DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
大連市人民政府弁公庁、2018年大連市食...
大連市人民政府弁公庁、2018年大連市食品安全重点業務に関する通知
2018-07-13

 大連市人民政府弁公庁、2018年大連市食品安全の重点業務に関する通知

 

各区・市・県人民政府、各先導区管理委員会、市政府の各関連部門、各関係機関:

 

 市政府の同意を経て、今から『2018年大連市食品安全重点業務』を発表し、実際に結びつけて真剣に実行するようお願いします。

 

大連市人民政府弁公庁

 

2018年7月13日

 2018年大連市食品安全の重点業務

 

 

 

 党の十九大精神を全面的に貫徹し、習近平の新時代の中国の特色ある社会主義思想を指導し、省政府の「重実的な実行、実行を強化、実施する」という特別な行動活動を真剣に実行し、規制体制を健全化し、規制の基礎建設と能力建設を強化し、監督管理の方法を革新し、責任分担を強化する。食品安全な源管理と食品生産の全体過程のリスク防止を強化し、社会が徳道と法律を守る食品安全の文化を形成し、さらに食品の安全レベルを向上させる。

 

 一、食品安全の管理責任を固める

 

 (一)食品の安全責任を強化する。各地区、各部門は食品安全の仕事に対する組織の指導を強化し、食品安全の「党政同責」の要求を全面的に実行し、食品安全を重大な政治任務として完成し、食品安全を地方の党委員会が政府の指導者チームと幹部の総合試験に対する考察として、食品安全事故の「一票が否決する制度」を実行する。各級の食安委員会と事務室の総合協調、監督指導、審査、制度建設などにおける役割を確実に発揮し、仕事のメカニズムを健全にし、仕事の力を強化する。食品管理に対する経費と基層機関の執行能力建設の保障と投入を強化し、全市の食品検査測定サンプル量(短時間検査を含まない)が最低4件/千人、農薬や獣薬の残留食品の検査量が最低2件/千人であることを確保する。基層監督機関の規範化建設は90 %以上で着実に向上した勢いに保つ。全市13区の市政府とその職能部門が食品安全管理責任を果たす情況をランダムに監督する。食品安全分野における職務の怠慢を厳しく調べる。(各地区の市政府、各先導区管理委員会、市政府の食安委員会のメンバー機関、各関係機関は職責分業によって責任を負う)

 

 (二)国家食品安全モデル都市の創建と農産物の品質安全県の建設活動を進める。『遼寧省食品安全都市建設三年活動計画』を実施し、『国家食品安全モデル都市建設 遼寧省評価細則大連任務表』(大食安弁〔2018〕15号)を徹底的に実施し、わが市の国家食品安全建設テスト都市の建設作業を推進し、建設を全域の状態化管理に組み入れる。さらに、農産物の品質安全県の建設を進め、すでに命名された県の品質で農業を発展し、ブランドで農業を発展、グリーンな発展と消費安全を保障する役割を果たす。(各地区の市政府、各先導区管理委員会、市政府の食安委員会の関係機関は職責分業によって責任を負う)

 

 (三)食塩専門化管理体制を整備する。上役の要求に従って、塩業体制の改革を加速させ、省政府によって食塩品質安全監督の職能移転作業を行い、塩業の主管機関と食塩品質安全管理部門の執行を行い、各部門のそれぞれの職責を果たし、密接な協力を推進し、法に基づいて食塩専門化の監視を強化する。(市編集委員会は、市通信委員会、市食品薬品監督管理局は職責の分業によって責任を負う)

 

 二、源となる問題に焦点を合わせて管理を強化する

 

 (四)農業の生産環境を浄化する。大気、水、土壌汚染防止の行動計画を実行し、わが市の土壌汚染管理と修復技術の応用のテストプロジェクトの建設を推進し、農業が源となる汚染の防治を強化し、区域に分けて土壌の改良、地力の培肥を展開する。土壌の重金属の汚染防止の仕事を強化し、大気汚染と流域の水汚染の管理を強化し、農村環境の総合的な整備の力を増大する。重点業界の揮発性有機物管理を強化し、重金属の汚染物質排出基準を厳格に実行し、総量の制御指標を実行し、検査力を監視し、重点業界、企業に対する環境保護の執行を強化する。(市環境保護局、市発展改革委員、市経信委員、市農委員、市海洋漁業局は職責分業によって責任を負う)

 

 (五)養殖の源の監督を強化する。使用の禁止と制御措置を制定し、上役によって高毒高リスク農薬の淘汰作業を積極的に展開し、農薬を遡る情報のプラットフォームの建設を強化する。水産養殖用薬の減量行動を展開し、大手養殖企業を重点に、獣用抗菌薬の減量モデル建設を進める。獣薬の2次元コードの遡る管理を実施し、獣薬製品の仕事が順調に実施することを確保する。グリーンの防備技術を広く普及させ、主要農作物の病虫害防止保護のカバー率は2%程度上昇することを確保する。(市農委員会、市海洋漁業局は職責分業で責任を負う)。

 

 (六)農産物の管理を強化する。生豚の屠殺資格の整理作業の常態化を推進し、条件に合わない生豚の屠殺場点を停止させる。農薬残留、獣薬残留、「痩肉精」、許可なしの屠殺、水製品「三魚二薬」、生鮮乳違反物質などの農産物の質安全管理を積極的に展開し、産地の水産品品質安全監督の抜き取り調査を強化し、農産物の品質安全なブラックリスト制度を確立する。(市農委員会、市海洋漁業局、市環境保護局は職責分業によって責任を負う)

 

 三、リスクの厳格な制御を堅持し、主体責任を重視する

 

 (七)農産物を厳選し、関門に入る。食用農産物の産地の準出出と市場の正確な管理の有効な接続を推進して、食糧収蔵企業に入庫品質の取付を強化するよう促す。食糧の生産、貯蔵と流通能力の整備を全面的に強化し、食糧生産能力を安定と向上させ、耕地の土壌汚染監視と指導管理を強化し、食糧汚染を防止し、食糧の品質の安全保障体系を健全にする。農産物、標準的な食糧の買収、貯蔵、販売、処理は国家の関連規定によって実行されます。市農委員会、市海洋漁業局、市商務局、市食品薬品監督部門は職責分業によって責任を負う

 

 (八)生産経営者の主体責任を厳格に実行する。食品安全の自査制度を確立し、食品安全調査を全面的に展開し、食品安全事故の潜在的なリスクを持つ食品の生産経営活動を停止させる。上の要求に従って、乳幼児の乳粉の品質安全を遡るシステムの建設を推進する。重点食品生産企業体系検査を積極的に展開し、食品加工企業のリスク制御要求を実行し、リスクポイント及び制御措置、責任者を明確にし、生産過程のデータの完全、真実、遡ることができる、さらに高いリスクの食品生産経営機関の主体責任の実行率を向上させる。食品経営者が仕入れ品質調査と索証索票制度を履行し、インターネット飲食サービスプラットフォーム及びネット上の飲食サービス提供者の食品安全責任を実行し、インターネットでの予約規範管理を強化し、「台所の生中継」を奨励し、「ライン」の食品と「オフライン」の徐彬が同じ質で同じ標準であるようにさせる。食用農産物、食品供給チェーンの安全遡及体系の建設を速め、省級の肉料理の流通を遡るシステムのテスト都市プロジェクトの建設を完成させる。(市食品薬品監督、市商務局、市農委、市経信委員が職責分業によって責任を負う)

 

 (九)検診監視作業を強化する。食品安全リスクの監視方案を制定し、リスクモニタリングの品質制御を強化し、食品が源となる疾病を遡る体系の建設を推進する。農産物の品質安全リスクの監視とリスクの評価を展開する。食糧の品質安全の監視を強化し、法に基づいて品質情報を発表し、適切に標準的な食糧買収の処置を行う。食品接触材料、輸出入食品の安全リスクの監視の力を強化し、輸出入食品の安全リスクの危険予報と高速反応メカニズムを完備し、迅速に危険予知の情報を通告・発表する。食用農産物や保健食品などの重点的な種類、大型卸売市場、キャンパス、とその周辺などの重点領域、農産物、微生物、食品添加剤などの重点指標の抽出検査の力を強化し、重点的な食品の品種累計検査のカバー率は50 %に達する。食品安全評価性検査を積極的に推進し、不合格製品とその企業を処理する。食品現場の迅速な検査と日常管理を強化する。(市衛生計生委員、市農委員、市海洋漁業局、市食品薬品監督局、市質監局、市商務局、大連税関は職責分業によって責任を負う)

 

 (十)重点品種のリスク制御を強化する。密売した偽酒など、公衆生命安全に危害を及ぼす違法な違反行為に厳しく打撃を与え、不正な追加、濫用などの突出問題の解決に力を入れる。水産物、乳幼児補助食品などの重点食品規制を強化し、重点食品生産企業に対して特別な検査を展開する。食品と保健食品の生産、経営、輸入期間の主体的責任を強化し、食品、保健食品詐欺と虚偽の宣伝へ管理を展開し、広告、宣伝、普及行為を規範化し、業界の「潜規則」を取り除く。(文広局等の部門は職責分業によって責任を負う)

 

 (十一)農村とキャンパスの食品安全保障を強化する。都市部と農村部結合部と農村地区の食品安全保障を深く展開し、日常の監督検査の力を強化し、偽善、期限切れの食品などの問題を解決し、食品安全協商係の訓練管理を強化し、協力の役割を発揮し、農村食品の安全な共同管理構造を構築する。学校とその周辺の食品安全を食品安全年度考査計画に組み入れ、キャンパスとその周辺の食品安全特項検査と連合監督を展開し、専門学校の食堂と給食機関の食品安全リスクを厳しく管理し、食品安全管理を強化する。キャンパス食品安全管理制度を健全にし、校長責任制を実行し、学校の食品安全主体責任を実行し、積極的に学生の栄養改善を展開する。(各地区の市政府、各先導区管理委員会、市食品薬品監督、市農業委員会、市海洋漁業局、市教育局、市総治事務、市公安局、市行政執行法局などの部門は職責分業によって責任を負う)

 

 (十二)信用システムの建設を強化する。わが市の「野菜バスケット」製品の主産県、国家現代農業モデル区、農産物品質安全県の農産物の生産経営主体の信用ファイルを建設する。積極的に食品工業企業を導き、誠実な管理理念を実践し、誠実な管理体系を実施し、食品生産経営関連法人と非法人組織、個人の食品安全信用状況を社会誠実体系の範囲に組み入れることを推進する。信用を失う食品の生産者に対して、金融、土地、許可などの各分野における連合懲戒力を強化する。(市農業委員会、市海洋漁業局、市発展改革委員、市経信委員、市食品薬品監督、大連税関などが職責分業によって責任を負う)

 

 四、食品安全違法犯罪を厳しく罰する

 

 (十三)行刑の接続メカニズムを完全させる。市食品医薬規制局などの5部門の『遼寧省食品薬品行政執行法と刑事司法接続作業方法の実施細則についての通知』(大食薬監稽発〔2017〕209号)に関する要求を実施し、農産物の品質安全行政執行法と刑事司法接続の仕事を推進する。食品安全と食用農産物の品質安全の日常監視と法律執行情報の共有を積極的に推進し、犯罪事件の疑いのある事件を証拠にし、重大な案件は強度で処理することを強化し、典型的な事件の通報を強化する。(市食品薬品監督、市公安局、市農委員会、市海洋漁業局、市農裁、市検見院は職責分業によって責任を負う)

 

 (十四)食品安全違法犯罪に厳しい打撃を与える。さらに専門化、インテリジェント化の偵察能力の建設を強化し、積極的に発見し、食品の安全な犯罪に打撃を与える効果を高める。食品の打診の“利剣”行動を突っ込んで推し進め、監督検査を強化する。問題が多発し、大衆が強烈な反応のある分野に対し、特別なプロジェクトを展開し、特別な打撃行動を行い、違法行為の関係規定を実行し、処罰を与える。食品密輸に対する打撃を強化し、食品商標の侵害などの違法行為を厳しく調べ、食品市場の公平な競争秩序を維持する。(市公安局、市食品薬品監督、市農委員、市海洋漁業局、大連税関、市商工局、市裁、市検事は職責分業によって責任を負う)

 

 五、食品産業の高品質発展を促進する

 

 (十五)農業の標準化戦略を徹底的に実施する。積極的に「農業品質年」活動を展開し、ブランドの昇格行動を実施し、農産物ブランドの建設を強化し、ブランド建設と食糧生産機能区、重要農産物の生産保護区、特色農製品の優位な地区の建設の組み合わせることを堅持し、公害のない農産物、グリーン食品、有機食品と農産物の地理の標識を加速する。標識(三品一標)認証、地理標識の農産物を保護し、一村一品を発展させる。生豚の屠殺標準化建設、漁業健康養殖模範県、水産健康養殖模範場を積極的に推進する。良質な食糧プロジェクトを実施する。(市農委員会、市海洋漁業局、市質監局、大連税関、市財政局は職責分業によって責任を負う)

 

 (十六)食品関連業界の発展を推進する。食品、食用農産物の工業構造の調整と転換型進級を推進し、食品加工企業を主産区、優良品質地区と産業園集中区に集中し、信用、品質が良く、発展の見通しがよい重点企業を支え、食品工業の品種、品質、ブランドを高めることを促進する。大手食品メーカーで、危害分析と重要制御点(HACCP)、良好な生産規範(GMP)管理体系を全面的に推進し、認証を獲得することを奨励する。各地域は、料理の廃棄物の分類利用と集中処理場所の建設を推進し、資源のリサイクル効率を着実に向上させる。(各地区の市政府、各先導区管理委員会、市発展改革委員、市経信委員会、市商務局、市農業委員会、市海洋漁業局、市食品薬品監督、市城建局は職責分業によって責任を負う)

 

 (十七)冷鎖物流の健康発展を推進する。市場主体が食品、食用農産物の冷鎖物流のインフラ建設を強化し、積極的に食用農産物の冷鎖流通の標準化を推進し、車の積み込み、輸送、荷揚げ、貯蔵などの段階を順調実施を促進する。(市発展改革委員、市港口岸局、市商務局、市農業委員会、市海洋漁業局、市質監局、市食品薬品監督局などの部門は職責分業によって責任を負う)

 

 (十八)輸出入食品の安全レベルを向上させる。輸入食品の安全安心プロジェクトを実施し、輸出食品の質競争力を向上させるプロジェクト、輸出食品企業の同じ生産ライン、同じ品質、同じ標準プロジェクトを実施する。輸出食品農産物の品質向上モデル区の建設を推進する。輸出食品と同線同標同質の模範企業を育成し、「三同」プロジェクトの実施範囲を拡大する。(関係責任機関:大連税関)

 

 (十九)積極的に食品安全モデル業界の模範企業が試験点を建設することを展開する。農村食品の統一配送を推進し、食用農産物の卸売市場の規範管理を強化する。「安心肉料理モデルスーパー」と、飲食品質安全モデル街(区)、模範店を推進する。スーパーを基地の仕入れを超拡大して、農業、供給者の供給、受注農業を奨励する。飲食業の品質安全向上プロジェクトを実施し、全面的に「料理サービスの品質安全のレベルを向上させる。(市の食品薬品監督管理局、市商務局は職責分業によって責任を負う)

 

 六、食品安全共治共有構造を構築する

 

 (二十)食品安全宣伝、法律の普及と教育を強化する。食品安全宣伝週間活動を展開し、食品安全の法律普及宣伝を進める。食品安全を科学的に実施し、さらにわが市の食薬科学の宣伝ステーション建設を強化し、次第に数量を拡大させ、品質を高め、適切にヒットとなる問題と事件を処理し、良好な世論環境をつくり、食品安全のデマを総合的に管理する。「科学使用獣用抗生物質」100千万リレー活動を展開する。食品安全教育を強化し、小中学校の教室教育活動における食品安全の核心についての知識教育の内容を増やし、様々な形で食品安全教育を展開する。(各地区の市政府、各先導区管理委員会、市政府の食安委員会の関係機関は職責分業によって責任を負う)

 

 (二十一)社会共同管理水準を向上させる。社会監督のルートを通じて、徐々にネットワーククレームの告発プラットフォームを開設し、市・県のクレームシステムを建設し、クレームの処理結果の審査率を高め、クレーム制度を整備する。各級の監督管理部門は、食品の安全管理情報を社会に公開し、公衆の知る権利、参加権と監督権を保障する。第三者専門機関が食品の安全に対する評価を奨励する。業界協会を奨励し、約束、自律的な規範と職業道徳の基準を制定し、健全な業種規範と賞罰メカニズムを確立することを奨励し、企業の信頼を促すことでより大きな役割を果たす。経営責任者、監督、登録、届出人、ボランティアの育成を展開する。(市食品薬品監督、市農委員、市海洋漁業局、市商務局などの部門は職責分業で責任を負う)

 

 七、食品安全規制保障システムを整備する

 

 (二十二)法規建設を推進する。『食品安全法』『農産物品質安全法』『農薬管理条例』『食糧流通管理条例』『遼寧省食品安全条例』『遼寧省農業製品品質安全条例』などを徹底的に徹底的に実行し、食品生産の飛行検査、体系検査、食品安全詐欺行為の調査などを充実させる。関連規定によって、市の食品関連製品の安全監督管理措置を打ち出す。(市農委員会、市海洋漁業局、市食品薬品監督局、市質監局、市商務局は職責分業によって責任を負う)

 

 (二十三)食品安全基準体系を規範化する。さらに食品安全企業の標準備案作業を規範化し、食品安全国家と地方標準の追跡評価を展開し、生産経営者に特定のグループとその食事加工基準を厳格に執行するよう生産経営者に厳しく執行するよう促す。生産経営者には、農薬の残留、畜生屠殺、飼料衛生安全、畜鳥の糞汚資源化の利用など、国家標準と業界基準を厳しく執行するよう促す。補完検査方法の研究を展開し、偽物、不法に追加するなどの検査方法を強化する。(市衛生計生委員、市食品薬品監督、市農委員、市海洋漁業局、市質監局などの部門は職責分業で責任を負う)

 

 (二十四)規制能力建設を強化する。各級の食品安全監視職場を合理的に設置し、権力を確保し、基層監督の力を充実させ、総合的な執行を促す地域は確実に食品安全規制を重要な役割とする。既存資源と頼りに、職業化検査員の建設を加速させ、検査員の資格標準、検査職責、訓練管理、業績考査などの要求を明らかにする。基層食品、農産物の品質安全検査と規制執行能力の建設を強化し、食糧品質安全検査監視システムの建設を強化し、基層食糧品質安全検査監視能力を強化する。「十三五」の県級食品安全検査測定資源統合プロジェクトの建設を積極的に推進し、市・県の食品安全検査機能のある機関に対し、建設基準及び能力要求の達成を目指せる。全市の食品生産企業監督の電子化管理の検査を推進する。農産物の品質安全検査体系を強化し、専門技術人材チームの建設を検出する。農産物の品質安全検出技術能力検証作業を続ける。国家の農産物品質安全を応用し、プラットフォームを遡ることを積極的に広める。(市食品薬品監督、市農委員、市海洋漁業局などの部門は職責分業で責任を負う)

 

 (二十五)科学技術のサポートを強化する。検査機構の監督管理を強化し、食品検査検出能力検証作業を引き続き推進する。食品安全管理科学と食品安全保障技術の開発を強化し、市級食品安全科学技術革新プラットフォームの建設を奨励し、科学技術の成果の転換を強化する。(市の科学技術局、市食品薬品監督などの部門は職責分業によって責任を負う)

 

 (二十六)食品安全責任保険の常態化作業メカニズムを確立する。政府、保険期間、企業、消費者が参加し、互恵、ウインウインの激励メカニズムとリスク防止メカニズムを確立し、食品安全責任保険の宣伝と実施を強化し、食品安全責任保険のカバー率をさらに拡大する。(市食品薬品監督、大連保監局は職責分業によって責任を負う)

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved