ホームページ > 経済産業 > 農業 > 国家農業部調査研究グループ、旅順口区...
国家農業部調査研究グループ、旅順口区の都市型農業の新しい発展状況を調査研究

 6月27日、国家農業部の市場と経済情報司の研究処処長である劉涵をグループリーダーとする国家農業部調査研究グループの一行は、省と市の農業委員会関係責任者と共に、旅順口区を訪れ、都市型近代的農業の新しい発展状況を調査研究する。

 

 調査研究グループは国家の4A級観光地である水師営街道小南村の七色南山宇宙植物館、胡蝶館を実地調査し、更に小南村の責任者と座談を行い、生態利用においての小南村の豊富な資源条件、田舎観光の促進、民俗観光、第1、2、3産業の融合発展の推進状況、新型農業の経営主体の新しい発展成果を詳しく聞いた。長城街道に位置する大連グリーン食品工作園区の康福達のもやし生産ラインを見学し、先導企業で農民を動かして産業化、標準化生産を実施し、優質製品で市場シェアを占め、農産物の利潤を向上させるなどについての説明を聞いた。調査中、調査研究グループは、旅順口区の有力産業発揮、現代化都市農業の実施状況についての報告も聴取した。

 

 調査研究グループの意見によると、旅順口区は都市の近代的農業の発展において、新しい構想、適切な措置及び明らか特色を実現した。実施から理論総括まで探求を行い、よい結果を納めた同時に模範にもなった。たくさんの経験は創造性と可再現性があり、旅順の特色がある都市の近代的農業の発展モデルを作り上げた。同時に、調査研究グループは以下の内容を提案した:旅順口区は適切に農業の発展方法を転換し、伝統的な要素駆動から徐々に科学技術駆動にモデルチェンジし、都市の近代的農業の内包をより豊富にさせる。新型経営主体の育成を適切に加速し、近代的農業の産業体系の構築を加速する。国家近代的農業模範区の設立をきっかけにし、農村供給側に対する構造改革を重点にし、各類産業の融合発展を更に進め、農村経済発展に適する新しい業態を作る。

Copyright 2015 DaLian China.All Rights Reserved.