DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
大連市人民政府弁公庁による、農業にお...
大連市人民政府弁公庁による、農業における供給側の構造改革の促進及び、食糧産業経済の発展についての実施意見
2018-06-25

各地区・市・県の人民政府、各先導区管理委員会、市政府の各関連部門、各関係機関:

 

 『国務院弁公庁による、農業における供給側の構造改革の促進及び、食糧産業経済の発展についての実施意見』(国弁発〔2017〕78号)の要求を徹底的に実施し、『遼寧省人民政府弁公庁による、農業における供給側の構造改革の促進及び、食糧産業経済の発展についての実施意見遼政弁発〔2017〕137号』の精神に沿って、農業における供給側の構造改革を加速し、食糧産業経済を大いに発展させ、農業の質と効率を向上させ、農民の就職率と収入を上げさせ、および経済社会の発展を促進するために、市政府の同意を経て、以下のように実施意見を提出する。

 

 一、全体的な要求。

 

 (一)指導思想。全面的に党十九大精神を貫徹し、習近平の新時代の中国の特色ある社会主義思想を指導に、新たな発展理念と「四つの着力」「三つの推進」を徹底的に貫徹し、国家、省、市の決定に従い、国家の食糧安全戦略を全面的に実行し、農業における供給側の構造改革の推進を中心に、グリーンで良質な食糧製品の供給を増加し、市場化の情勢における農民の食糧販売難の問題を効果的に解決し、農民が持続的な収入と食糧の品質安全の保障を促進することを重点に、良質な食糧プロジェクトを実施し、食糧産業の革新的な発展を推進し、モデル転換と品質と効率を向上させ、より高レベル、高品質、効率的、持続可能な食糧安全保障システムを構築するために、産業基盤を固める。

 

 (二)基本的な原則。

 

 市場が主導し、政府が導くことを堅持する。市場の需要をガイドにし、市場の主体の重要性を強調し、市場の活力と企業の革新動力に刺激を与え、資源の配置における市場の決定的な役割を発揮する。食糧産業の発展における弱点と制約に対し、政府により計画と指導、政策支援、監督とサービスなどの役割を強化し、力を入れて産業発展の良好な環境を構築する。

 

 産業の融合かつ調和的な発展を堅持する。「大食糧」「大産業」「大市場」「大流通」の理念を樹立し、エンジンとあなる食糧の加工と転換の役割を十分に発揮し、倉庫、物流、加工などの食糧流通の各方面の融合を推進し、関連利益メカニズムで連動させ、全産業チェーンの経営モードを育て、第一、二、三産業の融合発展を促進する。

 

 革新的駆動と、質と効率の向上を堅持する。市場のニーズに応え、支えとなる科学技術革新の連動作用を発揮し、大衆の創業、創新を大いに推進し、体制とメカニズム、経営方式と商業モデルの革新を加速し、新産業、新業界などの新動能を積極的に育て、食糧産業発展の質と効率を高める。

 

 対象別な対応指導を堅持する。わが市の実際状況によって、自身の特徴に適した食糧産業発展パターンを選択する。統合的な協調と政策上の導きを強化し、産業の発展方式の転換を推進し、速やかに典型となる経験を総括し、全体の効率と持続可能を重視する。

 

 (三)主要目標。2020年までに、市場ニーズに適応する近代的な食糧産業の体系が初歩的に完成し、産業発展の品質と効率が明らかに向上し、より良く国家の食糧安全と農民の就職率と収入を保障する。グリーンで優良品質の食糧製品の有効供給が引き続き増加し、食糧の優良品率、食糧の産業増加値、食糧の加工と転化率及び、主要食品の工業化率が大幅に向上し、大型食糧産業化における大手企業と食糧産業クラスターの牽引力が持続的に発展でき、食糧科学技術の革新力と食糧の品質安全の保障能力がさらに向上していくことが目標である。

 

 二、食糧産業の主体を育成・拡大する

 

 (四)食糧企業の発展活力を強化する。『大連市人民政府による食糧等の重要な農産物の収入と蓄積制度を完備するための実施意見』(大政発[2017]54号)を徹底的に実行し、国家、省による稲とトウモロコシの買収価格政策を厳格に実行し、努力して買収資金の保障メカニズムを完備し、多元化の主体がわが市に積極的に誘導し、厳格に食糧買収の良質と高価格を実施し、市場のニーズにより価格等級をつけ、農民の利益を損なうことは絶対ない。食糧を買収する人員、買収する資金、食糧を保存する場所を確保し、農家の利益を保証する。国有食糧企業の改革を深化させ、国有食糧企業制度の革新を推進し、経営メカニズムの転換を加速し、「生産・購入・蓄積」連動のメカニズムを構築し、産業チェーンを延長・拡大する。食糧買収と経営活動に従事する多元食糧市場の主体を育成・発展し、統一、開放、競争、秩序ある食糧市場体系を整備する。(市商務局、市国有資産監督管理委員会、関係する食糧区市・県政府、先導区管委員会などの担当者)

 

 (五)食糧産業化の大手企業を育成・増加する。市場構成資源の決定的な役割を十分に発揮し、核心となる競争力と業界牽引力を持つ食糧産業化の重点企業を育成・支援していく。大手企業と新型農業経営主体が、農家を安定した利益連帯メカニズムを構築し、良質な食糧品種の栽培を導き、農民収入の増加を促進する。総合力が強く、役割の大きい優れた骨幹企業を選び、食糧市場のコントロールシステムに組み入れ、企業が担うべき社会的責任と義務を明確にする。(市商務局、市発展改革委員会、市農委員会、農業発展銀行大連市分行、関係する区・県・政府、先導区管委員会などの責任者)

 

 (六)多元化お主体の共同発展を支持する。骨幹となる企業の模範的な役割を発揮し、多元化の主体が様々な形式の協力と融合を展開し、食糧産業化を強力に育成・発展する。大手企業と産業チェーンの上流と下流の様々な市場主体との協力を強化し、優勢の相互補完を実現する。財産権の置き換え、株式の譲渡、ブランドの統合、合併と再組み合わせなどの方式を奨励することで、食糧産業資源の最適化を実現する。(市商務局、市発展改革委員会、市農業委員会、市国有資産監督管理委員会、市経信委員会、市商工局、関係する食糧区市・県政府、先導区管委員会などの責任者)

 

 三、食糧産業の発展方式を革新する

 

 (七)全産業チェーンの発展を促進する。経営管理方式と商業モデルの革新を加速し、積極的に新産業、新業界を育成し、食糧産業の発展の質と利益を向上させる。食糧産業化の大手企業を育成することを通じて、新型の経営主体と社会資本が食糧生産の流通分野への進出を推進し、食糧全産業チェーンの発展を促進する。地方の特色ある食糧食品の産業化を推進して、穀類や豆類などの特色製品の発展を加速させる。企業がグリーン食品、有機製品の認証を奨励し、市場の知名度を高める。食糧全産業チェーンの情報モニタリングや分析を展開し、需給情報の発表に力を入れ、食糧の需給バランスを導く。(市商務局、市発展改革委員会、市農業委員会、市商工局、市質監局、関係する食糧区市・県政府、先導区管委員会などの責任者)

 

 (八)産業クラスターの発展を推進する。遼寧省沿海経済帯の開発開放戦略と大連の「2つの先区」戦略を深く貫徹し、地域と資源の優位性を発揮し、科学的に計画し、合理的に配置し、食糧油食品加工のモデルとなる産業クラスターの建設を推進し、産業クラスターのインフラ建設により多くの力を入れる、産業クラスターの技術集積、産業融合、創業革新などの模範となる役割を発揮する。既存する食糧生産、加工、物流、倉庫貯蔵、販売、科学技術などの資源を統合し、食糧産業の産業クラスターを発展する。(市商務局、市発展改革委員、市経信委員会、市港口口岸局、関係する食糧区市・県政府、先導区管委員会などの責任者)

 

 (九)食糧の循環経済を発展する。食糧企業が多様な方法の探索を支援し、食糧油の副産物の循環、全体的と段階別の利用を実現し、食糧の総合利用率と製品の付加価値を向上させることを奨励する。グリーン食糧源、グリーンの倉庫、グリーンの工場、グリーン園区を重点として、グリーンの食糧産業システムを構築する。食糧企業がをグリーンで、低炭素、環境保護の循環経済システムを確立し、単位製品のエネルギー消費と物質消費レベルを低減し、産業の省エネ・排出の減量を促進し、質と効率を向上することを奨励する。養殖業の発展新情勢に適応し、安全な環境保護の飼料製品を発展する。(市商務局、市発展改革委員、市経信委員会、市環境保護局、市農業委員会、関係する食糧区市・県政府、先導区管委員会などの責任者)

 

 (十)新業態を積極的に発展する。「インターネット+食糧」発動を展開し、新型農業経営主体、加工流通企業と各種の電気商企業の全面的な融合を促進し、食糧電子商取引を発展させ、ネット食糧店、主食台所、農商直供などの商業モデルを普及させることを奨励する。各種の販売方式と異なる包装規格を普及し、優良品質と優良価格、ネット上とネット下での融合を発展する。食糧文化資源の保護と開発の力を強化し、愛食糧祭の食糧宣伝教育基地と食糧文化展示基地の建設を支持し、資源の優位性を発揮することを奨励し、対象別に食糧生産と観光旅行、田舎観光、体験消費などの組み合わせを推進する。(市商務局、市観光発展委員会、関係する食糧区市・県政府、先導区管委員会などの責任者)

 

 (十一)良質食糧プロジェクトに力を入れて実施する。大連市の「良質食糧プロジェクト」建設を大いに推進し、食糧生産後のサービス体系の建設、食糧安全品質検査監視システムの建設と「中国の優良食糧油」の活動計画を積極的に展開する。栄養、健康、科学、安全な食糧製品の開発を奨励し、製品の構造、ブランド育成、健康消費を完備させる。業界の信用システム建設を強化し、市場の秩序を規範化にする。(市商務局、市発展改革委員、市経信委員、市農業委員会、市商工局、関係する食糧区市・県政府、先導区管委員会などの責任者)

 

 (十二)食糧の輸出輸入口岸の環境を最適化する。わが市の「東北亜国際航運センター」の完備した港と集運体系の優位性を十分に発揮し、大連食糧輸出模範区の働きをさらに発揮し、大連食糧輸入モデル区の設立を推進し、転口貿易と国内貿易の連運を大いに発展する。食糧の輸出輸入企業を集め、国際的な有名な展示会に参加させ、海外への宣伝力を強化させ、穀類、豆類、ピーナッツなどの食糧の輸出を拡大する。食糧食品の輸出輸入の「緑の通路」を建設し、優先的な検査、通関予約を実行して、神速に通関できることを確保する。国の輸出の退税政策を実行し、食糧輸出企業に対する支援とサービスにさらに力を入れて、税金の手続きを簡素化にし、食糧輸出輸入の拡大に便利を提供する。(市港口口岸局、市商務局、大連税関、大連市税務局、関係する食糧区市・県政府、先導区管委員会などの責任者)

 

 四、食糧産業のモデル転換を加速する

 

 (十三)口グリーンで良質な食糧油製品の供給を増加する。米、小麦粉、食用植物油を加減よく加工し、地方の特色食糧食品の産業化を推進する。グリーン食品、有機食品、栄養食品などの新型製品を開発し、新型食品の原料、薬と食糧食品の開発と応用を強化する。多元化、個性化、個人的な製品の供給を増加し、良質食糧製品の栄養アップグレードを促進し、都市と農村の住民の「食べていける」から、食生活の栄養、健康」への変化するニーズを満足する。(市商務局、市農委、市経信委員、市食品薬品監督局、関係する食糧区市・県政府、先導区管委員会などの責任者)

 

 (十四)主食産業化を大いに促進する。米、粉、トウモロコシ、穀類、芋類などの主食製品の工業化生産、社会への供給などの産業化を支持し、インスタント食品や冷凍食品も大いに発展させる。主食産業化モデルの建設を展開し、「生産基地+中央キッチン+飲食店」「生産基地+加工企業+商超販売」などの新モデルを展開する。伝統的な主食製品を保護・発掘し、品種を増やす。主食製品と他の食品の融合革新を強化し、個性的機能を持つ主食製品の開発を奨励・支持する。(市経信委員、市農委員、市商務局、関係する食糧区市・県政府、先導区管委員会などの責任者)

 

 (十五)食糧の精深加工と転化を加速する。国家政策の要求に従って、トウモロコシの精深加工企業の買収と新なに生産されたのトウモロコシ加工の補助金政策を実施し、トウモロコシの転化能力を向上させる。食糧のカビ問題、重金属超量、賞味期限切れなどの処理メカニズムを確立する。食糧産業企業が、環境保護、エネルギー、医薬、化学、飼料などの精深加工分野へ発展することを支援する。飼料企業の安全、効率、環境保護の新型飼料と飼料添加物の生産を奨励する。特色ある家畜、特種水産養殖業の飼料製品を開発し、飼料工業の発展空間を開拓し、飼料製品ブランドの影響力を高める。(市商務局、市発展改革委員、市経信委員、市食品薬品監督、市科学技術局、市商工局、関係する食糧区市・県政府、先導区管委員会などの責任者)

 

 (十六)食糧倉庫貯蔵施設と資源を統合する。株式、ホールディングス、融資などの様々な形式を通じて、国有資本の働きを発揮し、食糧倉庫蓄積業のサービス範囲を拡大する。多様な通路で既存の国有食糧企業の倉庫貯蔵施設の用途を開発し、新型農業経営主体と農家に食糧生産のアフターサービスを提供し、加工企業に倉庫保管サービスを提供し、先物市場にサービスを提供し、「インターネット+食糧」経営モードに倉庫サービスを提供し、都市部と農村部の住民に食糧配送服を提供する。生産販売区の産業協力を強化し、条件を備えた食糧油物流が食糧倉庫の物流サービスを提供することを支持する。(市商務局、市国務委員、大連証監局、市港口口岸局、関係する食糧区市・県政府、先導区管委員会などの責任者)

 

 五、食糧科学技術革新と人材支持を強化する

 

 (十七)食糧科学技術革新と科学技術成果の転化を普及する。革新的な要素を企業に集め、「科学技術で食糧を振興させるプロジェクト」を深く実施し、食糧産業の産学研連携を加速し、食糧科学技術成果の産業化を促進する。国内外の食糧品質検査技術基準の比較及び不合格食糧処理の技術などの応用を強化し、輸出輸入食糧検査検疫技術の手段と朱淳を向上させる。備蓄庫のグリーンな貯蔵、農家の科学的なの貯蔵、食糧の乾燥、省エネ、クリーンエネルギー乾燥などの技術を普及させ、食糧科学技術資源の開放と共有を推進する。(市科学技術局、市環境保護局、市教育局、大連税関、市商務局、関係する食糧区市・県政府、先導区管委員会などの責任者)

 

 (十八)グリーン食糧技術を普及させ、食糧流通施設の近代化を向上させる。低温貯蔵、準低温貯蔵と機械通風などのグリーン貯蔵技術を大いに普及させ、食糧品質を効果的に保障し、質と効率を高める。先進的な食糧油加工と深加工技術を普及させ、スマートロボットとネットワーク技術を導入し、分倉貯蔵、分類加工を導入し、製品加工の付加価値を向上させる。多様なルートで、既存の国有食糧企業倉庫の設備能力を向上させ、効率的、環境保護、インテリジェント化機械設備と物流設備の食糧作業における幅広い応用を推進し、食糧流通作業効率を向上させる。(市の科学技術局、市経信委員、市商務局、関係する食糧区市・県政府、先導区管委員会などの責任者)

 

 (十九)人材保障メカニズムを健全にする。「人材で食糧を振興させるプロジェクト」を実施し、人材発展体制の改革を深化させる。政府の購買サービスを探索するなどの方法で、企業育成の主要な役割を発揮し、食糧農業技術の育成の目的と実効性を向上させる。政産学研提携の育人モードを整備し、業界の不足する実用的な人材を育成することを加速する。高等学校、職業院校が、食糧産業関連の専門と課程を開設し、食糧業界の従業員としての技能水準を向上させ、専門の人材を育成し、技術に詳しい労働者を支援し、食糧経営の職業経営者を育成し、現代の農業発展に必要な新農民を育成することを模索する。(市教育局、市商務局、市人社局、関係する食糧区市・県政府、先導区管委員会などの責任者)

 

 六、食糧産業発展の基礎を固める

 

 (二十)食糧産後サービス体系を建設する。食糧収穫と貯蔵制度の改革と農業の適度な規模経営の需要に応えて、倉庫の施設資源を統合し、専門化、市場化した食糧生産アフターサービスセンターの建設を推進する。わが市の生産食糧大県(普蘭店区、瓦房店市、荘河市)の範囲内において、食糧生産アフターサービス体系の建設を展開し、収穫と貯蔵、乾燥、加工、配送、販売が一体化した食糧産アフタービスセンターの建設と改造を推進する。農家に食糧の「五代」(整理、乾燥、貯蔵、加工、販売の代理)サービスを提供し、農家の科学的な食糧貯蔵を推進し、食糧の質向上の損質減少、及び農民収入の向上を促進する。(市商務局、関係する食糧区市・県政府、先導区管委員会などの責任者)

 

 (二十一)現代食糧物流体系を完備させる。食糧物流インフラと緊急供給システムの建設を強化し、物流のレイアウトを最適化し、物流通路を整備する。生産販売区企業の協力を強化し、食糧物流と情報化の融合発展を加速し、食糧物流情報の共有を促進し、物流効率の向上を奨励する。加工企業に倉庫保管サービスを提供し、物流輸送ネットワークを完備し、インスタント食品、冷凍食品などの輸送方法を普及させる。(市港口口岸局、市交通局、市商務局、大連税関、関係する食糧区市・県政府、先導区管委員会などの責任者)

 

 (二十二)食糧品質の安全保障システムを健全あせる。食糧品質検査機構の建設と国家監視機構の資質の申請を支持する、市・県の食糧検査監視機構及び受給企業実験室の運用資金、人力資源の投入を保障し、食糧品質安全検査監視システムの建設を健全化し、市・県監視機構と受給企業実験室の3級連動、相互通信の機能構成と実行メカニズムを形成させる。食糧安全検査監視能力を全面的に向上させ、食糧品質調査、品質測定、安全リスクモニタリングを展開する。食品安全基準に合わない食糧が食糧市場に流通して、食品加工に利用されることを防ぐ。口岸リスク防止と実際規制を強化し、農産物密輸の総合管理を深く展開し、一連の密輸行動打撃を実施する。(市商務局、市発展改革委員、市農業委員会、市財政局、市人社局、市食品薬品監督局、市質監局、大連税関、関係する食糧区市・県政府、先導区管委員会などの責任者)

 

 七、保障措置を完全させる

 

 (二十三)財税支援を強化する。財政資金の支持的牽引力を発揮し、社会資本の投入を積極的に誘導し、食糧産業の加速発展を推進する。関連資金を統合に利用し、食糧倉庫の物流施設、食糧流通産業プロジェクト、優良品質食糧プロジェクトなどの建設を支援し、穀物(油)大県への奨励政策を実施し、食糧産業のモデル転換とグレードアップを促進する。食糧収穫と貯蔵制度の改革を深く推進し、食糧生産者補助政策と農業機械補助政策を実施し、食糧リスク基金をよりよく使用し、備蓄食糧監督とマクロコントロール能力を強化し、地域の食糧安全を確実に保障する。(市財政局、市発展改革委員、市商務局、市農業委員会、関係する食糧区市・県政府、先導区管委員会などの責任者)

 

 (二十四)金融保険支援政策を健全化する。銀行と企業の協力プラットフォームを積極的に建設し、金融機関が食糧産業の発展と農業産業化の重点企業に対する信用支援を強化することを導く。政策的銀行が金融機能を発揮することを促進し、食糧市場化した信用業務を積極的に展開する。政策的銀行が、それぞれの優勢を十分に発揮し、個別化した信用製品とサービスモードを開発し、食糧産業経済に対する信用支援を強化する。積極的に先物会社の革新サービスの実体経済の新モードを導き、「保険+先物」業務の試点を徐々に拡大し、保険機構の革新的な保険製品を奨励し、食糧生産に対する保障水準を常に最適化する。(人民銀行大連市中心支行、市商務局、市金融局、大連銀監局、大連証監局、大連保監局、農業発展銀行大連市支行、関係する食糧区市・県政府、先導区管委員会などの責任者)

 

 (二十五)組織の指導を強化する。各地域は食糧産業の経済発展を高度に重視し、現地の食糧産業の経済発展を推進するための実施意見や計画、法案を制定し、統合と協調を強化し、職責分業を明確にする。精確的な貧困扶助、精確的な貧困脱離の要求を結び付け、食糧産業における貧困扶助を大いに展開する。食糧部門は、食糧産業発展に関する仕事の調整を担当し、産業園区の建設を推進し、食糧産業経済運行への監視を強化する。改革を発展し、財政部門が重要政策、重大工程と重大なプロジェクトに対する支援を強化し、財政投入の誘導役割を発揮し、より多くの社会資本の食糧産業における投入を促進する。各関連部門は、職責の分業によち、対応する措置と部門の協力メカニズムをしっかりとしっかりと整え、力を合わせて食糧産業の経済発展を推進すべきである。(市商務局、市発展改革委員、市財政局、市農業委員会、関係する食糧区市・県政府、先導区管委員会などの責任者)

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved