ホームページ > 経済産業 > 港と漁業 > 旅順口区、海洋魚「マーク」放流活動を...
旅順口区、海洋魚「マーク」放流活動を展開

    近年、旅順口区は絶えずに増殖放流を強化し、特に増殖放流の効果についての研究を重視し、増殖放流の科学化、制度化、標準化をより一層高め、この活動は民生に恩恵を及び、海洋環境を改善することを確保する。

 

    近日、蛍光マークを注射されたヒメラ1万匹、カラシン3万匹は旅順口区鉄山街道陳家村近くの人工魚礁公益海域に放流された。旅順口区は大連市最初の、人工マークの方式により増殖放流の効果に対し再捕獲率調査実験を行う地域になり、今回の実験は海洋牧場の建設と増殖放流の仕事効果に科学データを提供する。

 

    ヒメラは大連地区でよくみられる魚種で、旅順口区の主要な放流する品種の一つである。ヒメラは回遊する範囲が小さくて、礁区での放流に適合する。今回のマーク放流は8センチから12センチまでの稚魚を選び、人工的にヒラメの「目がない面」に蛍光剤を皮下注射し、肉眼や蛍光燈で明らかに見える蛍光マークを形成させる。カラシンは成熟し再捕獲され、切られたひれと事前に残った親魚によりDNA遺伝育種対比を行い、放流効果についての研究を展開する。来年の7、8月に再捕獲率調査を行う予定である。

 

    今回のヒメラマーク放流実験とカラシン稚魚の繁殖と放流は、増殖放流品種の増加に役立ち、効果評価の正確性を高め、次の増殖放流に科学的根拠と稚魚品種資源を提供する。

Copyright 2015 DaLian China.All Rights Reserved.