DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
大連市人民政府事務所がソフトウェアお...
大連市人民政府事務所がソフトウェアおよび情報サービス業発展をサポートするいくつの政策の印刷・発行に関する通知
2018-06-11

    各区市県の人民政府、各先導区の管理委員会、市政府の各関連部門:

 

    『中国共産党大連市委員会・大連市人民政府が、全面的に行政のスリム化と権限移譲、緩和と管理の結合、サービスの最适化改革に関する実施意見』(大連委員会発行[2017]35号)の精神を徹底させ、監督管理の方式を切実に変え、監督管理の有効性を向上させ、商事制度の改革成果を強化するため、現在では、上海を基準にしてわが市の実情と結びつけた後に2つの通知、2つのフィードバック、2つの追跡、2つの公示、2つの評価、2つのランダムの「6つの2つ」の監督管理方式を全面的に推進することについて、次のような実施意見を提出する。

 

    一、全体要求

 

    (一) 指導思想

 

    中国共産党第19回全国代表大会の精神を徹底させ、党中央、国務院、省委員会、省政府が行政のスリム化と権限移譲、緩和と管理の結合、サービスの最適化について改革を真面目に実行させ、政府機能転換の施策と部署を加速し、政府の監督管理方式を革新し、「6つの2つ」 の監督改革を突破口にして、事前審査を重視するのを事後監督管理を重視することに転換するのを推進し、政府の公信力と実行力を絶えず強化し、さらにビジネス環境を最適化し、人々が気に入る政府の建設を加速し、わが市の経済が持続的によくて発展できるために良好な制度保障を提供する。

 

    (二)基本原則

 

    1.法律に従って行政権力を執行し、規則に従って管理する。各ランクの政府と部門が、法律、法規と規則の要求に従って、監督管理制度を確立し改善し、監督管理の措置を実行し、「6つの2つ」の監督管理方式が現行の法律内で合理的に実行られることを確保しなければならない。

 

    2.権力と責任を明確にして、積極的に職責を果たす。『大連市人民政府事務所が大連市市場主体監督管理職責リスト(2017版)の印刷・発行に関する通知』(大連政府事務所発行(2017)168号)に基づいて、政府の各監督管理部門の監督責任と職能の限界をさらに明確にして、各部門が職責を正しく果たすのを確保し、不作為(やろうとしない)、乱作為(やればめちゃくちゃ)と職務怠慢や涜職などの違法行為について追究を強化する。

 

    3.積極的に協力し、共同で連動式に行為する。各レベルの政府と部門が、全市における「放管服」(権限移譲、緩和と管理)の改革を深化させ、ビジネス環境の最適化を重点に強化する立場から、「6つの2つ」の監督管理方式の改革を推進している間に、積極的に協力し、共同で連動式に行為し、本地区、本部門の各階層の業務を統一的に計画し、調整し、それに事中事後の監督管理プラットフォーム(以下、監視プラットフォームと略称)の関連機能を十分に運用し、情報共有、職能相互補完により、だんだんに情報を各部門に共有し、連動式な監督管理を実現し、死角がない完璧な監督管理ネットワークを形成する。

 

    二、具体的な措置

 

   (一)市場の前期情報を知らせるサービス、及び市場の主体情報を関連審査部門、業界主管部門に共有する「2つの通知」の管理方式をを確立する。

 

    市の商工部門(市場監督管理部門を含む、以下のは同じ)が、申請者のために登記または経営範囲の変更を行う場合には、『遼寧省人民政府が発行した「遼寧省工商登記後置審査項目リスト」(以下『後置審査リスト』と略称)に従って申請者を通知しなければならない。営業項目に、審査し承認された後で経営できるリストの事項がある場合は、リストで規定されている審査部門に行って審査を申請する必要がある。承認がなければ、無断で関連経営活動をしてはならない。申請者は、商工部門に登録している際に、法定代表者(予定の法定代表者、担当者、経営者)またはその権限を有する代理人が署名した承諾書を提出しなければならない。商工部門に通知された審査事項および審査部門を知っていて、管理上の承認を得られる前に関連する事業活動に従事しないことを書面で約束する。

 

    商工部門が審査してライセンスを発給した後に、『後置審査リスト』に従って、企業、個人経営者、農民専業合作社(以下、市場主体と総称)の登録情報を監督管理プラットフォームに転送する。各行政許可審査部門や業界の主管部門が担当者を指名し、工商部門が市場主体情報を通知した日から5つの出勤日以内に知らせを受け取って、直ちにフォローし、積極的に職責を果たし、ちゃんと「ライセンスを取得した後に許可証明書を取得する前」の交替仕事に取り組む。

 

    (責任部門:商工部門;協力部門:各審査部門、各業界の主管部門)

 

    (二)許可証明書の審査部門が市場主体の登録情報について受信状況と関係許可証の処理情況を直ちに商工部門にフィードバックする「2つのインフィードバック」の監督管理方式を確立する。

 

    許可証明書の審査部門が監督管理プラットフォームにより商工部門から通知を受け取るとともに情報受け取る状況を商工部門にフィードバックする。

 

    許可証明書の審査部門が市場主体のための行政許可の処理をすませた後に、共同の行政審査流れが有効的なループを形成するために行政許可の処理状況を監督管理プラットフォームにフィードバックする。

 

    (責任部門:各審査部門;協力部門:商工部門)

 

    (三)許可証明書の審査部門が市場主体の許可証明書の処理及び後期の経営行為を追跡する「2つの追跡」管理方式を確立する。

 

    許可証明書の審査部門が市場主体を認知した後に、直ちに「ライセンスを取得した後に許可証明書を取る前」の追跡・監督管理をして、許可証明書を取得していない、許可証明書が失効していて、または許可証明書が取り消られ、取り上げられ、ログアウトられたでも関連業務に従事する市場主体に対して法律に従って調査および対処する。許可証明書の審査部門が市場主体に対して許可証明書の取り消し、取り上げ、ログアウトを決めた後に、直ちに商工部門に通知し、かつ期限で経営範囲の変更登録または登記のログアウトを処理しように命じなければならない。

 

    「審査した人が監督管理;主管した人が監督管理」の原則に基づいて、許可証明書の審査部門が市場主体が行政許可を取得した後の経営行為に対して、監督管理責任を実行し、法律に従って監督活動を展開する。

 

    「証照分離」(許可証明書とライセンスが分けて取得する)、「照後減証」(ライセンスを取得した後に許可証明書を取得する必要がない)の過程において、行政許可と記録を取り消す事項について、元の許可と記録部門が業界主管部門として、監督管理の追跡をちゃんと行うべきである。

 

    (責任部門:各審査部門、各業界主管部門)

 

    (四)行政審査情報と行政処罰などの監督管理情報の「2つの公示」管理方式を確立する

 

    政府の各関係部門が、『遼寧省人民政府事務所が遼寧省政府部門の企業に関する情報の統一的な公示作業の実施方案を印刷・発行するに関する通知』(遼寧省政府事務室発行(2016)104号)と『大連市人民政府事務所が大連市政府部門の企業情報を公示する管理実施方法を印刷・発行するに関する通知』(大連政府事務室発行〔2016〕147号)の関連要求に従って、行政許可や行政処罰などの企業に関する情報を国家企業信用公示システムにより社会に公示する。

 

    (責任部門:各企業に関する集まり情報の公示部門;協力部門:商工部門)

 

    (五)人民大衆の生命財産安全と密接に関連する特殊な製品の安全指標評価及び業界性、普遍的な問題評価の「2つの評価」監督管理方式を確立する。

 

    上海浦東新区の「2つの評価」の仕事を標準にして、遼寧省自由貿易区の大連片区に試行し、国家の強制的な基準に従って重点業界と特殊な商品に対して安全リスク評価を展開し、一時的に国家の強制的な標準に含まれない業界と商品に対して、各業界の主管部門が業界のリスク評価メカニズムを構築することを探求しなければならない。業界のリスク評価により、持続的に監督管理の標準と規程を最適化し、分類と動的な監督管理を実施し、リスクのミニマムを厳守し、業界の健全な発展を促進する。一方、各業界の主管部門とクレジット情報サービス機関が、公共信用サービスプラットフォームと国家企業業情報公示システムなどの政府情報プラットフォームを十分に運用することにより、公共信用評価の仕事を進める。各業界の主管部門が、評価結果に基づいて「2つのランダム」の検査回数を調整でき、クレジット情報サービス機関が信用評価により市場のリスクを解けられる。成熟して経験があった後、全市に普及する。(責任部門:品質監督部門、協力部門:遼寧自由貿易区大連片区管理委員会、市発展改革委員会、各業界主管部門)

 

    (六)「2つのランダム、1つの公開」の監督管理改革を進める

 

    『大連市人民政府事務所がランダムな抜け取り検査・事中事後監督管理を普及する実施に関する意見』(大連政府事務室発行〔2016〕84号)に従って、各部門が「1つの注文、2つの倉庫、1つの細則」をさらに改善し、ランダムな抜け取り検査の死角がないのを実現しなければならない。「2つのランダム」抜け取り検査の間に、監督管理プラットフォームまたは本部門の業務プラットフォームにより抜け取り検査任務を生成し、ランダムに検査対象と検査人員を選出して検査の仕事を展開させることができる。検査が終わった後、検査の結果を社会に公開すべきである。

 

    (責任部門:政府の各法律執行部門)

 

    三、仕事要求

 

    (一)組織と指導を強化する

 

    各地区と各部門が、制度改革を深化し、ビジネス環境を最適化し、人民が気になるサービス型政府を建設するやり方から、「6つの2つ」監督管理方式の改革を高度に重視しなければならない。主要な指導者が本部門が「6つの2つ」監督管理方式を実行する具体的な措置を重要的に注目し、真面目に検討し、制定する。仕事制度を改善し、本部門が下部への指導と本級政府部門との間のコミュニケーション、協力をしっかりと行い、共同で監督管理のために努力するのを形成させる。

 

    (二)仕事部署をよくする

 

    各地区、各部門が積極的に「6つの2つ」監督管理方式を推進し、職責の分業と制度の要求に従って、持続的に管理監督の仕事を展開する。本部門の監督管理職責、機構設置、または法律法規が変化した場合には、監督管理仕事の調整をタイムリーに行って、そして調整状況を大連市の「先照後証」改革した後の事中事後管理監督工作指導チーム事務所に報告する。

 

    (3)責任実行を強化する

 

    各地域、各部門が、監督管理責任を積極的に実行し、内部の責任と分業を明確にして、人まで責任を分配し、「6つの2つ」監督管理方式が実際に効果を取得するのを確保する。真剣に職責を果たしておらず、「6つの2つ」の監督管理方法を執行することを拒否する部門および個人に対して、関係者の責任を追及する。

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved