ホームページ > 経済産業 > 農業 > 大連市農業委員会は「大連さくらんぼ」...
大連市農業委員会は「大連さくらんぼ」農産物地理的表示登録申請につき専門家審査会および品質鑑定会を開いた

    今年以来、市の農業委員会は農産物ブランドの創立を強化し、大力にブランド戦略を実施し、ブランドの引率効果を発揮させ、農業供給側の構造改革を促進する手段として産業を拡大し、企業を強くさせ、マーケティング等重要な要素を基点に、大連リンゴ、さくらんぼなど国内で高品質、高人気な農産物ブランドを立ち上げていく。

    6月28日、大連市農業委員会は「大連さくらんぼ」農産物地理的表示登録申請につき専門家審査会および品質鑑定会を開いた。大連市農業センターは申請者として、「大連さくらんぼ」の人文歴史、品質特性、産業発展の現状について、北京農林科学院林果分院の張開春副院長、山東省果樹所の劉慶忠研究員、遼寧省果蚕所の宣景紅副所長、大連市農林科学院の潘鳳栄所長、大連市甘井子区農業センターの王景英副主任で構成された専門家グループに詳しく報告を行った。専門家グループは「大連さくらんぼ」果実の大きさ、縫合線側の肉付き、保護膜の強さ、ツヤ感、甘さ、肉の厚さ、汁の豊富さ、口当たりについて評価し、良好な品質と鮮明な特徴であることから、農産物地理的表示登録許可を下すと意見が一致した。

Copyright 2015 DaLian China.All Rights Reserved.