ホームページ > 経済産業 > 農業 > 農業委員会:耕作を免れる播種が実行さ...
農業委員会:耕作を免れる播種が実行させる トウモロコシの生長ぶりが農民を喜ばせる

    ここ数年、大連市農機普及所は大連市農機化の工作会議精神を徹底的に実行し、市農業委員会の重点的な仕事要求をめぐて、強力に耕作を免れて播種の新技術を広める。2017年、大連市がトウモロコシの耕作を免れる播種面積が10万ムーを完成し、トウモロコシの耕作を免れる播種面積は年々に拡大し、耕作を免れる播種技術はだんだんに広大な農機農家、穀物大量生産農家と農機協同組合などの農業の経営主体に受けて認可した。

 

    8月上旬、市農機普及所の技術者は瓦房店市の仁峰農機専門サービス合作聯合社に行ってトウモロコシの耕作を免れる播種の生長情況を研究し考察した。現在、聯合社は各種の農機が200余り台セットを装備し、農機が作業しサービスした面積が10万ムー、周辺の12の郷鎮に関連し、現地で最も代表性がある土地を信託管理し、規模で経営する模範である。

 

    考察で、農機普及所の技術者は耕作を免れる播種技術が瓦房店地区での効果を詳しく考察した。伝統の人工播種と比べて、耕作を免れる播種は1回限りで溝を掘って、播種し、土で覆って、土を押すのなど多くの工程を完成し、1回限りで全苗に播種でき、大いに農民の労働強度を下げ、生産効率を高め、作物の栽培密度を増加し、栽培模式を規範し、生産量を増加するために有効な保障を提供し、同時に秋季に作物の機械化の収穫のために基礎を築いた。前年普及した精量播種と比べて、耕作を免れる播種は土壌の耕作回数を減らし、耕層の柔らかい程度を下げて、土壌に対しての騒動が少なくて、土壌の蒸発面を小さくならせ、土壌水分の蒸発を減少させ、水土流失の状況を改善する。

 

    今年春の種まきがちょうど乾燥していて雨が少ない時で、季節性の水不足は私が市の春の種まきに生産に大きい面倒を持ってきった。瓦房店地区の穀物大量生産農家は伝統の人工播種と精量播種のせいでひどく土壌の湿度を失うことを発生し、農家は次から次へと仁峰聯合社の社長于保峰に救助し、于保峰は耕作を免れる播種技術を利用し再播種し、再播種したトウモロコシの苗の成長情況がわりに良くて、発芽率は93%以上まで達した。現在、農家達はトウモロコシの生長ぶりを見ていて、今年収穫が間近に見えると感じて、喜びに目を輝かす。推定するによると、耕作を免れる播種技術を使用すると一ムーあたりに5~12斤の水損害を減らすことができ、傾斜地の地形での効果は更に際立っていて、春の干ばつの損失を最低まで下げることができる。

 

    理解によって、今年私が市瓦房店地区のトウモロコシの耕作を免れる播種面積は8.5万ムーの規模に達し、大連市の耕作を免れる播種の1番広くて最も代表性の地区で、耕作を免れる播種技術は私が市の農業の耕作の現状に適合する。この原因で、市農機普及所は力を入れて、各種の方式方法を利用し、全市で耕作を免れる播種技術を普及させ、私が市の農民に増産させ、収益増加させることに力強い保障を提供する。

Copyright 2015 DaLian China.All Rights Reserved.