ホームページ > 経済産業 > 建築業/不動産 > 旅順口区の重点プロジェクト「中鉄・春...
旅順口区の重点プロジェクト「中鉄・春風10里」旅行別荘区が順調に推進られる

    先日、旅順口区の重点プロジェクト――中鉄琥珀灣リゾート地の工事現場で、江南の風情がある別荘群が海岸に位置し、小さくて精巧である院落、青竹の大通り、多くのの亭と楼閣、白い壁と黒い瓦である、その間にいて江南水郷に入りのようで、これは建設している「中鉄・春風10里」旅行休暇別荘区プロジェクトである。

 

    中鉄諾徳琥珀灣文化観光生態居住区と不動産プロジェクトは大連梓金発展有限会社に投資し建設られ、77万平方メートルの敷地面積で、建築面積が80数万平方メートルである。売り出すことができる不動産の面積が59万平方メートルである。主にビジネス会館、ハイエンドのマンション、ビジネスサービスセンター、遊覧船の埠頭、海洋ビジネス文化広場と浜海主題観光レジャー・センターと各類の組み合わせる工事の施設を建設して、総投資は70億元に達した。この重点プロジェクトが建設られ以来、旅順口区と鉄山大通りの各相関部門の支持を得た。それぞれの部門はプロジェクトに対するフォローアップサービスを強化し、企業を助けて工事で海を利用し、工事現場を平らにして、環境保護などの各種の手続きを処理し、プロジェクトが絶えず進めらせている。

 

    このプロジェクトは2008年に工事を始めるから、投資の15億元を完成し、5つの高層を建設し、274セットの別荘が竣工られた。今年、また2.2億元が投資られ、2万数平方メートルの江南の風情がある「中鉄―春風10里」別荘区を作り上げて、観光・休暇、生態の居住と海の景色を観賞する良い行く先になった。現在、1600余り平方メートルのモデルルームは飾って新しくなって、間もなく市場に出回られ、旅順の文化観光産業の発展に輝きを増加する。

Copyright 2015 DaLian China.All Rights Reserved.