ホームページ > 政府機関 > 法律法規 > 大連市人民政府が漢方医薬の発展を促進...
大連市人民政府が漢方医薬の発展を促進する実施方案(2018-2020)を印刷し分配する知らせ

すべての区市県の人民政府、先導区の管理委員会、市政府の委員会弁公室・局、市政府が直接に管轄する機関および関係する部門:

 

    市政府に許可され、『大連市が漢方医薬の発展を促進する実施方案(2018-2020)』を印刷し分配し、真面目に実施してください。

                   大連市人民政府

                    

2018年5月31日

           

大連市が漢方医薬の発展を促進する実施方案

                       

(2018-2020)

 

    『国務院が漢方医薬発展戦略計画要綱を印刷し分配する(2016-2030年)に関する知られ知らせ』(国発(2016)15号)と『遼寧省人民政府が漢方医薬の発展を促進する実施方案(2016-2020)』を印刷し分配する知らせ』(遼寧省発(2016)91号)の精神を貫徹し実行し、全市の漢方医薬事業が全面的に発展するように促進するため、本実施方案を制定する。


一、総体要求

 

    (一) 指導思想

 

    中国共産党第19期全国人民代表大会の精神を踏み込んで貫徹し実行し、習近平総書記新時代の中国特色ある社会主義思想を指導にして、「漢方医法」を真剣に徹底的に実行し、「四つの全面」戦略配置と市委員会や市政府の政策・配置をしっかりとめぐって、5つの発展理念をしっかりと樹立し、漢方と西洋医学の二つも大切の思想を実行し、漢方医の自身の発展法則を遵守し、漢方医の発展レベルとサービス質量を向上させることを中心として、漢方医の発展に影響する困難と問題を着力に解決し、漢方医のサービス分野を開拓し、漢方医が経済社会の発展を促進することにおける独特な役割を果たし、わが市が「健康大連」を建設し、先駆けて小康社会を建設し完成することために新しい貢献をする。

 

    (二)主要な目的

 

    2020年までに、漢方医のサービスシステムがさらに改善され、1,000人ごとに公立漢方病院でのベットは0.55枚に達し、有名な漢方病院、有名な医科、有名な医師、有名な漢方医企業、有名な薬品、有名な店が育まれきる;漢方医人材教育・育成システムが基本的に確立され、1,000人ごとの衛生機関の漢方医類の執行(助手)医師数は0.4人に達し;漢方医の予防と治療のレベルが大幅に改善され、漢方医療サービスの可用性と普及性が大幅に向上され、基本的に人々が漢方医のサービスを享受することできることを実現する; 漢方医が「治療の予防」における主な役割、ひどい疾病の治療における相乗効果、病気のリハビリテーションにおける中心的役割が基本的に確立される;大衆の医療負担を効果的に軽減し、漢方医が医療改革に参加することが人民もたらす利益がさらに果たす;漢方医の発展法則に適合する政策システムと管理体制がさらに健全され、漢方医が地方の経済社会発展に役立つ能力が大幅に向上する;漢方医産業の近代化レベルが著しく向上され、 「健康大連」の建設に堅固な土台を築く。

 

二、重点任務

 

    (一)漢方医療サービスを発展させる

 

    1.都市と農村をカバーする漢方医療サービスネットワークを完備させる。漢方病院が主体として、総合病院などのその他の分類の病院の漢方薬科室が幹として、下部の医療衛生機関が基礎として、漢方医の門診部と診療所を補足として、都市と農村をカバーする漢方医療サービスネットワークを全面的に建設している。県級以上の政府は、地域衛生計画で漢方医療資源を合理的に配置し、原則的に各県(市)ごとに1つの県が管轄する漢方医病院を設置しなければならない。すでに設立された公立漢方類医療機関は、撤回しない、合併しない、漢方の性質を変えない。総合病院、婦人保健機関などの非漢方類医療機関に漢方医科を設置し、郷鎮衛生院と団地衛生サービスセンターで漢方館、国医堂などの漢方医総合サービスエリアを設立し、漢方薬の設備と人員の配備を強化する。(責任部門:市衛生計生委員会、市発展改革委員会、市財政局、第1に書かれたはリード部門であり、以下のも同じである)。

 

  2.漢方薬の予防と治療の能力を高める。公立漢方病院が、基本医療サービスの提供、重篤な状況、複雑な疾病診療などの面での骨幹作用を十分に発揮し、漢方医療サービスの発展を速める。漢方医療機関のインフラ整備の条件を改善する。漢方医の特色ある専門科と臨床の薄弱な専門科、医療技術の専門科の建設を強化し、漢方医が優位性がある種類の病気への診療能力と総合的なサービス能力を高める。漢方医の臨床優位性育成プロジェクトを実施し、市、県級の漢方病院の能力建設を強化し、1つの国家級の漢方医専科専病診療センターと2つ以上の省級の漢方医専科専病の診療センターを創建する。下部における漢方薬のサービス能力の向上プロジェクトを継続して実施し、県級の漢方病院と下部における医療衛生機関の漢方薬の予防と治療能力を向上させる。漢方薬が突発的な公共事件に対して緊急ネットワークと応急救助工作に参加する協調制度を制定し、漢方薬の応急救助と重大な伝染病への予防能力を高める。漢方医の特色あるリハビリテーションサービスを発展させ、漢方病院の康復科の建設を強化し、一ロットの漢方医の特色あるリハビリテーションサービスの模範センターと技術普及センターを育成し、関連サービスの標準と規範を完備する。社会の力が漢方医リハビリ機構を催し、リハビリ病院が漢方薬科室を設置するよう励ますし、漢方医のリハビリ分野における専門技術者の配備を強化する。漢方医の高品質な医療リソースが下部に分配するよう励ますして指導し、医療サービスのクラスタ化発展を推進し、漢方病院と基層医療衛生機構、疾病予防制御機構が分業と協力している慢性病総合防治ネットワークと工作制度を確立し、漢方薬の内容と対応する健康管理モードを確立し、急速或いは低速を分けて診療を行う秩序の形成を快速する。(責任部門:市衛生計生委員会、市発展改革委員会、市財政局)

 

    3.漢方医と西洋医学の結合を促進する。近代的な科学技術を運用し、漢方医と西洋医学のリソースの統合、お互いにの協力、共同で革新を推進する。総合病院の漢方医、漢方医と西洋医学の結合の病院の建設を強化し、総合病院が一定の比例での漢方医の病床を設ける。総合病院での漢方医仕事の模範単位を建設する。漢方医と西洋医学の結合に対して革新研究プラットフォームの建設を強化し、漢方医と西洋医学の臨床協力を強化し、重篤な病気の共同研究を行って、独自の特色を持つ漢方医と西洋医学が結合する診療方案を形成し、重篤な病気や重病の臨床治癒効果を高める。重篤な病気に対して漢方医と西洋医の協力工作制度と模式を模索してながら確立し、漢方医と西洋医の結合のサービス能力を高める。漢方医と西洋医学の人材育成政策措置を完璧にして、高いレベルの人材の育成を強化する。(責任部門:市衛生計生委員会、市発展改革委員、市財政局)

 

    4.民族医薬の発展を促進する。民族医療機関の建設を強化し、社会の力が民族医学病院と診療所を経営するよう励ます。(責任部門:市衛生計生委員会、市発展改革委員会、市財政局)

 

 5.「インターネット+」の漢方医を推進する。漢方医療機関の情報化建設を強化し、漢方の遠隔医療、モバイル医療、知恵医療などの新型医療サービスモードを強力に発展させ、医学映像、検査報告などの健康ファイルを一体化する医療情報共有サービス体系を構築し、病院にまたがる漢方医療データ共有交換標準システムを形成する。インターネットの電子医者指示、電子処方箋などのインターネット漢方医療サービスの応用を探求する。モバイルインターネットなどの情報技術を利用してオンライン予約診療、待合注意、納付費用の書き、診療報告調べ、医薬品の配送などの便利なサービスを提供する。(責任部門:市衛生計生委員会、市発展改革委員会、市財政局)

 

 (二)漢方医の養生保健サービスを発展させる。

 

 1.漢方養生保健サービスシステムの建設を速める。二級以上の公立漢方医療機関にはいずれも「病気しない患者への診断」科室を設置し、郷鎮衛生院及び団地衛生サービスセンターには「病気しない患者への診断」の門診を開設しなければならない。漢方医の医療機関と社会の力が共同で漢方養生保健機関を経営するよう励まして、社会の力が漢方養生保健機関を経営するよう励まし支持し、漢方養生保健機関になりたい養生会所、温泉、ホテル、マッサージ店などのサービス機構を計画と秩序があって漢方養生保健機関になるよう育成する。いくつかの技術が上手で、信用が良好な漢方医の養生保健基地、グループとチェーン機構を育成する。(責任部門:市衛生計生委員会、市商工局)

 

 2.漢方養生保健サービス能力を向上させる。漢方医の「病気しない患者への診断」のプロジェクトを実施し、漢方病院、漢方医者が養生保健機関に保健相談、調理、薬膳などの技術支援を提供するよう励ます。多くのルートで漢方医養生保健サービスの人材を育成する。食品と薬物が同源原理により、漢方薬の成分がありや養生保健効果があり、食品安全生産基準に合致する製品を開発するよう励ます。漢方の経絡原理に従って、マッサージ、熱導、入浴などの機材を開発するするよう励ます。漢方薬業界の商標ブランド戦略の実施を推進する。健康文化、健康管理、健康保険が一体となる漢方医の健康保障パターンを探求する。(責任部門:市衛生計生委員会、市商工局、市食品薬品監督局、大連保監局)

 

 (三)漢方薬の健康養老サービスを発展させる。

 

 漢方薬が養老との融合発展を推進する。県級以上の公立漢方医療機関と条件がある郷級衛生機関が、様々な形の漢方医療リソースが養老機関、団地と住民の家に入る協力モードを探求し、養老のために漢方薬のサービスを提供する。漢方医療機関が高齢者向けの訪問サービスを展開するように激励する。医療機関が養老機関に一定数量のベッドを設け、医療リハビリテーション、養生などのサービスを提供するように激励する。条件のある養老機関は漢方診療、診療所などの機関を引き受けて経営するように激励する。養老機関が医療機関と緊密な協力関係を確立し、グリーン受診通路を確立し、高齢者に便利な治療を提供するように行う。漢方医者が養老機関で保健相談と調理サービスを提供するように励ます。社会資本が漢方薬を主とする健康養老介護院、療養院を新築するように激励する。(責任部門:市衛生計生委員会、市民政局)

 

 (四)漢方薬の健康観光サービスを発展させる。

 

 漢方薬のリソースが観光リソースとの高い融合を推進し、漢方薬の文化とサービスが観光地の仕事に入ることを展開する。いくつの漢方薬のリソースと観光リソースを融合させた漢方薬博物館、標本館、科学施設、漢方薬の植物園、漢方養生体験区などの漢方薬の健康観光プロジェクトを計画して建設する。漢方薬のリソースが観光リソースとの高い融合を推進し、漢方薬文化の伝播と体験をテーマにして、漢方医療のリハビリテーション、養生保健、文化伝播、ビジネス会展、漢方薬材料の見学と旅行が一体とする漢方薬の健康旅行を発展する。漢方薬健康観光商品、保健品の開発と生産を強化し、ブランド製品を形成する。漢方薬健康文化観光総合サービスエリア、博物館、標本館などをその他の観光項目と繋いで、大連地域の特色ある漢方薬健康観光路線を形成させる。(責任部門:市観光発展委員会、市教育局、市農業委員会、市衛生計生委員会)

 

 (五)漢方薬の継承を着実に進める。

 

 1.漢方薬の伝承と発展を強化する。漢方薬の伝承プロジェクトを実施し、漢方薬の伝承と保護を展開し、系統的に大連の歴史において名家の漢方薬学術理論、流派及び学説を整理と継承し、全面的な系統的に現代有名な老い漢方薬の専門家の学術思想と臨床診療の経験を継承し、漢方医にとって優位性がある病種の臨床基本診療の法則を総括する。漢方薬が民間における特色ある診療技術の調査、整理、研究評価と普及及び応用を展開する。漢方医の臨床診療技術、養生保健技術、リハビリテーション技術の選別を強化し、漢方医療技術のカタログ及び技術的な操作規範に対して研究を展開するように支持する。伝統的な製薬、鑑定、制作技術及び長期の間に従事する人の経験の継承と応用を強化する。(責任部門:市衛生計生委員会、市科学技術局、市教育局)

 

 2.漢方薬師承教育を強化する。漢方薬師承教育の育成システムを確立し、師承教育を全面的に学校教育、卒業後の教育と継続教育に組み入れる。医療機関が師承教育を発展するように激励し、師承教育の常態化と制度化を実現させる。有名な老い漢方薬の専門家の引き継くスタジオの建設を強化し、有名な老い漢方薬の専門家と長期に下部をサービスする漢方薬の専門家が師承のモードにより多くの段階の漢方薬人材を育成するように引きつけて激励する。(責任部門:市衛生計生委員会、市財政局、市教育局)

 

 (六)漢方薬の創新を着力に推進する。

 

 1.漢方薬の共同革新システムを健全させる。高等学校、医療機関と企業を主体として、多くの学科、部門をまたがって共同で参加した漢方薬の革新体制を健全させ、漢方薬の分野における科学技術の配置を完備する。関連科学技術専門項目、基金などを統一的に利用し、漢方薬関連科学技術革新の仕事を支援し、多学科攻関と漢方医と西洋医学が共同で強力する攻撃を展開し、漢方薬の科学技術革新能力の向上を促進し、独立知的財産権の形成を加速し、革新的な成果の知的財産化、商品化と産業化を促進する。(責任部門:市衛生計生委員会、市科学技術局、市教育局)

 

 2.漢方薬の科学研究を強化する。現代の科学技術と伝統的な漢方薬の研究方法を使用し、漢方医の基礎理論と弁証論治方法研究を深化させ、重篤な病気、ひどい伝染病の共同防治、よくある病気、多発症、慢性病に対する漢方薬の防治研究を強化する。漢方医にとって優勢がある病気、漢方医リハビリテーション、漢方薬の新しい薬物の開発および重大な科学研究成果の申告などの分野で突破を取得させる。漢方医の理論に基づく診療機器と設備の開発と普及をサポートする。(責任部門:市衛生計生委員会、市科学技術局、市教育局)

 

 3.漢方薬の科学研究評価システムを健全させる。漢方薬の特徴に合致する科学研究評価基準とシステムを確立し完備し、漢方薬の革新に役立つ激励の政策を研究して完備させる。同業者の評価と第3者の評価を導入し、プロジェクトの管理効率と研究レベルを向上させる。漢方薬の科学研究の成果の転化効率を高める。漢方医臨床治癒効果の評価と転化の応用研究を行って、漢方薬の特徴を満たす治療効果の評価システムを制定する。漢方薬飲片の使用に対して評価指標システムを制定し、漢方薬飲片の品質、処方箋の管理評価制度を確立する。(責任部門:市衛生計生委員会、市科学技術局、市教育局)

 

 (七)漢方薬産業の発展レベルを向上させる。

 

 1.漢方薬リソースの保護と利用を強化し、漢方薬が規範化に養殖して栽培するのを推進する。野生の薬材に対して保護プロジェクトを実施し、漢方薬リソース標本倉庫とデータベースを創立し、漢方薬リソースの動態監督システムを確立し、漢方薬の種類と質量のリソースに対して保護システムを確立する。良質の漢方薬の生産工事を実施し、大きな漢方薬の薬材生産基地、漢方薬の良種薬材の育成基地を創立する。漢方薬の基礎研究、繁殖技術と生産技術などの革新的な行動を実施し、漢方薬の薬材の総合開発を促進する。薬材生産組織の革新プロジェクトを実施し、漢方薬材の骨幹企業を育成し、「リード企業+基地+協同組合+農家」といったモードの新型の漢方薬の協力組織を育成する。漢方薬の品質保障工程を実施し、漢方薬材の生産サービスシステム、現代の流通システムと全行程遡及システムを構築する。大連における漢方薬材産業の規模がどんどん拡大し、等級が絶えず向上し、品質の保障システムが完備し、近代化レベルが絶えず向上し、良好な健康発展の方向に向かわせる。(責任部門:市経済情報化工作委員会、市食品薬品監督局、市農業委員会、市林業局、市科学技術局、市商務局、市衛生計生委員会)

 

 2.漢方薬工業の変革とアップグレードを促進する。高等学校と科学研究院の優位を発揮し、漢方薬産業の「産学研」の高い融合を推進し、漢方薬工業のデジタル化、ネットワーク化、インテリジェント化の建設を推進し、技術集積と技術革新を強化する。現代漢方薬、海洋薬物特色産業を育成し発展し、国内における薬材リソースと大連における海洋リソースの優位を発揮し、伝統的な漢方薬(民族薬)の有名な医者と薬方の開発と応用を強化し、優れた中成薬製品の二次開発と現代的な薬の形の産業化を加速する;海洋生物の薬用成分の抽出、分離と構造改変及びマイクロカプセル安定化などの新しい共同技術研究と産業化を推進する。漢方薬標準化の行動計画の実行を推進し、漢方薬産業における全てのチェーンに対して良質製品標準システムを制定する。漢方薬のグリーン製造プロジェクトを実施し、重金属やその化合物などの物質の使用量をだんだんに減らして漢方薬のグリーン製造システムを創立する。(責任部門:市経済情報化工作委員会、市食品薬品監督局、市科学技術局、市商務局、市教育局、市衛生計生委員会)

 

 (八)漢方薬文化を強力に発揚する。

 

 1.漢方薬文化を繁栄させる。国家、省の2級の漢方薬文化教育模範基地の建設で全市における漢方医療機関の漢方薬文化建設をリードし、「大医精誠」の理念を大力に提唱し、職業道徳の建設を強化し、良好な業界の風気を形成し、濃厚な漢方薬の文化的雰囲気をつくって、中医医療機関が漢方薬の文化伝播の主要なキャリアになるようになさせる。漢方薬の健康文化素養の向上プロジェクトを実施し、「漢方医漢方薬中国行-漢方薬の健康文化推進行動」を展開する。主流メディアのガイド作用を発揮し、新聞、放送テレビなどの主流メディアで漢方薬文化の宣伝を行う。(責任部門:市衛生計生委員会、市委員会宣伝部、市文広局)

 

 2.漢方薬の文化産業を発展する。漢方薬が文化産業との融合を推進する。漢方薬がラジオ、ニュース、出版、デジタル出版、観光飲食などとの有効な融合を促進し、新型の文化製品とサービスを発展する。いくつの有名なブランドと企業を育成し、漢方薬が文化産業との融合発展のレベルを向上させる。(責任部門:市衛生計生委員会、市委員会宣伝部、市文広局)

  

 (九)漢方薬の海外進出を積極的に推進する。

 漢方薬の対外交流と協力を強化し、漢方薬の国際貿易を拡大する。大連における漢方薬の特色ある優位を発揮し、積極的に「一帯一路」の建設に参与させる。漢方病院の対外協力プロジェクトの規模を拡大し、条件がある漢方医療機関が海外に行ってサービス業務を展開するようにリードする。漢方薬機構が漢方薬材の海外におけるリソース開発を展開し、漢方薬企業が海外に行って、海外における薬材の生産と流通の品質管理を強化するように奨励する。積極的に入国する漢方医健康旅行を発展し、いくつの外国に関する漢方薬養生保健観光基地を建設し、漢方薬のサービスアウトソーシングを引き受ける。漢方薬のサービス貿易の対外宣伝と推介を強化する。(責任部門:市衛生計生委員会、市商務局、市発展改革委員会、市観光発展委員会)

 

三、保障措置

 

 (一)協調制度を制定し、組織保障を強化する。

 

 市政府の副市長が責任を負うリードとする漢方薬の工作連席会議制度を確立し、全市の漢方薬工作を全体的に計画し調整し、関する政策措置の実施を指導し、督促し、検査し、連席会議室が市衛生計生委員会会に設置された。県級衛生計生管理部門は、独立の漢方薬管理科室を設立したり、専門管理者を増やしたりしなければならない。(責任部門:市衛生計生委員会、各区市県政府、各先導区管理委員会)

 

 (二)漢方薬事業発展の扶助政策を全面的に実行する。

 

 漢方薬の工作を経済社会の発展計画に組み入れ、漢方薬の事業発展を支援し、促進する全ての政策を全面的に実行する。財政支援の力を増やし、投入制度を完璧にする。基本薬物の目録で中成薬の品種と数量を増加し、絶えず基本薬物での中成薬の品質を高め、都市と農村の医療保険で漢方薬サービスに対する支援の政策を実行する。公立病院の総合改革では、漢方薬の飲片に対して加成政策を取り消さないで元のままに実施する。漢方薬の価格形成制度を改革し、漢方医医療サービスの有料項目と価格を合理的に確定し、中成薬の仮想価格を下げ、患者がもらった薬が多く、高いほど医者がもらった控除鈞、給料は高くなる制度を打破する。土地利用の全体的な計画と都市と農村の計画が実行られる場合において、市、県政府が漢方薬の発展必要を考慮し、漢方医医療、養生保健、漢方薬健康養老サービスなどの用地供給を合理的に手配する。(責任部門:市衛生計生委員会、市発展改革委員会(市物価局)、市財政局、市人社局、市土地住宅局、各区市県政府、各先導区管理委員会)

 

 (三)漢方薬の人材チームの建設を強化する。

 

 学校の教育、卒業後の教育、継続教育がそれぞれと繋ぐ及び師承教育が一貫している漢方薬の人材育成システムを確立する。重点学科、重点専科、漢方薬臨床研究の先端人材を重点として育成する。高等学院と職業院校が漢方医の特色あるリハビリテーションサービス、健康管理などの漢方薬健康サービスの関連専門を設立するよう推進し、漢方薬健康サービス分野の技術技能人材の設置を広げ、漢方薬健康サービス分野に関する職業を徐々に健全にする。全科医者の人材、下部における漢方薬の人材、民族医薬、漢方医と西洋医学の結合などの各種類の専門技能人材育成を強化する。多くのルート、多元化に各級の各種類の技能育成を展開し、学校と企業が協力して学校を運営するよう促進し、漢方医の臨床の不足な人材と漢方医の養生保健などの漢方薬技術技能人材を着力に育成する。漢方薬人材の評価制度を完備し、下部における漢方薬人材を引きつけて安定させる保障と長期な激励制度を確立する。(責任部門:市教育局、市衛生計生委員会、市人社局)

 

 (四)漢方薬のサービス許可を緩和する。

 

 非公立漢方医療機関の発展を積極的に促進し、社会資本が漢方医療機関を設立するよう励まして支持し、社会的と政府的な医療機関が許可、運行し始めるなどの方面で同等の権利を有していることを保証する。社会の力が婦人科、小児科、骨傷、アナル腸などの漢方医の専門病院を催し、漢方医の特色あるリハビリテーション病院、看護院を発展し、漢方医の特色ある老年病などのサービスを提供するよう励ますし、支援する。社会資本が経営する伝統的な漢方薬サービスのみを提供する伝統的な漢方診療所、門診部に対して、医療機関の設置計画、地域衛生発展計画は、配置制限を行わない。農村医師執業証明書を取得した漢方薬の技術者は、郷鎮と村には、許可された伝統的な漢方医の診療サービスのみを提供する伝統的な漢方診療所を設立することを許可する。執業証明書がある漢方医の専門技術者は、特に有名な老い漢方医が漢方診療部、診療所を経営し、或いは個人の行医に従事し、条件に合った薬品経営企業が漢方医診療所を経営するよう励ます。公立漢方医病院と社会に経営する漢方医療機関との業務協力を強化する効果的な形式と具体的な方法を探求するよう励ますし、さまざまな形式の人材交流と技術協力を展開する。(責任部門:市衛生計生委員会)

 

 (五)漢方薬情報統計と情報化建設を推進する。

 

 漢方薬情報統計制度の構築を模索し、漢方医療のリハビリテーション、養生保健、漢方薬の栽培及び生産加工、関連健康産業に対して、全面的な統計、分析を行って、漢方医が大連における産業構造調整中の貢献の比例を高めるために情報のサポートを提供する。漢方病院の情報インフラ整備を強化し、漢方病院の情報システムを整備する。漢方薬の総合統計ネットワークの直接な精算システムを確立する。市級の漢方薬情報の発表と監督プラットフォーム、及び漢方薬伝統知識の保護データベースを創立し、漢方館の健康情報クラウドプラットフォームの建設を推進する。漢方薬のビックデータの応用を強化し、電子健康ファイル、電子病歴の連続記録と異なるランクの医療衛生機関の間の情報の共有を実現する。(責任部門:市統計局、市経済情報化工作委員会、市衛生計生委員会) 

 

 (六)漢方薬の法治監督能力を高める。

 

 漢方薬の関連法律法規を厳格に実行し、適時に市の人民代表大会が地方法規を発表するよう申請する。法律に基づいて漢方養生保健協会、漢方薬協会などの業界協会組織を設立し、それらが業界標準の制定、サービスの品質、サービスの価格、サービスの内容、産業情報、製品の品質、人材育成などの方面にある作用を発揮し、業界協会が展開している業界の自律的な工作をサポートする。法律に基づいて漢方薬の監督管理を強化し、不法な行医、虚偽や違法の広告を発表するなどの行為を厳しく管理し、漢方医の医療市場の秩序を規範化する。薬品の生産、流通のプロセスの監督・管理を強化し、薬品の品質を保障する。漢方薬の認証管理を実行し、社会監督の作用を発揮する。(責任部門:市経済情報化工作委員会、市衛生計生委員会、市商工局、市食品薬品監督局、市民政局、市政府法制弁公室)

 

 (七)良好な社会雰囲気をつくる。

 

 ラジオ、テレビ、新聞などの伝統的なメディアやデジタルインテリジェント端末、モバイル端末などの新型のキャリアを総合的に運用し、漢方薬の文化知識を協力に発揚し、漢方薬が経済社会の発展における重要な地位と役割を宣伝する。漢方薬がキャンパス、団地、農村及び家庭に入ることを推進し、漢方薬の基礎知識を中小学の伝統文化、生理衛生の課程に組み入れる。同時に、社会組織の役割を十分に発揮し、全社会に「漢方医を信じ、漢方医を愛し、漢方医を使う」という濃厚な雰囲気と、漢方薬を共同で発展させるための良好な構造を形成する。(責任部門:市委員会宣伝部、市衛生計生委員会、市教育局、市文広局)

Copyright 2015 DaLian China.All Rights Reserved.