開し、緑の生態村を完成させるよう努力する。農村の主幹道路照明施設の量を適量に増やし、村の公共照明施設を整備する。村の道と農村道路の道路の領域内の草積み、ふん、ごみの山と非道路の標識を全面的に整理して、力を助力して美しい快適な田舎の建設を助力する。

 

 (二)農村の生活ゴミを治める。地質によって、地元のゴミの管理に適した管理方式を確立し、ごみ収集と集中処理施設の配置を完備し、農村生活ゴミの管理システムの確立と整備を加速し、長効実行管理メカニズムを確立し、保養隊の建設を強化し、環境衛生管理保証度を充実させ、非正規のゴミ置き場を強力に展開する排他的な問題を解決するために、ゴミの分散積み込み、任意の管理などの問題を解決することができる。

 

 (三)農村の生活汚水を治める。農村の汚水管理を積極的に着実に推進し、農村の水体汚染を重点として、農村の水体の品質と環境を改善する。原則的に上城鎮化の程度の高い郷(鎮)政府の所在地は汚水処理施設を建設し、セットにしてパイプを集め、効率的に運行する。条件を備えた村は、設計案を最適化し、運行コストを低減し、汚水収集管網や小型一体化汚水処理装置(又は分戸小型汚水処理装置)を建設することによって、村民がトイレ、炊事、洗濯、シャワーなどの一環で発生した汚水集中収集処理を行う。実地条件では、浄水植物を栽培する酸化池を建設する。「大連市河(倉庫)の長制実施案」を厳格に実行し、家の前の家屋の後の川の池の溝を重点にして、清らかな浚渫を実施して、総合的な措置をとって水の生態を回復して、次第に農村の河道の黒臭い水体を除去する。

 

 (四)農産物を改造し、糞汚している。農村の無害化衛生トイレの建設と改造を全面的に実施し、農村のトイレの入戸建設を推進する。合理的に便所を変更し、トイレ革命を進める。大衆の受け入れ、経済の適用、メンテナンスの便利さ、公共の水体を汚染しないという要求に従って、異なるレベルの無害化衛生トイレを普及させます。同同期は糞汚治理を考慮する。畜産養殖業の発達した地区は農家のトイレの糞を汚して畜生の養殖廃棄物と一緒に資源化を利用する。

 

 (五)村の道を整備する。村のグループの道路、村の村の道路の硬化の建設を速めることを速めて、村内の道路の泥濘、村民の旅の不便などの問題を解決して、主要な街の道の両側に溝を持っていて、道路の雑物とごみを一掃する。郷(鎮)政府の所在地の道路網を整備し、道路はすべて硬化を実現し、排水、街灯などの付属施設がほぼ完備させる。

 

 (六)村の企画編成管理を強化する。農村計画の牽引を重点に強化し、農村の建設を効果的に管理し、新型の都市化建設を助成する。農民の意見を尊重し、郷鎮全体の計画、村計画の牽引作用を発揮し、実際的、実用的、実効を堅持し、科学編成と修飾の農村計画を堅持する。県域農村の建設計画の編成または修飾を全面的に達成し、各計画間の接続を重視し、「多則合一」を推進することを奨励し、実用性の村の計画編成の実施を推進し、村の計画管理の基本的なカバーを実現する。政府組織の指導、村委員会は、主体的な役割、技術単位の指導を行う計画編成メカニズムを模索し、村の主要な内容は、村の規定に組み入れられる。農村の建設計画の許可管理を強化し、違法な用地と建設調査のメカニズムを整備する。

 

 (七)建設と管理メカニズムを確立する。長効の安定した農村の人居環境整備メカニズムを重点において、長期にわたって整備の成果を強固にする。農村の人居環境の整備に対する指導を強化し、市、県、郷、村の4級の責任の体系に従って、基本的に制度があって、標準があって、隊列があって、経費があって、監督を監督する村の人居環境の管理の長効のメカニズムがあります。専門化、市場化の建設と運営管理を奨励し、条件がある地域は城郷のごみの汚水の統一計画を推進して、統一建設、統一的な運行、統一的な管理を推進する。環境治理依存料金制度を推進し、サービス成績の評価メカニズムを健全化する。ごみの汚水処理農家料金制度の構築を模索し、財政手当と農家の有料の合理的な分担メカニズムを整備する。村の組織、農村の「職人」を優先して、村の環境整備、村内道路、村鎮緑化などの小型技術プロジェクトを優先的に支援する。職業訓練を展開し、地元の農民を村内の公益性インフラストラクチャの維持に重要な力になる。農村人居住環境整備建設プロジェクトは、具体的な審査部門が実際の状況に基づいて、審査のプログラムと入札プログラムを簡素化し、建設コストを低減し、工事の品質を確保する。

 

 三、仕事の措置

 

 (一)組織の指導を強化し、部門の責任を実行する。各関連区の県(先導区)は、分業、責任、プロジェクトの落地、資金使用などの作業を行い、具体的な仕事措置、スケジュール、路線図を明確にしなければならない。郷鎮は責任部門を明確にして、具体的な組織の実施を担当して、村は特別な人が責任を負うことになります。各級の政府及び関連部門は人民を中心として、政権のための国民の理念を堅持し、農村の人が環境を整備して現在の重要な任務として、衛生村鎮を創建するために、しっかりとした重要な仕事を推し進めなければならない。

 

 (二)村人の主体を強化し、内生の動力を刺激する。人民を中心とした発展思想を堅持し、農村の基層党組織の核心的役割を発揮し、党員の模範としての役割を発揮し、農民が文明を崇拝し、新しい風を樹立し、文明の健康な生活様式を育成する。「一件一議」の民主決定メカニズムを駆使し、農村人居住環境整備プロジェクトの公示制度を整備する。保護林員、保護路士、水道管員、防火員などの関係者は農村の人居環境の整備に参加しています。政府、村の集団、村民などの各方面で共謀して、共に建てて、共有して、共有して、共有のメカニズムを共有して、村民が十分に権力を行使することを保障する。村の規則を発揮して、住民の環境衛生意識を強化し、村民の環境整備と環境保護の積極性に参加して、政府の一望、大蔵大蔵、借金の建設を避ける。

 

 (三)経費を整備し、力を集中して支持する。市、県の投入を中心に、中央、省の補助の政府がシステムを投入する。中央と省の財政補助資金を積極的に努力し、市の財政に傾斜の力を投入し、「賞賛治」と「賞代補完」に関する制度を充実させ、農村の環境基盤施設の建設と運用資金を合理的に保障する。各級の財政部門は、規定の基準に従って、農村の保養者の給料とごみの整備の維持費を遅滞して支払う。さらに、財政支出構造の調整をさらに最適化し、農村の人居環境整備と執務の運行経費を、本級財政予算に組み入れていく。資金の幅を広げ、中央財政予算内の資金を積極的に努力し、様々な資源を統合し、力を集中させ、資金保障を提供する。

 

 (四)仕事計画を立て、丹念に組織して実施する。「大連市農村の人居環境整備3年行動実施案(2018 - 2020年)」に従って、2018年度の重点工作任務を確定し、年度の重点任務実施計画を科学的に制定する。異なる地域、異なるタイプの田舎の人々の居住環境の整備の重点とタイミングに基づいて、年度内時間のノードと任務を明確にして、路線図を実施し、労働期限を倒し、作業をして、着実に各仕事を推し進める。

 

 (五)試験評価基準を確立し、監督検査を強化する。都市の農村の人の居住環境の整備の実施案と国家、遼寧省の審査の基準と方法をもとにして、農村の人居環境整備の標準を制定して、関連区の市(先導区)を単位に検査検査を行っています。農村の人々の居住環境の整備の仕事を市役所の成績試験の範囲に組み入れて、試験に関連する区の市の幹部の政績の重要な内容として。組織は農村の人の居住環境の整備の訓練を展開して、整治基準によって標準的に標準的な管理を実施する。巡査監督制度を確立し、各整備の任務は期限の保質保証量の完成を推進する。

 

 四、仕事の要求

 

 (一)地製の都合を堅持し、精確な整備を実施する。各関連農区市の県(先導区)は、地元の経済的条件、環境基盤などの異なる条件に基づいて、力を尽くして、力を尽くして、その違いを取って農村の人が住んでいる環境の整備を実施することを採用し、集中して集まって、散りなければならない。写す、モード化し、一刀切りをする。

 

 (二)対口連絡を立て、部門を形成して力を合わせる。市、県の農村の人の居住環境の整備の仕事の指導部のメンバー単位の対口連絡制度を確立して、業界部門の農村の人居環境の整備の仕事の全過程の指導を強化する。各級の政府部門は仕事の職能に従って分業して、各職責を形成して、力を合わせて、共同で推進する。

 

 (三)動態巡査を組織して、定期的にスケジュールを展開する。各関連農業区の県(ガイド区)は農村の人居環境整備の巡査の仕事の力を増大させて、農村の人居環境の整備の仕事に対して動態管理を実行する。監督の通報制度を確立して、仕事の効果を治めるのが良くて、管轄区域内で直ちに表彰を通報する。日常の統計と定期的な手配を強化して、直ちに作業の進捗状況を把握して、時間のノードの任務の高い品質の完成を確保する。

 

 (四)郷愁を残し、歴史の文脈を続けている。農村の人居環境の整備を実施し、郷土の民風を重視し、地域の文化要素の保護を強化し、自然の姿と民族の特色を破壊することを禁止し、本来の自然生態資源を破壊することを禁止し、木を伐採し、山を掘ったり、湖を埋めたりしない。

 

 (五)世論の宣伝を強化し、良い雰囲気をつくる。各関連農業区の市は、適時に経験のよいやり方を総括し、整備の成果を固める。新聞、テレビ、インターネットなどの宣伝メディアを十分に利用し、農村の人々の居住環境整備の典型を広く宣伝し、社会の各方面の力を動員して農村の人々の環境整備の積極性に積極的に参加し、良好な社会的な雰囲気を作り、農村の人居環境の整備を深く推し進めていく。

 

 各試験点の模範地区および関連部門はしっかりと組織して実施しなければならなくて、農村の人の居住環境の整備の試験点の模範の仕事を推進して、適時に現場を開いて現地の成功の経験のやり方を普及させて、関連技術の標準を制定することを研究する。2018年12月10日までに、各農村部の農村人居住環境整備の仕事の牽頭部門は、地元の農村人居住環境を成功させた経験をして、書面を形成して、市の農村の人居環境整備の仕事リーダー事務室を形成する。

 

大連市人民政府弁公庁

 

2018年8月6日

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved