ホームページ > 経済産業 > 港と漁業 > 旅順口区漁業から加工業へモデルチェン...
旅順口区漁業から加工業へモデルチェンジするため漁船解体開始

   2015-2017年度、旅順口区が漁業から加工業へモデルチェンジするために解体した海洋漁船が597艘、全仕事率14522.6キロワット、もっとも多い数量となる県市区であり、全市35.3%を占める。

 

 事前部署と標準化操作により、現場検収合格した船は58艘(576.4キロワット)である。旅順口区モデルチェンジチームの許可と所属者の確認を得た後、手続きを行った。入札で決められた大連成炜船解体有限公司と大連旅順昌発修理工場により解体工事を行う。解体による発生する廃油・廃水・混合物・泥・木綿などの有害物質は入札で決められた大連東泰廃棄物処理有限公司により無害化処理を実施する。

Copyright 2015 DaLian China.All Rights Reserved.