DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
大連港:2016年貨物取扱量3.55億トン
大連港:2016年貨物取扱量3.55億トン
2017-01-16

  2016年は大連港が転換して発展する重要な時期で、国内外のマクロ経済情勢は依然として厳しいし、奥地経済の成長率が引き続き低迷する不利な局面に対し、港とし品質向上と効率増加され、転換してグレードアップする新たな成果が上げた。昨年通年、大連港が貨物取扱量3.55億トンを完成し、前年同時期に比べて5.5%増加した。石油化学品、自動車、鉱石など主要品種が大幅に増え、海外投資、クルーズ産業、クロスボーダー電子商取引及びデータ情報サービスがめざましい発展をあげた。

  2016年、大連港はコンテナ944.1万TEUを完成、前年同時期より1.5%増加した。海運鉄道運送事業が逆張り14.6%成長し、通過列車業務が109.2%増加した。「三星」カルーガ路線列車が週常態化運行を実現し、全国で初めてモスクワ冷蔵通過列車の運行開始に成功し、大いに国際物流大チャネルの建設プロセスを推進した。

  現在、大連港の燃料油保税貯蔵容量が6.5万立方メートル達し、原油中継量が連続10ヶ月間で全国沿海港のトップを保持した。

  昨年通年、自動車埠頭は合計商品車57万台を運送し、同時期に比べて18.72%増加し、5年間連続で遼寧沿海港の商品車水運市場シェア100%を占めた。

  2016年、バルク貨物埠頭会社が優位性を発揮して、「航路定期化」経営構想を巡り、鋼材の外国貿易の転送量を高めた;鉄道水路連合運送の特長を向上して振興させた;「精選食糧」、「ゼロ破損」のサービスブランドを構築した;混鉱サービス新モードを推進し、区域混鉱基地を構築した。

  昨年11月、大連港散荷積穀類埠頭が国内初の輸入食糧模範港と承認されて、オンライン実験室と「インターネット+全行管理監督」を通じて、貨物の平均通関時間が10日間短縮され、スピードが50%以上高まった。

  2016年は大連港クルーズの業務が大いに発展する一年で、7月20日、大型国際豪華客船「海洋神話」号が初就航に成功し、大連港が大型国際豪華客船の始発港行列に入った。昨年大連港が「海洋神話」、「バラード」、「中華泰山」などの国際クルーズ27発の航海を完成させ、東北クルーズ市場の発展を力強く推進し、大連市が中国北方で最も影響力のある客船母港になるため基礎を打ち立てた。

 

 

 

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved