ホームページ > 経済産業 > 建築業/不動産 > 荘河市地質災害防止対策会議が開催
荘河市地質災害防止対策会議が開催

 

    6月25日午後、荘河市2015年地質災害防止対策会議が市政府の会議室で開かれ、荘河市副市長于德才が会議に出席し、発言をした。

 

 会議では荘河市2015年度地質災害防止対策案が読み上げられた。2014年、全市の平均降水量は422.9ミリで、6~9月の平均降水量は305ミリで、死傷者及び厳重な地質災害はなかった。今年の6月、7月、8月は荘河市地質災害防止対策における重点時間帯で、国土部門の調査結果によると、今年荘河市で発生しうる地質災害として、おもに崩れ、がけ崩れや土石流があげられるという。

 

  于德才は会議において、思想を統一にし、認識を高め、仕事に対する責任感と使命感を確実に高め、地質災害防止の重要性、複雑性及び厳しさを十分に認識しなければならず、住民のために責任を持って諸措置を全面的に実行し、地質災害防止対策を徹底すると同時に、重点を突き止め、みんなで検査・防止をし、常に危機感を持ち、直ちに段取りし、綿密に手配し、責任防御線、安全防御線、紀律防御線を固め、組織の指導者が常に現場にいることを保障し、仕事を具体化し、問責を徹底することにより、地質災害の防止を確実にやり遂げるよう強調した。

 

     会議では、荘河市政府は関連部門の代表と地質災害防止対策責任状を結んだ。

 

Copyright 2015 DaLian China.All Rights Reserved.