ホームページ > 政府機関 > 法律法規 > 『大連市が産業の発展をサポートする産...
『大連市が産業の発展をサポートする産業用地政策の実施細則』の文書の解読

    今、 『大連市が産業の発展をサポートする産業用地政策の実施細則』(以下『実施細則』と略称する)の制定に関する事情を次のように解読する。

   

    一、『実施細則』の起草背景

   

    党中央国務院が東北の旧工業基地を振興するための政策と部署、及びエンティティ経済コストを削減する全体的な要求を貫徹し実行するため、市委員会、市政府がコストの削減と要素の供給に取り組むことをエンティティ経済の発展切り口とすると提案した。現在、わが市が産業の発展をサポートする政策に不足点があり、重点プロジェクトの実行を保障する精度が足りなく、中小ミニ企業の創業初期において資金圧力が大きいなどの問題と短所が存在している。わが市の産業経済の転換とアップグレードを後押し、エンティティ経済の用地需要を保障し、企業用地のコストを下げるため、市政府が市土地住宅局が産業発展をサポートする用地政策を研究し制定するように組織する。

 

    二、『実施細則』の制定状況

 

    『実施細則』の革新性、実用性、実施可能性を保証するため、2007年以来において国家と省が発表した114の産業発展をサポートするに関する用地政策文書を整理し分類的に取りまとめた。市委員会が提出した「学習話し、上海と比較、思想解放、着実に実行する」という学習討論のイベント要求に基づいて、何度も上海、広州、深センなどの先進地区に行って見学し、全国各地の良い経験、やり方を収集し研究し、わが市の実情を結びつけて考え方を革新し、『実施細則』を起草した。『実施細則』は、第16期大連市人民政府第8回常務会に許可され、4月23日に正式的に実施した。

 

    三、『実施細則』の主な内容

 

    『実施細』は、総則、土地供給方式、土地供給年限と価格、監督とサービス、付則を含む五章十九条で構成されている。主な内容は次のとおりである。

  

    一、多種の柔軟な供地方式と供地政策を用いて土地資源の効率的な利用を促進し、産業用地のコストを切実に下げる。

 

    広範な調査により、現在においてわが国における工業企業の生命周期は一般的に20年ほどで、現在において産業用地の供給年限は一般的に50年であり、企業が20年運営した後に産業構造が市場の要求に適応しないのせいで土地の利用効率が高くなく、その他に土地の回収、取引、譲渡に支障もある。そのため、我々は、フレックスタイム譲渡、レンタルして譲り出された用地政策を制定した。その中には、工業用地の第一回の譲渡年数或いはレンタル年数は20年と設定した。土地使用年限を短縮するなどの措置により、企業のために約30 %の用地コストを下げることができる。このような政策で取得した土地が期限切れになった場合、企業の経営が良好で契約を継続する時に譲渡価格が元の譲渡価格を使用することができれ;企業の経営が下手である時、政府が直ちに土地を回収することができる。

 

    二、重点産業プロジェクトが精確に実行させるのを保障し、伝統産業の転化とアップグレードを推進する。

 

    土地譲渡の目的は一般的に居住、商業、工業に分けられる。例えば、産業用地が工業用途での譲渡方式を取ったら、重点プロジェクトが実行させるのを保障できない。わが市のビジネス環境を最適化にして、都市の企業を誘致する競争力を強化するため、重点産業プロジェクトが「産業をリードするプロジェクト」の看板方式を採用して土地を供給する。すなわち重点産業用地が取引する時、特定の産業プロジェクトの具体的な建設条件、生産要求などの内容を付く譲渡方式である。重点産業のプロジェクトが精確に実行させるように確保する。

 

    三、標準的な工場ビルの建設を励ますし、大衆創業、万衆革新を推進する。

 

    標準工場の財産権がレンタル、譲渡と登録に分けられる方法を提出することは、中小ミニ企業が創立初期において投資圧力と独立で工場建設の複雑なプログラムを免除することができ、時間コストを含む前期において創業コストを減らすことができ、産業特に新興産業の発展創業を推進し、誘致、産業資本を活発させる及び新産業、新業界を育成し発展する目的に達成することができる。

 

    四、企業が自有の土地を利用して容積率を高めることを奨励する。

 

    既存の自用土地を利用して容積率を増加させる工業企業に対して、土地代金を徴収しなく、用地の申請も必要しないで直接に不動産登録手続きを行うことができる。それは企業の発展のための土地需要を保証するだけでなく、効果的に土地利用の効率を改善し、集中的に土地利用の節約の効果を達成する。

 

    五、関連する監督と管理のサービス措置を制定し、「放管服」の改革政策を十分に実行する。

 

    今回に提出された産業用地励まし政策は、合理的に譲渡年数を確保により、土地の利用効率を向上させ、重点産業のプロジェクトが確精確に実行られるのを目指している。政策の導きと励ましの役割を発揮するため、政策の使用前と使用中の監督を強化しなければならないので、「誰が提案し、誰が審査し、誰が監督する」の原則を提出した。つまり、誰が出した土地の使用と生産運営条件は、誰が審査と監督を担当する。複数の部門が共同で連動して監督する政策を制定し、監督の担当者を明確にして、責任を細化し、事ごとに担当者がいり、職責ごとに担う人がいるのを確保する。

 

    サービスを強化し、産業用地の退出政策を制定し、企業自身の原因で開発や建設或いは運営ができないなら、企業は土地供給契約を解除することを申請することができる。要件を満たしていると判断される場合、残りの年限の土地代金を返済し、契約を解除する。企業の投資損失を効果的に下げることができ、土地資源の無駄遣いを避けることができる。

 

 

Copyright 2015 DaLian China.All Rights Reserved.