DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
国務院の共同防止・制御メカニズム:農...
国務院の共同防止・制御メカニズム:農産物流通は基本的に正常に回復価格は安定の中で下落
2020-04-20

    農業農村部市場・情報化司一級巡視員の陳萍は19日、国務院共同防止・制御メカニズムに関する記者会見で、「最近、疫病の発生状況防止・制御情勢の好転に伴い、中国の農産物流通は基本的に正常に回復し、価格は安定の中で下落する傾向にある。そのうち、全国の豚肉卸売業の週間平均価格は7週連続で下落した」と述べた。

 

   陳萍は、「今年に入ってから、疫病の発生状況の影響を受けて、一部の地域では農産物の生産と販売の連動が段階的に阻害され、価格の変動が比較的大きいが、中国の農業生産能力は安定しており、生産量は十分であるため、市場の動きは基本的に安定している。

 

   農業農村部栽培業管理司の劉莉華副司長は、「経済運営秩序の回復に伴い、野菜バスケット製品の消費需要が回復しており、現在の生産状況から見れば、供給総量は保障されている」と述べた。

 

   劉氏は、「2月以降、各地は野菜の生産を積極的に拡大し、インスタントリーフ野菜の栽培を拡大し、全国の野菜面積は安定的に増加している。 現在、全国の野菜畑面積は6700万余ムーで、2月末に比べて2000万余ムー増え、供給を保障するための面積基盤が築かれている。 このほか、全国の道路輸送が基本的に回復し、野菜の収穫を妨げていたトラックポイントも基本的に廃止され、農産物卸売市場、大型商業スーパー、コンビニエンスストアも基本的に正常な営業に戻り、野菜のスムーズな販売を保障した。

 

   「後期の動向から見ると、食糧の在庫は十分で、ブタの生産能力は持続的に回復し、家禽の生産情勢は好転し、旬の野菜の出荷量は増加し、農産物市場は引き続き全体的な安定を維持する見込みだ」と述べた。 陳は次のように語った。

 

   陳萍は次の段階として、農業農村部は食糧とブタを重点として、農業生産をさらにしっかりと進め、市場監視と早期警戒を強化し、生産と販売のドッキングサービスをしっかりと行い、農産物の供給を確実に保障すると述べた。

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved