ホームページ > 経済産業 > 経済情報 > 大連自由貿易片区の金融創新仕事の方案...
大連自由貿易片区の金融創新仕事の方案が確定される

   十九大が中国 の発展に新たな歴史的方位を標識し、中国特色ある社会主義が新しい時代に入る。十九大精神を踏み込んで学んで宣伝し貫徹する濃厚な雰囲気で順調に行われる区の「両会」と金普新区党工作委員会(拡大)及び金州区委員会7期4回全体会議は、「国際化の近代化浜海都市を加速し建設する」の新区が今後1つの時期の奮闘目標を明確にする。やりがいがある発展の黄金期と戦略チャンス期がすでに到来し、新しい出発点に立って、「新しい時代に新しい気風が必要ですが、更に新しい行為が必要である」は要求だけではなく、全区で上から下まで実際行動で実践することがもっと必要である。このため、今日から、本新聞は「新しい時代 新しい気風 新しい行為」のコラムを開設し、あなたと一緒に新しい時代の「新区脈動」を感受する。

 

   記者が市自由貿易弁公室から知って、大連自由貿易片区の金融創新仕事の方案は先日に確定された。方案が大連自由貿易片区の金融創新仕事の総体原則、主要な目標、主要な任務、具体的な措置と保障措施を明確にして、主要な目標は「小窯灣金融城」をつくることである。

 

   方案では、「大連自由貿易片区の金融創新仕事の総体原則は金融が実体経済をサービスし、特色がある発展を堅持し、金融のリスクに用心するのを堅持することである。主要な目標は『小窯灣金融城』をつくることである。『1つの模範地区、2つのセンター、3つのプラットフォーム、4つのプレート、5つの方向』を確定する。その中、『1つの模範地区』は国家級の金融改革・革新模範地区核心区を設立することを申請するのである。『2つのセンター』は東北アジアオフショア人民元決算センター、東北アジア航運金融センターである。『3つのプラットフォーム』は大連商品取引所の国際プラットフォーム、権益類と大口取引のプラットフォーム、オフショア金融のプラットフォームである。のため;『四大プレート』は産業(航運)の金融プレート、ファイナンスリース(保理、供給チェーンの金融)のプレート、ベンチャーキャピタルと株式投資ファンド(国有企業混合、双創)のプレート、金融科学技術のプレートである。『五大方向』は金融の生産要素市場を発展し、新しい金融を開拓し、金融の造血能力を引き上げ、人民元が国境を越えて使用し、国境を越えて投資・融資の外国為替管理を便利にならせる改革することを進めるのである。」と提出する。

 

Copyright 2015 DaLian China.All Rights Reserved.