ホームページ > 政府機関 > 法律法規 > 大連市が『産業貧困扶助プロジェクト実...
大連市が『産業貧困扶助プロジェクト実施と貧困扶助特別資金使用管理の指導意見』を発表する

    このほど、市農業委員会、市財政局は『大連市産業貧困扶助プロジェクト実施と貧困扶助特別資金使用管理の指導意見』(大連農業発展局(2018)203号、以下『意見』という)を共同で印刷し配布した。

 

    『意見』は9部分に分け、産業貧困扶助活動の目標、管理プロセス、扶助重点、職責分業、扶持範囲、資金監督などの方面に対して明確に規定し、産業扶貧プロジェクトを指導し、扶貧特別資金の使用を規範化し、低所得村の貧困脱退の促進などに重要な指導的意義がある。「意見」の主な特徴は以下の通りです。

  

    一つ目は全市の貧困脱退の3年計画を提出することである。「意見」は、2018年には20%以上の低所得村が貧困脱退を実現し、2019年には40%以上、2020年には全ての低所得村が貧困脱退を実現すると提起した。「意見」の要求により、各区市が低所得村を組織し、2018年から3年間の産業貧困扶助計画をしっかり行って、産業貧困扶助プロジェクト倉庫を創立し、年々に実行する。

 

    二つ目は支援の重点を強調することである。『意見』では、貧困支援資金は産業プロジェクトを主として、土地株式協同組合を創立した低所得村に優先的に援助し、扶助資金を200万元以内とすることを要求している。

 

    三つ目は業績評価の制度を創立することである。『意見』は貧困扶助特別資金の業績評価の制度を確立し、貧困扶助特別資金の業績評価を貧困扶助活動監督と効果評価に組み入れることを提出した。市財政局と市農業委員会が貧困扶助活動監督と仕事の需要に応じて、貧困扶助特別資金の使用・管理状況について監督・検査を行うと予定している。


 四つ目は資金の使用効率をさらに高めることである。『意見』は、産業貧困扶助プロジェクトの審査後、区・市の財政部門が貧困扶助特別資金の予め割当金をプロジェクト建設の開始資金として利用し、プロジェクトの実施過程において、農業発展局が提供したプロジェクトの進度状況によって相応する資金の割当制度を創立することができる。

Copyright 2015 DaLian China.All Rights Reserved.