ホームページ > 経済産業 > 建築業/不動産 > 長海県は環境安全リスクを防止するため...
長海県は環境安全リスクを防止するための突発環境事故の応急訓練を展開

 

    突発的な環境事故の防止を一層推進し、環境安全リスクを防止するために、2015年6月17日午前、県環境保護局と県応急弁、県安全生産監督管理局、県市場監督局、県公安局及び小長山郷政府等の多部門は大連環島食品集団有限公司(小長山郷回龍村)で「長海県2015年生産安全事故応急訓練」や「長海県2015年危険化学製品の総合性突発環境汚染事件総合性応急訓練。」が行われた。今回の訓練は液アンモニア漏れ事故に対する緊急救助訓練である。県環境保護局局長劉禄訓局長が団長として、弁公室もサポートしていて、県環境監測所5人、県環境監察大隊2人、合計9人は今回の総合緊急訓練に参加した。訓練過程の中で、県環境監察大隊は主に大連環島食品集団有限公司アンモニア圧建屋の周辺環境を探査し、公安等の関連部門と提携し、隔離区を設定し、隔離区域内の非関係者の緊急移転を実施する。有効な措置を講じて汚染範囲拡大を防止すると共に、現場の写真を撮って検証等を展開する。環境監視所のスタッフが携帯式ガス快速検知器PDM-6208にて付近の空気汚染の状態を監視し、且つ携帯式多機能の水質検知器WAS—Eで現場の汚染状況を検査している。最後に密接に現場の環境安全を監視して、事故の環境損害の評価を展開して、今回の事故が空気環境品質と周辺の水質や土壌への影響が周辺の住民の生活に影響がないことを確保する。

 

   今回の液アンモニア漏れ事故の緊急救助訓練を通じて、環境保護チームが突発環境汚染事件に対する応急対応能力を高めた。今後、我々は引続き環境安全の検査と各突発環境汚染事故の応急処理能力の向上を強化している。

Copyright 2015 DaLian China.All Rights Reserved.