DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
大連市の海洋生物の増殖放流は実り多い...
大連市の海洋生物の増殖放流は実り多い生態と経済効果をあげた
2017-06-01

    5月30日に市の海洋と漁業局によると、2017年、全市は5000万元資本を投入して、黄海、渤海の二つの沿岸海域で中国のクルマエビ、日本のクルマエビ、ワタリガニ、ヒラメの総計31.28億匹を投入した。調査によって、ここ数年以来大連市の増殖放流は明らかな効果をあげた。


 大連市は2009年から中国クルマエビ、日本クルマエビ、ガザミが中心とするの漁業資源増殖放流の活動を連続展開して、明らかな効果をあげた。大連市場で数年ぶりの大きいクルマエビ、ガザミは現れて、生産と販売のポイントには明らかに増えている。増殖放流に参加した漁船は増殖放流した後のとる生産に毎年平均単船の生産額が数万元増加した。

 

 『2016年に大連市近海の増殖放流した後のとるの生産統計のまとめの報告』は指摘して、2016年に大連市近海の増殖放流は合計で3484.77万元の苗種費を投入して、増殖放流の生産量は4313.03トンで、生産総額は46416.96万元で、総投入・生産の比率は1:14.13で、良好な経済効果をあげた。「十二五」期間で、大連市の増殖放流作業は持続的に飛躍的発展を実現して、累計で放流した種苗は144億匹で、投入した種苗資金は2.24億元でも水製品の生産量は1.9万トン増加して、漁民の収入は16.2億元に近く増加して、直接な投入・生産の比率は1:7以上に達した。増殖放流は大連でとても良い効果をあげたので、すでに海洋漁業部門の近岸の生態環境を修復して、漁民の収益を増加して、、市民と海鮮市場の需要を満足するの重要な措置になった。

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved