ホームページ > 経済産業 > 建築業/不動産 > 大連市、2016年土地企業誘致説明会を開催
大連市、2016年土地企業誘致説明会を開催

     昨日、市土地儲備センターは2016年第二回経営用建設用地の企業誘致説明会を開き、14の関連政府部門と64社の不動産開発企業が当会議これに参加した。 今回の説明会は主に今年公開しようとする11件の土地譲渡プロジェクトについて説明したする。そのうち中には、中山区に6つ、甘井子区に5つで、大連の成熟した地域と一部の潜在価値のがある地域を含んだ。

 

    今回推薦された中山区の6箇所の土地は凄く不動産企業の関心を呼んだ。整った配置、希有な地域という優位点が際立っていて、特に、浜海道路、中南道路に位置する土地は、住宅環境が最高である。見当によれば、6箇所の土地は、楼面価格(この価格は参考の見積もり価格で、最終価格は入札、競売、あるいは公開の文書に記する価格に準する)は、最高は1平方メートル当たり約8400元、最低は1平方メートル当たり約6100元である。具体的なプロジェクトは以下の通りであるものがある。大連油脂化学工場団地改造プロジェクト、中南路山嶺巷団地改造プロジェクト、上海路、建華街、遼芸工芸品ビル、同興街囲合団地改造プロジェクト、浜海路中国船舶重工グループ第760研究所一筆地A団地プロジェクト、浜海路中国船舶重工グループ第760研究所一筆地B、C団地プロジェクト、華聯ホテル団地改造プロジェクトである。

 

     甘井子区の5箇所の土地は体育センター区域だけでなく、空港飛行場区域、大連湾区域などもあるので、潜在的なビジネス価値が高い。見当によれば、6箇所の土地には、楼面価格は、最高は1平方メートル当たり約4600元、最低は1平方メートル当たり約2200元である。具代的には、辛寨子通り新水泥路南側一筆地改造プロジェクト、大連華和製衣株式会社の移転団地改造プロジェクト、華東路26号団地改造プロジェクト、大連湾通りの前関鉱坑団地A1-1、A1-2、A3区プロジェクト、体育センター配置第四期A区一筆地プロジェクトがある。

 

     聞くところによると、今年わが市はこのような説明会を二回開催する見込みである。

Copyright 2015 DaLian China.All Rights Reserved.