DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
大連市 海洋生物の増殖放流で豊かな生...
大連市 海洋生物の増殖放流で豊かな生態及び経済的効果と利益を
2017-05-31

    市海洋と漁業局によると、2017年、全市は5000万元を投資して、黄海・渤海の沿岸海域に中国クルマエビ、日本クルマエビ、ワタリガニやヒラメ計31.28億匹を投げ入れる予定である。尚、調査・研究によると、近年、当市は増殖放流におけて明らかな効果を取得している。

 

    金普新区の七頂上街道拉樹山村海域は金州新区増殖放流海域より非常に近く、増殖放流の直接受益者の一つである。30数年漁獲をしている拉樹山村の汪集宏氏は記者に下記のごとく知らせた:「エビやカニの漁獲量は多くて、特にクルマエビが特別に豊かで、これは数年前には全然見えなくて、二年前に1隻12馬力の小さな漁船では一潮では一二キロしか捕れなくて、この数年は二三キロ以上も捕れるようになり、増殖放流を感謝しなければならない。」

 

    わが国では近海漁業資源を捕りすぎる現象が普遍的で、当市の黄海・渤海における一部伝統的な経済魚類が漁期になれなくなった。上世纪の80年代から、中国クルマエビ資源の衰退状況は日に日に深刻で、2004年まで、渤海における中国クルマエビが基本的に絶滅した。当市は2009年から、連続的に中国クルマエビ、日本クルマエビ、ガザミを主とする漁業資源の増殖放流活動を行い、明らかな効果を上げた。増殖放流に参加する漁船は、増殖放流逆漁獲生産で、年間漁船毎の生産高が数万元増加している。

 

    『2016年大連市近海増殖放流逆漁労生産統計報告』によると、2016年大連市は近海増殖放流に種苗費計3484.77万元を投入し、増殖放流総生産量が4313.03トンに達し、総生産が46416.96万元で、総投入産出比が1:14.13で、良好な経済的効果を上げた。『十二五』期間中、当市は増殖放流作業で継続的に飛躍的な発展を実現し、累計で種苗144億匹を放流し、種苗資金は2.24億元達し、水産物の生産量が1.9万トンで、漁労漁民の収入が16.2億元近く増加し、直接投入産出比が1:7以上達している。大連は増殖放流で非常に良い効果を上げたことで、すでに海洋漁業部門が沿岸生態環境を修復し、漁民の所得を増加させ、市民の海鮮市場に対する需要を満たす重要な措置になっている。

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved